カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

伝統的なインド料理と京野菜とのコラボ。「横浜スパイシークラブ」(市が尾)

横浜に『伝統的なインド料理と京野菜とのコラボ』がテーマのお店があると知り、やって来たのは緑区市が尾。


「横浜スパイシークラブ」

京都上賀茂の京野菜専門商「岩市」から提供された京野菜で作る、「ニューウェーブ・インディアンクジィーヌ」のお店です。

オーナーは日本人、スタッフはネパール人が中心のよう。



店内の黒板には「本日の使用京野菜」がズラリ記入されており、見るだけでワクワクします。

が、食事メニューを見ればベーシックなインド料理名も並んでいるため、どれを頼めば京野菜の良さを楽しめるのか、じっくり見極めねば勿体無い気もしますね。


★マクダウェル ラムコーク ¥600

インドのラムで作ったラムコーク。
割に濃いめですが、氷が多いので、トントンでしょうか。


★京野菜のパコラ ¥500

賀茂ナス、満願寺唐辛子、伏見唐辛子、京かんしょ(さつまいも)・・・京野菜のインド式天ぷらです。
そのバリエーションが多彩で面白いですね。

惜しむらくは、野菜のスライスが薄く、食感の違いがあまりわからなかったこと、です。


★グラスワイン ¥450

量がたっぷり、かなりのお得感。


★サグマトン(大辛) ¥1200
★十五穀米 ¥370


京都のほうれん草を用いたサグマトン。
パプリカのように見えるのは、赤満願寺とうがらし。
甘いと思ったら辛さが来たりと、アイデンティティの揺れが面白いです。

羊肉も柔らかく、カレー自体も程よい辛さで、塩気、ニンニク&ショウガの加減もハッキリしており、日本人の好みによく合った仕上がりだと感じました。

この日は平日19時頃の訪問。
地元の勤め人と思しきグループや家族連れが利用しており、地域にしっかり密着している様子。

単なるインド料理ではなく、京野菜というアイデンティティがうまく機能しているようですね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

横浜スパイシークラブ

夜総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:インド料理 | 市が尾駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2875-728be785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad