カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

本場蘇州でいただく真夜中の蘇州麺。「虞山羅氏麺館 鲈乡南路店」(江蘇)

蘇州に来たらやっぱり蘇州麺を食うべし!

・・・なのですが、この時用があったのは蘇州の中心部ではなく、呉江エリア。

三大蘇州麺といわれる「同得興」「朱鴻興麺館」「東呉麺館」はいずれも遠く、
真夜中までやっていたこちらのお店へとIN。

sDSC01600.jpg
「虞山羅氏麺館」

國美電器の建物の一階部分で朝5時半から夜中2時まで営業の有難いお店。
後で調べたら、蘇州に何軒か支店があるようですね。

sDSC01596.jpg
夜中一時を過ぎても、お客がチラホラ。

sDSC01593.jpg
注文はレジカウンターでの前払い制。
メニュー表記はオール中国語ですから、変なの頼まないようにしないと・・・

お、「爆鱔面 20元」ってのがあるぞ!これはアレだ!!
以前上海の蘇州麺屋さんでいただいた炒めタウナギの蘇州麺だ!!(「爆」が炒め物、「鱔」がタウナギです)
ちょっとこれは外せませんぞ!!!

・・・けれど、「五香牛肉面 20元」ってのもスパイシーな雰囲気で気になるなぁ・・・

とかなんとか、ジェスチャー交じりで迷っていたところ、「2つで1つにできる」的なことをお店の方が提案。
「じゃ、それで。」と快諾。

ホントにオーダーできたのかな。。。

番号札とともにいただいたレシート。
sDSC01586.jpg
確認してみると「爆鱔面五香牛肉 36元」と記載。
ちゃんと、「爆鱔面」に「五香牛肉」トッピングとなっていますね。
別々にオーダーするよりも4元(麺とスープ分ですね)安くなっているようです。

sDSC01587.jpg
★爆鱔面五香牛肉 36元

おぉぉぉ、これは期待通りのビジュアル!!
真っ黒なスープに博多ラーメンのようなコシのある細麺、余計な具材を一切配したシンプルなスタイル、これがまさに蘇州麺です。

sDSC01589.jpg

強烈な八角の香り・・・っていうか、ホールの八角がゴロゴロ入っています。
「五香牛肉」の威力ですね。
そこに加えて「爆鱔」つまり甘辛に炒められたタウナギがたっぷり。
これがやっぱり、実に美味いんです。

蘇州麺食うなら「爆鱔」、憶えておきましょうね。

sDSC01595.jpg
辛味追加の「醤」も完備。
チビチビと追加していけば、ほぉー!辛麺に変化していきますよ。

いやいや何気に満足度高かったですね。

蘇州麺にタウナギに八角に辛味。
チョイスしたオーダーも大当たりだったと言えましょう。

蘇州に来て蘇州麺食えてホッとしました。


「虞山羅氏麺館 鲈乡南路店」
住所:江蘇省吴江市鲈乡南路与流虹路交叉口(近流虹路) (地図
営業時間:5:30~2:00

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

虞山罗氏面馆



関連ランキング:中華麺(その他) | 蘇州


関連記事

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2326-bab43fb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad