FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

錦糸町に、マレーシア薬膳スープ登場。「A-1肉骨茶 錦糸町オリナス店」(錦糸町)

2014年1月、十条に登場し話題を呼んだ「A-1肉骨茶」(単に「肉骨茶」とも)が、早くも2号店を錦糸町に出しました。


「A-1肉骨茶 錦糸町オリナス店」

地下1階フードコートの一店として2014年12月6日オープン。
元々「カレーの王様」が入っていた場所です。

元来、肉骨茶(バクテー)は、マレーシアの労働者のスタミナ朝飯といった感じで浸透した薬膳スープ。
豚肉を用いたものは肉骨茶(バクテー)、ムスリム式に鶏を用いたものは鶏骨茶(チクテー)といいます。

こちらのお店では肉骨茶、鶏骨茶(鶏バクテーと表記)のほか、カレーやBAKマン、カレーパフといった独自メニューも展開、フードコートのファストフードとしての利便性をアップしているようです。


★豚バクテー ¥680

こちらマレーシアでいち早く肉骨茶スパイスを商品化、スーパーなどで販売した「A-1」ブランドのバクテーの素を使用。
比較的澄んだタイプのスープで、さっぱりといただける味わい。
それよりも、中に入っている(入りきっていない)豚スペアリブの迫力で満腹感到来!


★鶏カレー(スープ付) ¥680

バクテーで煮込んだ鶏肉を用いたカレーライス。
写真では伝わりきらないですが、かなりのボリュームです。
(骨付き鶏が6本入っている時点でお察しください・・・)


かなりズッシリ濃厚なカレーは、独特の薬膳風味(高麗人参?)。
とにかく腹持ちが凄く、食べ盛りの若者向きといった感じかな。


★BAKマン ¥100

こちらはオリジナル、バクテースープを用いた手作り肉まん。
特に薬膳風味が強いわけではなく、普通に肉まんとして美味しくいただけます。

肉骨茶は基本、薬膳スタミナ料理なので、ヘルシーなはずなのですが、
あんまり調子に乗って食べるとお腹が破裂しそうになるので注意ですよ。

なにはともあれ、東京の東側で肉骨茶がいただけるお店はほとんどないので、これを機会にトライしてみては?

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

A1肉骨茶

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 錦糸町駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2417-0d0367e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)