FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

伊豆でデリーのカシミール、その秘密。「赤いやね」(川奈)

※この記事は後篇です。
まずはこちらの前篇からご覧ください。
⇒『え・・・まさかの!?伊豆でデリーのカシミール!?「赤いやね」』

(前回の続き)

伊豆・川奈。
風光明媚なこの町を見下ろす高台の喫茶店に、突如現れた「デリーカシミール」。

のれん分けでも、インスパイア系でもないその名前、その味わいは一体?
そして何故、チキンではなくベーコンなのか?

店員のおばさま方に訊いても詳しくは分からず、謎は謎のまま、謎として拡がり、お会計を済ませ店を出ようとしたその瞬間!

事態は急展開を見せたのです。

お店の奥から姿を現した、気品ある女性。
齢を重ねてなお、モダンで都会的な洗練を身に纏ったその人こそ、この「赤いやね」のマダムだったのです。

聞けばマダム、以前はカレー屋をやっていたらしく、その当時「デリー」の先代社長に「個人的に良くしていただいた」とのこと。
つまり、本物の「デリー」のカシミールを個人的に教わったのだということ。

これは限りなくレアなケースと言わざるをえませんね!

(ちなみに「デリー」先代社長とは初代・田中敏夫氏の奥様、やすよさん。女性です。念のため。)

マダムがカレー屋を閉め、現在の場所で喫茶店「赤いやね」をはじめたあとも、お客さんからは、「あのカレー出さないの?」との声。
かくして再び「デリーカシミール」を出すようになったのだとか。

ただ、喫茶店の厨房ではコンロの口数も足らず、ちゃんとしたデリーレシビでの鶏肉仕込みが難しいため、具材をピザなどでも用いるベーコンに切り替えたのだとか。

なるほど、だからデリーカシミール、
だからベーコンなのですね。

日本全国津々浦々、人とカレーに歴史あり。

「ほんとは鶏肉なんだけど、先代社長におこられちゃうわね。」

と笑うマダムがまた魅力的で、飲食店はやはり、人ありきなのだなあと感じたのです。


心地よき、晴れた昼下がりでした。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

赤い屋根

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:喫茶店 | 川奈駅

関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

Re: 伊豆でデリーのカシミール、その秘密。「赤いやね」(川奈)

大丈夫です。
よろしくお願いします!

  • 2019/01/30(水) 09:43:03 |
  • URL |
  • カレー細胞 #A1vz8dvw
  • [ 編集 ]

リンク了承のお願いです。

日本の咖喱  完全攻略目論見というサイトを作っています。
この中で、貴殿のブログをリンク引用させていただけませんでしょうか?ご許可いただきたくお願い申し上げます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2642-bea173ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)