カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

空港でも、ペルーのカレーを。「La Bonbonniere」(リマ・ホルヘ・チャベス国際空港)

ペルーを離れる日。
最後にも一回食っとかないとね、あれを。
miniDSC04111.jpg
空港の中でもあれ、食べられるところあるかなぁ・・・・

お、見つけたぞ!!
miniDSC04110.jpg
「La Bonbonniere」

リマ市内、サン・イシドロにあるレストランの空港支店だそう。

miniDSC04104.jpg
割にオープンでカジュアルなカフェ調なのですが、アッパーな感じな方々しかいないですね・・・
ま、理由は一つ。
miniDSC04101.jpg
miniDSC04103.jpg
価格は米ドル表記。
16%のサービス料込みってことですが、安くはないですね。
割といいレストラン、って扱いなのでしょうか。

miniDSC04106.jpg
★Pisco Sour $11.5

まずはフライト前の燃料補給。
ペルーの国民酒、ピスコサワーです。
美味いけど約1400円。
1400円だけど美味い。
ペルーを出たらなかなか飲めないことを考えたら、飲んどきましょう。

そして・・・やってきました。
ペルーを去る前にも一回食べておきたい「あれ」。
miniDSC04109.jpg
★Aji de Gallina $14.6

そう、「ペルーのカレー」こと、アヒ・デ・ガジーナ。
雌鶏の肉を、アヒ・アマリージョと呼ばれる黄色い唐辛子を用いたソースで煮込み、ライスとともにいただく料理。
アヒ・アマリージョは唐辛子といっても辛くはないので、香りのよいクリーミーシチューといった感じの味わいです。

これ、辛い唐辛子も加えて辛くしても美味しいのになぁ~なんて思うのは、多分外国人の発想。
ペルー人にはこれが良いのでしょう。

今回ペルーではこの店を含めアヒ・デ・ガジーナを三回いただいたのですが、
この店のものが一番鶏肉を刻んであり、その分ソース部分が多く一番カレーらしかったかも知れません。
味は、そんなに大きくは変わらないかな。

お値段約1800円、これを高いとみるか、安いとみるか。
けれど日本ではなかなか出会えない味、食べずに後悔するよりは、ね。

さ、これで思い残すこともない。地球の裏側まで帰るとしましょう。

アディオス!ペルー!!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

La Bonbonniere Lima Airport

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:中南米料理(その他) | リマ


関連記事

テーマ:ペルー - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2774-f55f66b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad