カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

GHEEの流れを汲む隠れ家カレー店、駅近の地に移転・再オープン!「CAFE DE MOMO」(市ヶ谷)

神宮前の伝説的カレー「GHEE」の流れを汲む隠れ家カレー店「CAFE DE MOMO」(カフェドモモ)がオープン7周年を機に移転・再オープンしました。


「CAFE DE MOMO」

2015年9月17日新装オープン。
駅から離れた住宅地にあった旧店舗から、今度は「最寄り駅は市ヶ谷」と言って怒られないほどの駅近に。


隠れ家的ひっそり感からうって変わって、カジュアルポップな雰囲気です。

神宮前「カリーアップ」、京都「カマル」、新潟「vovo」など他の「GHEE系」カレーの店主が皆、かつての神宮前「GHEE」のスタッフだったのとは異なり、こちら「CAFE DE MOMO」は開店にあたり「GHEE」カレーの生みの親赤出川氏に料理監修を依頼したという流れ(・・・ですよね?)。

現在は赤出川氏ともども神宮前に復活した本家「GHEE」ですが、「CAFE DE MOMO」がオープンした2008年当時はまさに幻の名店。
オープン当初は赤出川氏自ら厨房に立つとのことで、かなりの話題となりましたが、それももう7年前。
赤出川氏自身「俺は教えただけ。あそこは彼の店」と言う通り、独自の道を歩み、7周年を機に移転した「CAFE DE MOMO」


ピカピカのメニューが眩いですね。
カレーはいろいろ、どれにしようか迷いますが、ここはやはり「GHEE」譲りのコンビカレーで攻めるのが吉!


★コンビカレー(ビーフ+辛いキーマ)M ¥1200

ほらほら、やっぱり見た目も「GHEE」だ。


・ビーフ

「GHEE」のアイコンとでも言うべきビーフカレー。
本家のそれが激辛でありつつ過剰なほどのクローブ香を持ち味にするのに対し、
こちらは激辛の中に和風を感じさせる甘み・・・例えば甘露煮のような・・・があり、かなりオリジナルな味わい。
見た目こそ似ているものの、完全に「CAFE DE MOMO」独自のビーフカレーとなっています。


・辛いキーマ

定番キーマに加え、新たにラインナップ入りした「辛いキーマ」。
本家のキーマ同様、いやそれ以上にコーンがたっぷり。
タイ南部料理クワクリンを思わせる(余計わからないですよね)唐辛子のストレートな辛さが魅力です。
しかも、ビーフカレーよりこちらのほうがクローブを強く感じますね。

新メニューながら、より「GHEE」の血筋を感じるという不思議。
次回はこの「辛いキーマ」を軸に、野菜系のカレーと組み合わせるのも面白そうだなぁ。


★梅酒ソーダ ¥400

お酒は割にリーズナブル。
となれば夜中寄るのにちょうど良さそう・・・・と思ったのですが、ラストオーダーは21時と早め。
うーん残念。

間違いなく「GHEE」の流れを汲みつつも、完全に独自のカレーを出すお店となった感のある「CAFE DE MOMO」。
それは悪いことではない。

この立地ならばきっと、カレーマニア以外の色々な人に「発見」されることでしょう。
そうしてこの味が、市ヶ谷の名物となっていくのです。

「パク森」が閉店した今、市ヶ谷にはそういったカレー屋が必要とされているのです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

CAFE DE MOMO

夜総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:インドカレー | 市ケ谷駅牛込神楽坂駅四ツ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2761-77aaafa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad