カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

日本初、インドネシアのラーメン、ミー・バッソの専門店が誕生!「MIE BAKSO」(六本木)

日本初、インドネシアの肉団子ラーメン「ミー・バッソ」の専門店が2015年8月、六本木に誕生!

その名も・・・

「MIE BAKSO」(ミー・バッソ)

ド直球な店名です。

実はここ、新宿の割烹「あぐら屋」の主人が、インドネシアで惚れ込んだミー・バッソを日本に紹介するため開いた店なのだとか。


店内はファストフード店っぽい雰囲気。
オーダーは学食方式です。

まずトレイを取り・・・

基本トッピングを好きなだけ取り・・・


BAKSO(団子)を2種類選び・・・


有料トッピングを選び・・・

あとは麺の量やドリンクオーダーを指定して、お会計。
席に着き、麺が茹で上がるのを待つという流れです。

ちなみに出てくるお茶はロセラティー(ハイビスカスのガクのお茶)。
飲み放題ですよ。


★ミー・バッソ(エビ団子+牛団子) ¥950
★カレー春巻 +¥100


ちょ、ちょーシンプルなビジュアル・・・
これは、さっき取ったトッピング具材を乗せなきゃね。



うん、サマになった。ホッとした。

まずはスープをいただいてみます。
ほ、ほう、東南アジア料理とは思えないシンプルさ。
鶏ガラベースのスッキリスープですね。

麺は中華麺。
完全にラーメンといえましょう。

団子(BAKSO)はエビと牛をセレクト。
つなぎタップリの食感は子供でもわかりやすいほどのプリプリ感。

有料トッピングのカレー春巻は思った以上にカレーっぽかったな。


卓上にはサンバル、青唐辛子その他調味料があれこれ。
徐々に味変させながらいただきましょう。

この日、麺の量は「普通」でお願いしたのですが、食事としてはちょっと頼りない量。
具材もシンプルですしね。

成人男性なら大盛りやダブル盛り(無料)でお願いするのが良いと思いますよ。


★ビンタンビール ¥650

夜のラーメン屋らしく、瓶ビールをば。
けれどもちろんオーダーは、インドネシアのビールですよ。

お会計しめて1700円、そんなに安いわけじゃあない。
やっぱり麺の量を増やすべきでしたね。

いずれにせよ、日本では珍しいミー・バッソ。
一度は体験してみるといいですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

MIE BAKSO

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:インドネシア料理 | 六本木駅乃木坂駅六本木一丁目駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2867-94309d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad