カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

中華料理店で遭遇した、未知なるカレー。「味楽来」(池袋)

池袋西口に何やら変わったカレーを出す中華料理屋さんがある、そんな噂を聞きつけた私。

ん・・・ここか。

「味楽来 」

かなりちっちゃなラーメン屋さんみたいなお店。


店内かなーり強引な、鰻の寝床方式。
体幅あるひとは通れないかもよ。

店内には中華系のママさん、厨房にはスキンヘッドのシェフ、中華系美人のお客さんがひとり。

ママさん、奥の席へと誘導してくれたのだが、とっても気が早いというかチャキチャキというか、メニューをまだ手にとってないどころか、まだ座っても荷物下ろしてもないのに「お飲物は!?」

・・・いやいや流石に早すぎです(笑)


★生ビール ¥500

えびせんサービス!
タイ料理店みたい。
銘柄はアサヒ、キンキンに冷えて泡もバッチリ、美味ですよ。

さて、メニューを見てみます。

あ、あった。
早速注文!


★鶏肉エスニックカレー ¥800

な、なんじゃこりゃ!

見た目はまるで、ラー油の海にたゆたう鶏肉の塊。
ちょっと見たことがないタイプのカレーですよ!


早速いただいてみます。

ガラムマサラというかカレー粉というかが香りつつも、胡椒と赤唐辛子&辣油?な味わいは確かにチャイニーズ。
キトッとしたオイリーさはちょっとパキスタンのカレーを彷彿とさせ、辛さもなかなか。

これは・・・ちょっと謎の美味さですぞ!

しかし一体このカレーは・・・

聞いてみました。

なんとこれ、カンボジアのカレーがベースだとのこと!!

実は厨房のスキンヘッドシェフは・・・この店のマスターだったのですが・・・カンボジア生まれの日本育ち。
このカレーはカンボジアのカレーをベースにして「日本向けにアレンジ」したものだそう。

ココナッツミルクもちょっと入っているそうですが、まろやかというよりは激辛の域。
玉ねぎも野菜も最小限に抑えた男らしい味わいで、
そのどこが「日本向け」なのかはわかりませんが、美味しいから結果オーライというわけです。

ライス、ザーサイ、白湯スープ、サラダが付いてきますが、カレー単品注文もできるようですよ。


★餃子(5個) ¥400

ああ、こっちも良いですね。
パッツンパッツンに詰まった肉量が凄い!
これで400円はかなり素晴らしいです。

この店はなかなかの穴場。
ちょっと人に勧めたいと思ったのですが・・・・はて、そうだ、一つ問題があるぞ。

「味楽来 」

・・・この店名、なんて読むんでしょ?

みらい?みらくらい?みがっき?

聞いてみました。

「ミラクル」

・・・なるほど!!

いろいろ濃いお店ですね!!


帰りにもらった飴も濃かったですよ!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

味楽来

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:中華料理 | 池袋駅要町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2815-f623283b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad