FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

南海!南海!南海の新店、祖師ケ谷大蔵に誕生。「カレーの南海」(祖師ケ谷大蔵)

なんと!我が愛する「キッチン南海」系列の新店が祖師ケ谷大蔵にできたと聞き、早速行ってきました。

祖師ケ谷大蔵といえばウルトラマン!
ウルトラマンといえば円谷!
円谷と南海ときたら、南海の大決闘!
赤イ竹!
エビラ!
黄色汁をぶっかけろ!

・・・なんてとりとめもないことを考えていたらお店に到着。


「カレーの南海」

オープンは2014年12月。

1965年、神保町で創業した「キッチン南海」ですが、かつては「カレーの南海」という店名だったそうなので、ある意味、原点回帰と言える店名なのかも知れません。

ちなみに「南海」という名前は、南海ホークスから。
看板の緑ももちろん、そのチームカラーです。

オーダーは券売機にて。
メニューはカツカレーをはじめとするカレー、そしてナポリタンをはじめとするスパゲッティに特化しており、他の「キッチン南海」のような定食メニューはありません。
(ヒラメフライもありません)

券売機横の水槽は一見「南の海」に見えるものの、泳ぐ魚はクラウンローチ、ブラックエンゼル、アルビノコリドラスと淡水熱帯魚。
ちょいと面白い感じですね。

さらに店内を見渡せば、ゴルフのポスター、ゴルフのカレンダー、ゴルフパターのミニチュア、タイガーウッズの人形、そしてマスターが被るキャップまでゴルフメーカーのもの。

こちらの店主、ホークスファンというよりは、かなりのゴルフ好きのようですよ(笑)


★カツカレー ¥850
★キャベツ ¥50


おぉっ!
マニア垂涎、見事な南海ブラック!!

「神保町本店」「馬場南海」「向ケ丘遊園店」と並ぶほどの漆黒の輝き。

しっかりとした辛さとネットリ感は、まさに「南海」!「南海」!「南海」!

カツは「南海」としては肉厚なロースを使用。
ジュッとした脂の旨みは、カリッサクッな「馬場南海」とは対極です。


キャベツは別料金の別盛り。
お洒落で品ある街、祖師ケ谷大蔵ですから、ドカ盛りカレーなイメージを避けたのかも知れませんね。
むしろ、ライスをキャベツに変えるヘルシースタイルにも対応しているようです。

とはいえ、キャベツを注文すれば「馬場南海」並みの山盛りなんですけどね!

分厚い肉を使い、キャベツ別料金と、(あくまでも)「南海」の中では料金高めの高級志向。
それでいてカレー自体の存在感は「神保町本店」「馬場南海」「向ケ丘遊園店」と並ぶ素晴らしさです。

素晴らしい飲食店がひしめく祖師ケ谷大蔵にまた一つ、有力なカードが生まれたようですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

カレーの南海

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:カレーライス | 祖師ケ谷大蔵駅成城学園前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2396-054b32fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)