FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

インドの隣はきっと日本。「インドのとなり」(たまプラーザ)

たまプラーザにカレーの店なんてあるの?
あるんです。
しかも創業20年。


「インドのとなり」

インドの隣国、バングラデシュやネパール、パキスタン料理のお店じゃありません。
もちろん、インド料理店でもありません。

じゃあ、インドのとなりってどこなのか?
その答えがメニューに書いてありました。

「ここです!!」と。え~!

そして、「皆様の頭の中です・・。」と。ええ~!!

「イメージの中の国でなら、豚肉も、牛肉も宗教の制約なく食べられる」のだと。

続いてこうも書かれていました。

「外国人のお客様によると、こういう日本独自のカレーは海外にはない、とのこと。」「味は身近でも、様々な味覚の文化が融合した、”世界に誇れる日本のカレー”大事にしていきたい部分です。」

おぉ~!
ここはまさに私も全てのカレー活動を通じて強く意識していることじゃないですか!

インドと隣接していようがいまいが、非常にシンパシーを感じるお店ですね。


★生ビール(小) ¥310

ビールも安く飲めます。


カレーは辛さと量が結構選べる感じ。
トッピングもいろいろで、カレーのベースも欧風かインドのとなり風かが選べるようです。


★豆腐とネギのキーマカレー ¥850
★5倍辛 +¥80


せっかく「日本のカレー」を意識した店ですから、和風な具材を選んでみました。
・・・てか、ちょっと中華風にも見えますが(笑)


こちらのキーマカレーはベースの選択が不可。
欧風でもインド風でもないサラサラなカレーでした。
ちょっとしたトロみがあって、やっぱりちょっと麻婆豆腐っぽくもありますが、かなりガラムマサラが効いていて、この手のカレースタンドでは異例なほど濃厚な香り。

いやこれ、カレースタンドのカレーとしてはかなり好き系ですよ!!

やはりセントラルキッチン仕込みのチェーン系とは違い、ちゃんと手作りな香ばしさが良いですね。

一見チェーンのカレー屋さんにも見えるこのお店も、実は創業20年の老舗。

もはや、たまプラーザのソウルフードと呼んでも良い存在なのではないでしょうか。

これからも世界に誇れる日本のカレー文化を、たまプラーザから発信し続けて欲しいものです!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

インドのとなり たまプラーザ店

夜総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:カレーライス | たまプラーザ駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2603-7f973401
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)