カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

いろいろ驚いた。「ネパール伝統家庭料理専門店 ネパーリ チューロ つつじヶ丘店」(つつじヶ丘)

つつじヶ丘、めちゃ旨なタイ料理店「クルアタイ」が閉まっていたので、
その近くに今年8月にできた「インド料理ほしばな」へ行こうとしたら、
すでに店名が「ちいさなネパール食堂」にチェンジ。

しかも「オープン」の札がかかったまま鍵がかかっていて・・・
はてどうしたものか、と彷徨っていたら目に飛び込んできたのがこの看板。

「ネパール伝統家庭料理専門店 ネパーリ チューロ」


「ネパール伝統家庭料理専門」ですよ!専門!
こりゃあ調査せねばなるまいて!!


居酒屋っぽい、というには窓が広く開放的な空間。

さぁ、ここで提供される「ネパール伝統家庭料理」って一体、どんなのかな・・・

ダルバートにチウラ、チョエラにバトマスサデコ、ディードもあったりして・・・
ワクワクしますね!

メニューを見てみましょう。

・・・いろいろな意味で目を疑いました。

・・・えーっと。

・・・ちょっと状況を整理しますね。

ここは「ネパール伝統家庭料理専門店」。
「専門」ですから、メニューに並んでいるのは「ネパール伝統家庭料理」ということですよね。

・チーズナンセット
・パッタイ
・トムヤンクン
・焼きそばセット
・グリンカレー
・カッパオライス
・フォーチキン


・・・・ほぼタイ料理!!

なにか大きく間違ってないか???

まあ、入ってしまったものは仕方がないので、かろうじてネパール料理といえる「焼きそば」を注文してみましょう。


★焼きそばセット ¥890

焼きそばなのに「辛サハ?」と聞かれたので、辛口でお願いしてみました。

ネパールの焼きそば、チョウメンは辛くするとケチャップとタバスコぶっかけたような味になることが多いのですが、ここのは違った。

シンプルな塩焼きそばにガラムマサラを振りかけた感じ。
まあ、作れそうではありますが、美味しいことは美味しい。


セットのサラダ、スープとオクラのスパイス和え。
このオクラ=ビンディが唯一家庭料理っぽかった。
フェヌグリークがザクッと効いてて、ね。

あと、食後にドリンクが付くはずだったのですが、待てども待てども出てこない。

15分ほど経って「ドリンクまだですか?」と訊けば、「15ジマデデス」との答え。

いや、14時50分には食べ終わってたぞ。
っていうか、そもそも・・・

と、困惑した顔をしていると、
「5フン、マッテ」との答え。

いやいや、もう次の予定があるし・・・
と思い、丁重にお断り。

値引きなどはなかったけど、仕方ない。

しかし・・・不慣れな接客は大目に見るとして、「ネパール伝統家庭料理専門店」を謳いながら「ネパール伝統家庭料理」どころか「ネパール料理」すらほとんどないのはどういうことか?

ランチだからか?
とも思い、夜のメニューを見てみれば・・・


タンドーリ料理がズラリ!!

違う・・・。

そりゃあネパール一品料理も少しはあるけど、大きく何かが間違ってる。

永福にも姉妹店があるとのことで、看板に偽りありな戦略は、オーナーが仕組んだことなのでしょう。

ネパール本国でも、タカリ族の料理が人気と聞くと、タカリでもないのに「タカリレストラン」を名乗る店がたくさん出てくると聞いたことがあります。

そういうの、日本じゃダメなんですよ。

・・・と、教えなきゃいけませんね。

「ネパール伝統家庭料理専門店」って単語に惹かれてこの記事を読んだ南アジア料理マニアのあなた、要注意ですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ネパーリチューロ つつじヶ丘店




関連ランキング:ネパール料理 | つつじケ丘駅仙川駅柴崎駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2835-3bbee695
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad