カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

密やかなる、名店の夜明け前。「ライモンディ」(大山)

未だ知られざる、凄いポテンシャルのカレー屋さんを見つけました。

いや、正確には「連れて行ってもらった」だな。

ある日突然、「いたばしのばら」ことロザリーさんから直々のお声がけ。

ただならぬ気配。

場所は大山。
先日、バングラデシュ料理の名店「ルチ」が閉店したばかりの街です。

賑やかな遊座大山商店街からは外れた路地。
特に看板も見当たらないお店がポツリ。

あ、ここだここだ。


「ライモンディ」


なんだかディープそうだなぁ・・・
ロザリーさん好きそうな店だなぁ・・・

客、我々以外にいません。

だってこないだまで、食べログにも発見されてなかった店なんですから。


★黒ラベル 小瓶

いいね~
こりゃカレー居酒屋だ。

メニューを見れば、スパイス料理系のおつまみもたくさん。
そそられますが・・・そちらは次回に。

・・・いや、大山っつったら梯子なんすよ、梯子。
だから、ね。我慢。


★ラッサム

なんと!メニューには載ってないけど、事前予約で出してくれるようです。

で、このラッサム、居酒屋のオヤジが趣味で南インド料理作ってみました、どうでしょ?的なレベルを遥かに超えています。
カレーリーフどっさり、ブラックペッパーがっつり、けれど全体としてはスッキリとキレのある味わい。

・・・一体この店、何者なんだ???


★国産トリ肉とカブのやさしいスープカレー ¥850

これ、食べてビックリしました。

「この店、結構スゴいんじゃないか??」


って。

スープカレーと言っても北海道のそれとは違ったオリジナル。
引き算されたシンプルなスパイス使いで鶏肉と野菜の旨みを引き出した一品。
油っぽさもなく、スッとした味わいながら、物足りなさは全く感じない絶妙のバランス。

これは、カレーとしてもかなり美味いけど、酒とともにいただく和食としてもかなり美味いんじゃないだろうか・・・
これなら毎日いただける感じ。


★豚バラとパインのカレー ¥850

パインですよ、パイン。
そこに豚ですよ、豚。
そう来たら酢豚かっ、って思いもしますがもちろん全然違って、ココナッツミルクも使っていて、
酸味たっぷり、インドのアチャーリーチキンのような味。
どこからか「南洋の父~!」って叫び声が聞こえるような気も。

こちらはかなりトリッキーで面白いカレー。
いわゆる、記憶に残る味ってやつですね。

対照的な2つのカレーに共通するのは、インドのスパイステクニックと日本人の感覚を自由に融合させていること。
つまり、インドカレーでもあり、和食でもある、新しいスタイルのカレーなんです。

青山「ハブモアカレー」、大阪「ココペリカレー」や、恵比寿「吉柳」なんかにも通底する料理哲学・・・というより感覚。

しかも相当にポテンシャルが高い。
スパイス料理の下地がちゃんとしてる。

一体このお店、何者なんだ・・・???


と、聞けば実はこちらの店主、「徳丸パラダイス食堂」という屋号で池袋界隈で移動販売を10年ほど続けていたお方。
が、お店の評判が上がるにつれ、行列が大きくなり、移動販売が出来なくなったんだとか。
移動販売をやめ、この大山の地に「ライモンディ」をオープンしたのが2015年8月のこと。

移動販売以外にも、インドやネパールを旅して家庭料理を学んだり、
あの「カッチャルバッチャル」の田村さんと某店で一緒に働いていたこともあったりと、
なるほど道理で地力があるわけだ。

まだまだ無名のこのお店。
カレーマニアな皆様方が「何これ美味い!」なんて騒ぎ始めるのは、まだこれからです。

今は超穴場。

百聞は一食に如かず。

是非試してみてください。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ライモンディ

夜総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:インドカレー | 大山駅板橋区役所前駅下板橋駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2830-49ef0d87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad