FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

牛カツカレーとおばんざい。「カレーバル ベイ・リーフ」(赤坂)

最近、東京で徐々に増えてきた「カレーBAR & 居酒屋」
気が付くといつの間にか、赤坂にも飲めるカレー屋が誕生していました。



「カレーバル ベイ・リーフ」

2015年1月27日オープン。
店名には「カレーバル」とありますが、中に入ってビックリ。
抱いていたイメージとは全く異なる空間だったのです。(悪い意味ではなく)


カウンターメインの店内、天井からはシャンデリア、雰囲気は完全に昭和のスナックバー。
しかも、カウンターには家庭的なおばんざいが並べられており、スパニッシュな気配は全くなし。

さらに注意してみると、バルの表記は「Bar」もしくは「Baru」ではなく、「BAL」となっており・・・
その意味をネットで調べてみたら、「BAL」=「重金属中毒の解毒剤」ということ!!

なかなか意味深ではあります。


★生ビール(中) ¥380

スーパードライ生。赤坂でこれは安いですね。
しかもチャージお通し料なし。

さて、せっかくカレーとおばんざいのバル(?)なので、まずはおばんざいを一品。

★だし巻き玉子 ¥400

甘口と塩味が選べたので、甘口でお願いしました。
海苔が巻かれてあって手が込んでいますね。

一口食べるとスフレのようなフワフワ食感。
控えめな甘みがとても上品です。

続いてカレー、行ってみましょう。
お店のイチオシっぽいこちらを注文してみました。

★牛カツカレー ¥960

ほほーなかなかの迫力ですね!!

カレーは玉ねぎをふんだんに用いたサラサラタイプ。
ホールスパイスたっぷりでじんわり汗出る辛さです。
これはなかなかの美味さですよ!
方向性としては新橋「ザ・カリ」や、六本木一丁目「フィッシュ」に近い感じかも。


そして牛カツ。
赤坂って実はカツカレーのレベルが高い街なのですが、牛カツカレーはあまり無いかも。
焼き加減はミディアムレア、ブラックペッパーを利かせた濃い味で、ビシッと辛いカレーによく合います。

ただ、この日は常連らしい先客が、「今日のカレーは辛いねぇ」って言ってたので、
日によって辛さが上下動するのかもしれませんね(笑)
この日は良き辛さでした。

夜のお店という雰囲気のお店ですが、ランチでもカレー提供しているそう。
夜に飲みながら、もいいのですが、ランチに牛カツカレーってのもまた、元気出そうでいいかも!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

ベイリーフ

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレーライス | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅



関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2664-d60a0257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)