FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ピンクだけじゃない!ミドリのカオマンガイ。「クアンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム」(Bangkok)

バンコクのカオマンガイといえば、多くの人が最初に思い浮かべるのが、「ピンクのカオマンガイ」こと「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」でしょう。
今夏、渋谷に進出したことで一般的にも話題となりました。

「ピンクのカオマンガイ」本店がある場所は、バンコク伊勢丹からラチャダムリ通りを北へ徒歩7分ほど。
橋を渡ったところにあるプラトゥーナム交差点を右折しさらに3分ほど歩いたあたり。

しかし、その道すがら、数軒手前にもう一つ、人気のカオマンガイ屋さんがあるんです。
それがこちら。

「クアンヘン・ガイトーン・プラトゥーナム」

人呼んで
「緑のカオマンガイ屋さん」


店員さんのユニフォームがピンクの「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」に対し、こちらは緑のユニフォームであることからついた愛称です。

タイの店名って、日本人にとって憶えにくい感じですからね。

さてこちらのお店ですが、実はかなりの老舗。
1932年創業ということは・・・もう82年!?

営業時間が長いことで知られる「ピンクのカオマンガイ」ですが15時から17時の間はお休み。
その時間もこちら「緑のカオマンガイ」は開いているので、ピンク目当てだった人も流れ込み結構賑わっているようです。


・・・で、入店してまず驚いたのがこちら。

・・・え、遠藤さん!?

壁にポスターサイズでどどんと貼られた、ワイワイタイランドの記事。

しかも読んでみたら・・・遠藤さんも最初ピンク目当てで来た様子。
みんな同じパターンなんですね(笑)

その後すかさずSNSにUPしたら遠藤さんからリアクションがあっただけでなく、こちらのお店の方とも繋がっちゃいました・・・今や世界中がご近所感覚だ!

さてこちらのお店、カオマンガイ専門店ではあるのですが、サテーや春巻、カヤトーストなどのメニューも注文可。

使い勝手が非常に良いんです。

カオマンガイ自体にも、蒸しタイプ40バーツ、揚げタイプ40バーツ、蒸し&揚げのハーフ&ハーフが50バーツと選択肢が。
ま、こういうときは欲張っちゃうに限ります。

★カオマンガイ(Boiled and Fried Chicken) 50バーツ

あぁ、良いですね。
「ピンク」と比べると、盛り付けはより庶民的。
タレはナムチムの他、スウィートチリも用意されております。

それでは、いただいてみましょう。

「ピンク」の鶏肉がツヤっとプルッとしているとするならば、こちらはギュッと
汁気を抜いた感じ。
逆にライスは少々ウェットで、そのバランスはほんと、色々な意味で庶民感に溢れています。

鄙びた感じ・・・とでもいいましょうか。


特筆すべきはつけダレのナムチム。
さすが「緑」だけあって、グリーンチリの爽やかな辛さが際立っています。
お持ち帰り用のボトルもあったのですが、買って帰ればよかったなぁ。

プラトゥーナムにある二つのカオマンガイ屋「ピンク」と「緑」。
似ているようで方向性の違う2店、どっちが好みか是非食べ比べてみてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Kuang Heng Pratunam Chicken Rice

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:タイ料理 | プラトゥナーム市場周辺


関連記事

テーマ:タイ・バンコク - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2299-7eac4a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)