カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

スパルタン!な調布の老舗カレー。「かれんど」(調布)

創業1985年。
調布のカレー文化を支えてきた名物店。


「かれんど」


喫茶店のような、そうでないような、独特な雰囲気。
その混沌は、壁を見つめれば加速していきます。


焼肉ライスに讃岐うどんに京風親子丼・・・・一体何屋なのか・・・・

メニューを見てみましょう。

まず、表紙のキャッチに注目。

「SPICY SPARTAN & HEALTHY」

スパイシーとヘルシーはわかる。ええ、わかりますとも。

けれどその間に、

・・・スパルタン?

このノスタルジックな世界観にスリーハンドレット、来ちゃいますか??

さらに、カレーの紹介を読んでみましょう。

「《かれんど》のカレーは、南印度風本場カレーです。
10数種の香辛料を独自の製法でブレンドした、私共のカレーベースは、
小麦粉等一切使用せず肉や野菜の風味を生かすためのベストマッチングミックスです。」


ほぉー、南インド風ときましたか。
80年代にこれ、尖がってたんでしょうね。
続きを読みますよ。

「このスパルタンでシャープな《かれんど》のカレーは、
ヘルシーメニューとしても大いに役立てていただけると思います。」


・・・ま、また出たスパルタン!?

ヘルシーなレオニダス???


まぁ、老舗の名物店ってのはどこか、瞬時に理解できない奥深さを持っているもの。

迷わずカレーをいただきましょう。

★キーマ オムライス ¥750

この店独自のキーマカレーライスをオム仕立てにした一皿。
結構なボリュームです。


キーマカレーのベースはシャバシャバ。
一口めは優しげな味わいながら、ジワジワとスパイスが効いてきます。
なるほどこれが、80年代に普通だった日本カレーライスとも、
こってりクリーミーなインド料理とも違う、「南印度風」というわけですね。
なるほどなるほど、こういうコトバから炙りだされるカレー史のリアリティ、実に興味深いです。

カレーのスパイシーさと、ふわとろ玉子のバランスも絶妙。
玉ねぎのレモン漬けもまたインパクトあって美味いですよ。

これはまさに、スパルタン!なカレーです。

いやいや、半分判らず使ってるんですけど。


セットのサラダには冷奴がオン。
削り節に和風ドレッシング。


★ブレンドコーヒー +¥150

食後の珈琲だって見逃せません。
苦みばしった、昭和喫茶店の美味い珈琲といった感じです。

いやあ満足満足。

お店の人気ツートップは、今回いただいたキーマ オムライスと、
京都出身マスターの自信作、京風あんかけカリーうどん
実はTV番組で「カレーうどん日本一」になったこともあるそう。

ほほぅ、そちらも見逃せませんね。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

かれんど

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:カレーライス | 調布駅布田駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

スパルタン

毎日楽しみに拝見させていただいております。

バブル期に車の売り文句として使われ出した形容だったと記憶しています。
走りを追求するために一切の快適装置を取り払った、というのが定義でした。

その影響を受けて模型誌等で、男らしい質実剛健なオリジナル改造を施したガンプラ等の形容にも使われてました。
その他のジャンルに関して波及があったかは知りません。

  • 2016/01/30(土) 21:21:18 |
  • URL |
  • 白いるか #gpPih1yM
  • [ 編集 ]

Re: スパルタン

確かに同時期、超時空要塞マクロスでも、デストロイド・スパルタンっていうメカが登場していました。
「スゲェ攻撃力のやつ」ってなイメージなのかもしれませんね。

> 毎日楽しみに拝見させていただいております。
>
> バブル期に車の売り文句として使われ出した形容だったと記憶しています。
> 走りを追求するために一切の快適装置を取り払った、というのが定義でした。
>
> その影響を受けて模型誌等で、男らしい質実剛健なオリジナル改造を施したガンプラ等の形容にも使われてました。
> その他のジャンルに関して波及があったかは知りません。

  • 2016/01/30(土) 23:41:28 |
  • URL |
  • ropefish #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2863-be9e2370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad