FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

全品カレー風味!全品500円のカレー居酒屋、本日誕生!「カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房」(渋谷)

謎のニュース到来!!

「日本人の日本人による全人類の為の
カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房」



・・・なんかキャラ濃い~い感じの幟が出てますよ。


しかも本日オープン!?
全品500円???


これは気になります!行くしかないですね。

「カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房」

もう、店名といい、幟といい、どこから突っ込んでいいのかわかりませんね・・・・とにかく入店してみましょう。


椅子もカウンターも、TVの枠までもオレンジに染まった店内。
あ、なるほど、ジャイアンツだからオレンジなのね!なるほど・・・と思ったら、「巨人とは関係ないんです」との答え。

むむむ・・・・一体。

そしたらなんと、隣のテーブルにいた女の方が説明してくれました。
「実は私の実家が60年くらい・・・おばあちゃんの代から喫茶店をやってて、その名前が『ジャイアンツ茶房』なんです。
そこでカレーを出していたんですけど・・・・昨年お店を閉めまして、誰か継いでくれないかと思ってたら、ほら、そこの後藤さんが・・・・」


さらに向こうのテーブルに目をやると・・・いました。
オールバックでオレンジフレームのメガネをかけた、めっちゃキャラ濃いオヤジさん。

・・・・ええ、わかりますよ。
さっきの幟のイラストにそっくりですもん。
看板にもさりげなく「GOTO」ってサインありましたもん。
オープン日の今日は5/10(ご・とう)ですもん。

めっちゃ自分大好きな感じでキャラ濃くて、でもなんだか凄く人懐っこいこの方こそが、オーナーの後藤さんなのでした。
後藤さん曰く、
「(前略)・・・で、カレーを焼きそばにかけたら『これはイケる』と。そこでピンと来た。『みんなカレー味にしたら、美味しくなるぞ』と・・・・(中略)・・・・カレー居酒屋、やりたいって考えてたところに、『ジャイアンツ茶房』の方と知り合って、店閉めるっていうから『あ、じゃあやりましょう』と・・・・(後略)」

お話は長くなりますので、みなさん後藤さんに会ったら聞いていただくとして、とにかく千葉「ジャイアンツ茶房」のカレーを継ぐ形でこの、『全てのメニューがカレー味』『全品500円(税抜)』という思い切ったカタチのカレー居酒屋をスタートさせたというわけ。

で、気になるメニューはこちら。

一見バラエティ豊かな居酒屋メニューのように見えますが、そのどれもがカレー味というところに感動を覚えますね。
しかもメニューの右端にはしっかり『GOTO』のサインが。
・・・どれだけ自分好きやねんと。


★ハートランド 生 ¥500

ハートランドですら500円ですよ。


★クラゲのカレー和え ¥500

これ、ちょっと想像つかなかったのですが、結構いけます。
酢の物的な酸味と日本カレーの味わいが絶妙にマッチして最高の酒の肴になってるんです。
実はこれ、スタッフの反対を押し切り後藤さんが強行突破してメニュー化したものなのだそう。


★ジャンボ餃子 カレー風味 ¥500

おっとこれはもう、見た目からして面白い餃子ですよ塚田さん
丸い餃子を平らにしてつなぎ、マリメッコの柄みたいにした餃子ですが、中身の具材はしっかり餃子味。
これも面白いなぁ。


★スパゲッティ唐揚げ カレー風味 ¥500

まさか、そうじゃないかと思って注文したら、まさかそうじゃないかと思ったとおりでした。
パスタを用いた、カレー味の揚げそば。
めっちゃカレー粉的なスナックとしてポリポリ楽しめますよ。


★カレーパンコロッケ ¥500

さぁさぁこれ、ヒットですよ!!
サクッとカリッとした衣の中は、アツアツとろーりなカレー。
まるでカレーパンですが、パン生地はないというのがミソ。
意外に辛口で、これはかなりいけますよ。


★ジンジャーハイボール ¥500


★白ワイン ¥500

さぁ、そろそろ大本命のカレーライスを攻めてみましょうか。
カレーライスはミニサイズで500円、レギュラーサイズだと×2の1000円となる様子。

★角煮カレー・レギュラー ¥1000

おぉ!来ましたね!
見目麗しき、ニッポンのカレーライス!!!
これこそが千葉「ジャイアンツ茶房」から受け継がれた、伝統のカレーライスなのですね。

カレーを普段から食べまくる方々からすれば見ただけでお分かりかと思いますが、カレー自体は比較的サラサラ。
しかし一口食べれば、膨大な量の玉ねぎ、そしてニンジンから出た甘みが独自の風合いを醸し出しています。
玉子はスプーンを入れると黄身がトロリンと流れ出す半熟具合、豚角煮はしっかりと煮込まれることで脂分少なめに。
全く重くなく、サラサラッといただける美味いカレーライスとなっていますよ!

で、最後にもう一つ。頼んでおきたいメニューが。

★カレー焼きそば ¥500

後藤さんがカレー居酒屋を始めるきっかけとなった一品。
カレー自体はカレーライスとほぼ共通ながら、焼きそばと合わせることでまた別の表情に。
カレー×焼きそば=キング・オブ・B級グルメといった、良い意味でジャンクな美味さがたまりません。

そう、実際このお店、何を頼んでも本当にカレー風味だったわけですが、あえてB級グルメという言葉を使わせていただくなら、まさにB級グルメの楽しさ溢れる面白い居酒屋。

私も近年、カレー界を大きく動かしている波は「カレー居酒屋&BARの台頭」であると感じ、あちこちに書いてもいるのですが、それらのお店の多くはインド料理をはじめとするスパイス料理に一方の軸足を置いたものであり、この「ジャイアンツ茶房」のように、純粋な日本のカレーに完全特化したカレー居酒屋は、あるようでほとんどなかった。

なかったからこそ、今必要とされているのはこういうお店なのかもしれない、と感じたりもしたのです。
ここなら、海外から東京に来て「日本のカレーを食べてみたい」を思っているゲストを案内しつつお酒も飲むことができる。
見た目やコンセプトは一見ふざけていますが、カレー自体しっかりしているし、何せ安い。


強烈キャラの後藤さんはいつもお店にいるわけではなさそう(実は彼、外苑前の和食「木ノ下」のオーナーでもあるそう)なので、これからお店の雰囲気というか空気感がどちらへ向かうのかちょっと未知数ではありますが、期待の新店であることは間違いありませんよ!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

カレー居酒屋 ジャイアンツ茶房

夜総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:居酒屋 | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2547-89af7f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)