カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

カレーしか考えられへん。ギラギラした大阪カレーの熱気。「コロンビアエイト 北浜本店」(北浜)

アツく盛り上がる、大阪カレーシーン。
そのギラギラした熱気を肌で感じたいなら、まずここ!


入口看板には有名な「カレーしか考えられへん。」の一言。
カレーのことだけ考えて、階段を上りましょう。


「コロンビアエイト 北浜本店」(Columbia8)

今をときめく「大阪スパイスカレー」の黎明期から今なお行列を絶やさない人気店。

北浜のレジェンドであり、スパイスカレーのパイオニアと言われる「カシミール」に魅せられた店主オギミールさん
(名前もそう、オマージュです)による、カレー愛に溢れたお店です。
いわば、「スパイスカレー第二世代」の代表店であり、今日の「大阪スパイスカレー」の盛り上がりは、ここ抜きには語れないほど。

現在は北浜本店のほか、堺筋本町店、阿波座店の3店舗を展開しています。


★オリオンビール ¥600

カウンターのみのコンパクトな店内に溢れる、ギラギラした熱気。
昼間っから飲まずにはいられません。


カレーは超定番名物のキーマカレーを中心に、
二回目訪問から注文可能な辛口キーマ「花火」や、野菜カレーがラインナップ。

まずは基本のキーマを注文してみましょう。

miniDSC06615.jpg
★キーマカレー/Columbia8スタンダート ¥850

見てくださいこのフォトジェニックさ!
そりゃあ雑誌やテレビも紹介したくなるでしょう!SNSにシェアしたくなるでしょう!
で、見たら絶対食べたくなるでしょう!!

この完成されたビジュアルこそが、スパイスカレーの宇宙!

カレーが到着するとまず、オギミールさん直々の食べ方説明。

「うちのカレーは、まず右手にスプーン、左手にシシトウ、
こうやってシシトウを齧りながら召し上がってください。」

miniDSC06616.jpg
「右手にスプーン、左手にシシトウですよ。」

眼の前でジェスチャーを交え語るオギミールさんの、丁寧な口調とギラギラとしたまなざし。
なんだか異様な情熱を感じます。

右手にスプーン、左手にシシトウですから、写真撮るときのシシトウの角度はこれが正解。
miniDSC06613.jpg
サラッサラのカレーは見た目に反しスッキリした味わい。
そしてそこにまぶされたスパイスのザクザク感。
中央のキーマ&ライスを崩し、カレーの海に流し込みながらいただきます。
時折シシトウを齧ると爽やかさがアップ、セットのグレープフルーツジュースを飲めば酸味アップと、
変化しながらも統一された世界観が楽しめます。

独創的でありながら、しっかり計算されつくされた完成度。
さすがは大阪カレーシーンを牽引してきた実力店ですね。


店を出て、一時間たっても、一晩寝ても、一週間経っても、
脳裏に焼き付いているカレーの存在感と、オギミールさんのカリスマ的オーラ。

「カレーしか考えられへん。」に嘘偽りはありません。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

コロンビア エイト

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:カレーライス | 北浜駅なにわ橋駅堺筋本町駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2789-eb6d5792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad