FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

プーパッポンカリー発祥の地へ、聖地巡礼。「ソンブーン シーフードレストラン スラウォン店」(バンコク)

多分、バンコクで日本人に最も人気のお店のひとつじゃなかろうか。

「ソンブーン」

蟹と玉子のカレー「プーパッポンカリー」発祥の店であり、かの秋篠宮殿下や小泉元首相も訪れたという名店。
今回は中でもバンコク中心地にあり、日本人訪問率も高いスラウォン店へと訪問してみました。

「 ソンブーン シーフードレストラン スラウォン店」
(SOMBOON SEAFOOD RESTAURANT SURAWONG)


本店に次ぎ20年前にオープンしたこちらのお店、4階建てでとにかくデカイ!!

さらに隣には古い洋館風の別館もあったりして、いったいどんだけ儲かってんだか。

まずは文字通りの前菜を。

★パックブーンファイデーン

いわゆる空芯菜炒め。
タイ料理の中でも中華寄りの料理、日本人は好きですよね~

んで、ソンブーンに来てこれを注文しなきゃ、何しに来たのってくらいの看板メニュー登場。

★プーパッポンカリー S/220バーツ M/360バーツ L/1000バーツ

蟹と玉子のカレーとして知られるプーパッポン、元々は蟹をカレー味で炒めただけの料理だったそう。
そこに卵を入れることを思いついたのがソンブーン創始者。
もともと身内間の賄いメニューだったのが、徐々に評判を呼び人気メニューとなったのだとか。

こちらの元祖プーパッポンカリーは蟹が殻ごと贅沢に用いられており、卵はフワッとしつつもしっかりとした味付け。
口の中に広がる濃密な旨みはまさに、日本人好み。

これは誰を連れてきても絶対満足できるわ~

鉄板店の鉄板店たる所以ですね。

ちなみにこの「ソンブーン」、プーパッポンだけでなく様々な海鮮メニューにも定評があって、
特にここのトムヤムクンは根強いファンが多い様子。
私は食べ忘れたんですけどね・・・・


このスープは・・・なんだっけか???
とにかく中華餡かけっぽい味だった記憶。
ここ、やはり中華系というか、華僑系のテイストが濃厚なお店なんですよね。

〆はやはりこちらのデザートで。

★カオニャオマムアン

もち米とマンゴのデザート、通称「マンゴ丼」。
「ご飯にマンゴォォォッ??」なんて拒絶反応を示す人も多いのですが、南国風おはぎと思えばOK。
甘くて美味いっすよ。

バンコクに数店舗ある「ソンブーン」ですが、まぁ一度は行っておいて損のないお店。
間違いありませんよ。

余談ですがこの「ソンブーン」で修業したシェフが千葉県・五香でタイ料理店「ロッサイアム」というお店をやっています。
こちらも流石、海鮮タイ料理が絶品ですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

SOMBOON SEAFOOD RESTAURANT スラヴォン店

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:タイ料理 | シーロム通り / サラデーン駅周辺


関連記事

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2330-b9248b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)