カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

伝統と革新。気鋭の洋食ランチをリーズナブルにいただく。「厳選洋食さくらい」(上野広小路)

本日は上野でランチ。
お目当てはこちらのお店。

「厳選洋食さくらい」

ミシュランガイド2015東京「ビブグルマン」にも掲載された話題の洋食屋さんです。

コンセプトは、
「昔ながらの洋食に今様を織りまぜながら、素材を吟味して厳しく選び抜いた日本の味」

上野といえば、日本の洋食文化のはしりでもある超老舗「上野精養軒」がある場所。
その文化を受け継ぎつつ、新しい風を吹かせてくれるのが、このお店です。


カウンター席からは厨房の中を眺めることができます。

店名の入ったコックコートを纏い、洗練された動きで連携するスタッフたち。
折り目正しきニッポン洋食の世界、とても清々しいですね。

メニューを見てみます。
もちろんカレーは食べたいのですが、洋食屋さんではフライものも食べておきたい。
けれどこちらお一人さまだし・・・・

そんなときでも大丈夫。
なんとここ、カレーはハーフサイズでも注文できるんです!

おぉっ!素晴らしい!
完璧な洋食ランチ!!



★牡蠣のフライ(2ヶ) ¥1000

上質で大振りな三陸産牡蠣を使用。
衣はサクッとしながらも極薄で、素材の旨味がジュジュッと口の中に広がります。
その味の濃厚さ、ボリューム、もう・・・「二つで充分ですよ!」 by.ブレードランナー

大満足の一皿です。

タルタルソースとウスターソースが用意されているのですが、どちらも美味かったなぁ・・・


★チキンカレー ハーフ ¥700

こちら、ハーフサイズといえど小食派なら一品で充分な量。
チキンとブラウンマッシュルームが入った、一見して「上野精養軒」タイプのカレーなのですが・・・

洋食カレーとしては異色なほど香るクローブ、ピリッと効いたブラックペッパー。
割に辛口スパイシー!!

ほほう、こう来ましたか、といった感じ。
確かに「昔ながらの洋食に今様を織りまぜ」たカレーといえますね。

福神漬とらっきょも上質。
牡蠣フライのソースもそうですが、細かい部分の気配りが素晴らしいですね。

二品で1700円。
この値段でここまで楽しめて贅沢な気分に浸れる洋食屋なんて、
東京はおろか、洋食の街・神戸でもそうそうあるものではありません。

参りました。

「ビブグルマン」も伊達ではありませんね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

厳選洋食さくらい

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:洋食 | 上野広小路駅上野御徒町駅御徒町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2814-e568d7fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad