FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

宇田川タイマニア食堂。『パッポンキッチン』 (渋谷)

「タイ現地にはもっと美味しくていろんな料理があるのに、
何故日本にはないんだろう。」


そんな疑問から誕生した、カウンター8席のみの小さなタイ料理店が渋谷・宇田川町にあります。


『タイ料理食べる パッポンキッチン』

アラブ・アフリカ系ダイニングバー『ロス・バルバドス』と同じビルの二階。

ユルい看板に相応しく、非常にカジュアルで気負いのない店内です。


でもよく見りゃバルのように値段が書かれたボトルがズラリ。
ちょっと、普通のタイ料理店とは風合いが異なりますね。

・・・それもそのはず、日本にないタイ料理を紹介しようとこの店を立ち上げたのは、予約の取れないポルトガル料理店『クリスチアノ』の佐藤幸二オーナーと、タイ料理店『ソイナナ』の赤木伸治さんのお二人なんですから。

お店がオープンしたのは2013年12月。
その後シェフの体調不良による休業・スタッフ交代を経て現在はタイ中部サラブリー出身のご夫婦が厨房を担当。
フロアでは日本人のキレイなお姉さんが接客を担当していますよ。


まず出てきたお冷やにビックリ。
ペットボトルとプラスチックコップ!

いきなり気分はタイ屋台的マジックですねぇ。

ランチは日替わりで1000円。
さて、どんな料理が出てくるかなぁ~

★揚げ春巻(ポッピアットート)

ほう、これは妥当なスターターですね。


★南京甘口炒め

お、これはアットホームな感じ。
和風居酒屋のランチで出てきそうなメニューだな・・・と思っていたら、
意外にバジルがビシッと効いてるの。
ちょっと食べたことのない味わいですよ。


★南京生姜とココナツスープ(トムカーガイ)

え、ランチスープがトムカーガイですかぁ!?
日本のタイ料理店のランチスープっていったら、コーンが三粒くらい入ったただの玉子スープじゃないの?

そんな中、ディナーでも提供する店が多くはないトムカーガイの登場で、タダモノジャナイ感がビシバシ。


★米太麺のスパイシー炒め(パッキーマオ)

〆は、というかこれがメインディッシュなんですが、
パッタイやパッシーユじゃなくてパッキーマオなあたりにこだわりと愛を感じます。

「パッタイとかパッシーユなら、あなたたち普段から注文するでしょ?
でも今日のランチはパッキーマオ一択、イニシアチブはこっち。
とにかく美味いから食べてみて。」


・・・ってな感じで。

これで1000円はかなりの満足度。
しかも毎日メニューが変わるなんて、相当腹をくくった気合いですぞ。

★ちなみに2014年12月の日替わりランチメニュー案内です↓


ランチでここまで頑張ってるんだから、夜はさぞ・・・と思ってメニューをチラ見したら・・・

な・・・何すか?この本気度!!!

「電車チャーハン(タイの通勤ファストフード)」「豚の血入り牛出し汁米麺(クイティオナムトックムー)」「ソムタムパラー(発酵小魚を用いたソムタム)」「ジャックフルーツの和え物(タムカノン)」に何故か「築地宮川手羽先揚げ」まで!!

渋谷の夜は「ダオタイ」だけではなさそうです。
カウンター8席、争奪戦になりそうですよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

パッポンキッチン

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:タイ料理 | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2372-6c10caa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)