FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

オンナダケヤモリの捕食

ミクロネシア、ヤップ島のホテル内にて、ハエを捕食するヤモリと遭遇!

皮膚の薄い滑肌、幅広の尾。
おそらくオンナダケヤモリでしょう。

オンナダケヤモリ
学名:Gehyra mutilata
体長:8~12cm
分布:南西諸島、東南アジア、インドシナ、太平洋の島々、マダガスカルなど


その和名からはまず「え?女だけ?メスしかいないの??」と思ってしまいますが、
メスだけで単為生殖するのは別のオガサワラヤモリ Lepidodactylus lugubris のほう。
(ヤップ島にはオガサワラヤモリもいましたよ)

このオンナダケヤモリは、日本国内では沖縄本島の恩納岳(おんなだけ)で初めて発見されたことに由来した名前なんです。

フトオヤモリ属らしく、幅広の尾が印象的ですね。
若い個体では背中に斑点があるのですが、成長につれ消失。尾はどんどん太くなるようです。
この個体は、かなりの成熟っぷりといえるでしょう。

海外の、特に熱帯地方のホテルに滞在するときは必ず夜、外壁などでヤモリを探す習慣の私。
ちょっとしたネイチャーアドベンチャーなんですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析
関連記事

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2465-f24b27e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)