FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ピンクのカオマンガイ、日本上陸!「ガイトーンTOKYO」(渋谷)

2014年夏、東京のタイ料理界で一番の話題と言ったらやはり、
「ピンクのカオマンガイ 日本進出!」というニュースでしょう。

「ピンクのカオマンガイ」とはバンコクにある「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」というお店。
店員さんがピンクのユニフォームを着ていることからタイ好きな日本人の間で「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれるようになったんです。
日本人がよく立ち寄るラチャダムリ通りの伊勢丹からも徒歩10分圏内で、朝5時半から深夜3時まで、夕方二時間の休憩を挟むのみでオープンしているため、非常に気軽に使える良いお店。
もの凄くハイグレードな名店というよりは、地元の人に愛されるお店という感じ。

それがいきなり日本上陸というわけですから、日本のタイマニア全員が驚いた。

しかも今回はオープン前、直前とパブもしっかり打たれており、SNSやニュースサイトだけでなく、TVや雑誌のメディアも動いたもんだから、大変な騒ぎに。
そもそも「カオマンガイって何?」的な興味から、「ピンクのお店?」っていうネタ性、「あ、俺バンコクで行ったことあるよ!」っていう自慢欲までしっかり擽ることができるんですから、話題にならないわけがないってもんです。


「ガイトーンTOKYO」

渋谷明治通り沿いに2014年7月11日11時オープン。
オープン記念としてカオマンガイが100円で振る舞われることもあり、驚くほどの長蛇の列が。

あまり広くない店内にTVスタッフも張り付いていましたよ。



オープン後も著名ブロガーたちによるレビュー拡散、各メディアの紹介などで客足は衰えることなく、
オープン一週間経っても13時頃には売り切れという、凄まじい繁盛ぶりをキープ。

しかし・・・すべてが良いことばかりではなかったのです。

7月の熱狂の中、有名ブロガー(つまり読モ的な)達の絶賛の裏で、食べログあたりの投稿サイトではレビュー数は伸びても点数が伸びない。
「思ったほどでない」「普通」という評価が意外にも多かったわけです。

つまり、あまりの繁盛、あまりの忙しさの中、果たしてクオリティが安定していたのかが疑問なのと、
そもそもカオマンガイ自体が、「庶民の屋台メシ」であるのにも関わらず、すごいご馳走を期待した人がいたということと。

「これではいかん」とバンコク本店からテコ入れがあったとかなかったとか。

しかし熱狂も少し落ち着いた8月後半あたりから徐々に、「味、良くなったんじゃない?」と言われるだけの安定感が出てきました。
それにともないグルメサイトでの口コミ評価も上昇、面白いもんです。
(こういうレビュー母数が多いお店の場合、食べログも意外と信用できるものですね)


↑こちらの写真はオープン当初のもの。
「ソムタムサラダ」がありますが、現在はありません。
メニューをカオマンガイ一本に絞ることでクオリティ勝負に出たということでしょうか。
裏を返せば「日本でもカオマンガイ一本でやっていける」確信を得たと言えるのかもしれません。

オープンから一ヶ月経ち、少し落ちついた頃、平日午前11:20の店内。

先客は男2:女11。
パブ戦略が当たっているようですね。

メニューはスープ付カオマンガイ(並)800円と(大盛)850円のふたつで迷うことはありません。
(注:訪問当初はオープン価格 並700円 大盛750円でした。)


★カオマンガイ 並盛り ¥800

皮が良い具合のツヤッツヤに仕上がった鶏肉、鶏ガラスープで炊かれたご飯の色、文句ない見栄えです。


このカオマンガイの鶏肉、生姜やパンダンリーフでただ蒸すだけでなく、その後しっかり冷やさねばならないため、意外に仕込み時間がかかるんですよね。


米はタイの高級米ゴールデンフェニックス、日本のキュウリではなくテンクワーが添えられているのが嬉しいですね。

辛味だれ「ナムチム」もニンニク醤油、生姜に青唐辛子がしっかりきいて美味。

そうそう、パクチーは無料なので、どっさりオーダーしましょうね。


この時の感想はシンプルに「美味い」です。

もちろんカオマンガイ自体素朴な屋台料理ですし、気候や食材、価格、そして雰囲気や旅情などタイ本国と同じにはならないのですが、味のグレードとしてはタイ・バンコクの「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」に負けない美味さであると感じました。

今後は東京にもう一店、さらに名古屋、大阪、福岡、仙台、札幌と展開を目論むこのお店、
あくまでもカオマンガイにこだわり、欲張らない庶民の味を追求し続けて欲しいものですね!!

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ガイトーントウキョウ 渋谷

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:タイ料理 | 渋谷駅代官山駅


関連記事

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2247-bc4079d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)