FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

日本では珍しい、モン族のお店へ突入。「ヤマニャ」(高田馬場/下落合)

ミャンマー料理店ひしめくリトル・ヤンゴン高田馬場。

本日は駅から少し離れた場所にある「ヤマニャ」というお店にやってきました。

高田馬場に数あるミャンマー料理店の中でもこちらはちょっと変わっていて、
なんとモン族(中国ではミャオ族とも)の方が経営されているお店なんです。


高田馬場でいただけるミャンマーの少数民族料理としては、
シャン族、カチン族などの料理があったのですが、モン族はお初。
貴重な存在ですね。

メニューを開けば、モン族料理に加え、シャン族の料理もあるローカルぶり。
かなーり、かなーり、珍しい料理が揃っていますよ。

ワクワクドキドキ!


★ベインネティタナッ ¥750

モン族風ジャックフルーツの漬物和え。
かな~り酸味タップリで思わずむせかえったほど!!
黒胡麻と、ザクザクした揚げニンニクが和えられ、玉ねぎとコブミカンが添えられています。
かなり面白い料理ですが、結構癖になる美味さですね。

ドリンクも変わっています。

★ヤマニャ特製チャチョ・ジンジャーエール ¥400

チャチョ=仙草ゼリーみたいなものと、バジルシードが入った甘~いジンジャーエール。

ひやぁ~これまた未体験の味!


★シャン・カオ・ソイ ¥790

一方こちらはシャン族の料理。他店では「シャンカウスエ」と表記されているものです。
そもそもシャン族はタイのシャム族と同系統の民族なだけに、料理もタイとの関連があり興味は尽きませんね。
しかしこちら、北部タイ名物のカオソーイとはだいぶ仕立てが違って、平たい米麺にピリ辛挽き肉と白胡麻が乗ったもの。
汁なしのジャージャー麺みたいな感じです。

鶏ガラスープが添えられていますが、特につけ麺というわけではなく、別々にいただくもの。

ですが面白いことに、ランチタイムで提供しているシャン・カオ・ソイはスープ麺タイプ(¥680)とのこと。
(ランチメニューはこちら)

昼夜カオソイを食べ比べてみるのも良さげですね。

お会計をしようと立ち上がり、ふと店の片隅のテーブルを見やると、カタカナ&平仮名の練習帳が。
・・・こういうの、キュンときます。

またリピしたいお店が増えました。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ヤマニャ

夜総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 高田馬場駅下落合駅目白駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2346-2ab7975d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)