FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ヒガシアフリカトカゲモドキ

ヒガシアフリカトカゲモドキ
学名:Holodactylus africanus
分布:タンザニア~ソマリア南部
全長:12cm

マイナー種です。

なぜか?
ペットショップの一角を想像してください。
まず大人気のヒョウモントカゲモドキ
その表情と仕草に
「可愛いー!この子欲しいー」
なんて言ってる女子。

その隣にはニシアフリカトカゲモドキ
「おっ!アプリコットアルビノのスゲー美個体!」
なんて興奮するマニアの叫び。

そしてその隣のケースには
「ヒガシアフリカトカゲモドキ超特価」
の文字。

しかし中に見えるのは土だけ。
「なんだ、いないじゃん」とスルーする客。

そう。このヒガシアフリカトカゲモドキ、
実は地中性。


「可愛いー」って、衝動買いされたりしないんです。
アピールが足りないんです。

しかし世の中には、マイナーであればあるほど魅力を感じてしまう人間も存在します。
たとえば私。
ヒガシアフリカトカゲモドキ、飼ってます。

で、飼ってみてどうかというと・・・

FLYING ROPEFISH!-higashi2
むちゃくちゃ可愛いです。

FLYING ROPEFISH!-higashi4
ちょっと困ったような目が愛らしいです。

FLYING ROPEFISH!-higashi
ちっちゃな尻尾の幼児体型。(これでも大人)

そして・・・

FLYING ROPEFISH!-higashi5
むちゃくちゃおとなしいです。

FLYING ROPEFISH!-higashi6
しがみついてます。
白いストライプが案外綺麗です。

ちなみに土を浅めにしていればよく出てきます。
土から頭だけ出してるときもあってそれはそれは可愛いです。
(写真とれたらUPします。)
小型種ですが、頭が大きいのでMサイズくらいのコオロギなら難なく食べます。
動きは鈍く壁は上れないので(穴を掘るため、ヤモリなのに爪は尖ってます)脱走にもシビアになることはないでしょう。
なかなか飼い易い部類といえます。
ただ、地中性だけあって鱗も細かく皮膚も柔らかいので、
湿度は保っておいたほうがいいようです。


最後に写真をもう一枚。
FLYING ROPEFISH!-higashi3
実はペアで飼ってます。(上がメス、下がオス)

入荷するほとんどがワイルド固体だそう。(飼育者いないですから)
繁殖させてヒョウモンやニシみたいにいろんな品種ができたら、
人気出るかしら?


人気ブログランキング参加中。
よろしければクリックお願いします。

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/27-ed56db30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)