カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

インディアンタウン葛西、しっかり本物の北インド・パキスタン料理。「フンザ」(葛西)

今や東京のみならず、日本を代表するインディアンタウンとなった葛西エリア。
IT関係をはじめとするインドのビジネスマンたちのコミュニティがこの地に発達してきたのが大きな理由なのですが、
シェフ経験のない(もしくは中華出身の)ネパール人による「なんちゃってインド料理」が蔓延するこの日本、
「ちゃんとしたインド料理が食べたい」という彼らの要望に応え、この数年で本場流のインド料理店が一気に増加。

南インド料理に、西インド料理、インディアンチャイニーズ料理、インドの軽食ティファンなど・・・
インド料理ファンにとっては聖地のような様相を呈してきているんです。

そんな中、多くの日本人がインド料理と聞いてイメージする、ナン、タンドリーチキン、バターチキンなどは
北インド、それも一般大衆の日常食ではなく、ムガル宮廷料理の流れを汲むレストラン&ホテル食。
葛西エリアでそれ系のお店は・・・・といえば、やはりここでもネパール人による「なんちゃってインド料理」のお店が多数。
やはり、インド人ではなく、日本人のニーズが多いのでしょうか。

「インド人が多く住む葛西エリアへ、本格的なインド料理を食べに」来たにもかかわらず、ネパ系なんちゃって店に入り、
「やっぱり本場の味は違うなぁ」なんて、言いながら帰る日本人も少なくないのでしょう・・・・・

それを象徴するような出来事が最近ありました。

東京メトロの、沿線各地を紹介する堀北真希のポスター。
インディアンタウン葛西代表として紹介されているのは、ネパ系店「バターカレー」・・・
LAのリトルトーキョーを代表してコリアン系「アボカドスシ」なんてお店が紹介されてるようなもんだと思うのですが・・・
それでいいのか東京メトロ。

とかまぁ、そんな煮え切らない思いを胸に、今回やってきたのはこちらのお店。


「フンザ」

パキスタン・フンザ地方出身のオーナーと、日本人の奥さんが経営する、インド・パキスタン料理店です。
ムスリム国家として知られるパキスタンですが、元々はインドと同じ文化圏。
食文化ももちろん、地続きです。

料理長のバーバル氏はインド・コルカタ出身。
五つ星ホテル「オベロイカルカッタ」出身で、2003年には料理の腕を買われ、大統領から表彰されたこともある方。

愛らしい笑顔のアサドシェフはインド・オリッサ出身。
SMAP稲垣吾郎さんがTV取材で訪れた際にもナンづくりの腕前を披露、絶賛されていました。

オーナー、両シェフともにムスリム。
つまりこのお店、ハラール対応レストランなんです。

・・・が、いちおうお酒も置いてますのでご安心を。

-------------------------------------------------------------------------------

この日は休日ランチ訪問。
吾郎ちゃん効果か、その後登場した「アド街」効果か、店内ほぼ満席。
他店同様、ナン&カレーを注文する客ばかりかと思いきや、意外にも良く出ていたのがこちら。


★チキンビリヤニ ¥1000

そう、ランチからレギュラーメニューでビリヤニがいただけるんです。
しかもネパ系なんちゃってインド店の「インド炒飯」ではなく、正真正銘のダムビリヤニ(炊き込みビリヤニ)。
まとめて仕込んで、小分けにして、注文入ったら仕上げて、とかそんな感じの様子です。

ライタ、ダール、サラダ、ドリンクが付いてこの値段は良心的!


バスマティ使用で色ムラ美しく、フワッフワの食感に仕上がった極上ビリヤニ。
オイリーさは全くなく、どんどん食が進みます。

こちらパキスタン・ラホール式のレシピとのことですが、パキスタンに嫁ぎ、現地のリアル生活を知る奥様・久美子さんによれば、
インドでもパキスタンでも、自宅で楽に作れるビリヤニキットが流通しているため、実際には地域による差はさほどなくなっているとのこと。

まぁ、日本における和食だって、そうですもんね。


お米に埋もれていたのは、ごろんとした骨付き鶏肉。
スプーンでホロッと崩れていい感じのウマウマ。
セットのダールも一見ドロッとクリーミーと思いきや、塩&ガーリックが効いていい感じのウマウマ。

かなり、満足度高いビリヤニランチです!!

・・・さて、もう一つ気になったメニューがこちら。

★スベシャルバターチキンカレー&ゴマナンセット ¥1200

え?結局バターチキン頼むの?ってな感じですが、惹かれた理由はこちら、
料理長がかつて勤務した「オベロイ」のバターチキンを再現したものだとのこと!!

「なんちゃってインド料理店」のバタチキとは別物なはず!


・・・食べてみたら、やっぱり別物でした。

変なもったりクリーム感はなく、トマトの酸味とカスリメティの香りが良きバランス。
バタチキ好きな多くの日本人を満足させつつ、インド人やほぼインド人なマニアも満足できる秀作バタチキ!

県境向うの千葉県にも美味しいバタチキの名店がいくつかありますが、ここもオススメです。


セットのごまナン、これもまた誠実な味わい。

よくある、「日本人はでかくて柔らかいもの出しときゃ喜ぶから、ベーキングパウダーでうんと膨らしとこうぜ!」的欺瞞に溢れた、「でっかいもちもちふわふわナン」とは真逆で、噛みしめるたび味わい深くなる、ちゃんとしたナンです。

これをちゃんと絶賛した吾郎ちゃん、偉いですね!


★タンドリーチキン ¥500

追加でこちらもいただきました。
もう、見ただけで美味いと分かります。
つるんとした肉に着色しただけの、よくあるタンドリーチキンとは全く違います。
しっかり立体的なスパイスの香り、味わい。

夜に来てたっぷりいただきたいと思わせてくれますね。

南インドのドーサやミールスのように、日本人が「きゃぁーなにこれ?」って驚くようなキャッチーさはないけれど、
まっとうで、質の高い北インド料理をしっかり提供してくれるお店は、葛西にこそ貴重。

「なんちゃってインド料理店」を本物のインド料理と思っている大多数の人にこそ、来てもらいたい上質なお店です。

そして何より・・・奥様の久美子さんがとにかく面白い!!

混雑で店内が忙しいときにはテキパキと、物腰柔らかな接客をこなしているのですが、
少し余裕あるときに話しかけたら・・・いやいやもうキャラ強いです(笑)

是非、久美子さんのビリヤニイベントとか、お願いしたいところですね。


店内に貼られた、嘘のような絶景写真は、オーナーの故郷フンザ。
ナウシカの「風の谷」のモデルとなった秘境です。

神戸のギルギット・バルティスタン料理「ギルギットカレーALI's」の話でも盛り上がりましたよ。
(ギルギット・バルティスタンとフンザは隣接している場所なんです)


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析
HUNZA

昼総合点★★★★ 4.2



関連ランキング:インドカレー | 葛西駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2699-7956baa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad