FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

KL深夜屋台の激ウマ牛肉麺。「牛記 Ngau Kee」(Imbi/Bukit Bintang,Kuala Lumpur)~カレー細胞inマレーシア(7)

クアラルンプール夜の楽しみといえば、何といっても屋台めぐり。

一番有名な屋台ストリートといえばジャランアロー(Jalan Alor)ですが、そこから一本奥の通り(インビやブキッ・ビンタン側から見て、です)に、地元で人気の牛肉麺のお店があります。


「牛記 Ngau Kee(ガウキー)」

むき出しの掘っ建て小屋屋台ながら、カラフルな壁やネオンサインがとってもレトロポップ。


実はここ、「マレーシアごはんの会」の音さんお気に入りのお店なんです。
さすが、良いトコ教えてくれますね~感謝!


レンゲまでカラフル。いい味出してます。


壁には年代物のメニュー表が。
指さしながら注文しようとすると、店員さんが『そっちじゃない、こっち見て』ってな感じで写真入りメニューを渡してくれました。
多分、壁のメニューには今提供できないものも入っていたようで。


牛肉麺はサイズの他、汁なしかスープ麺かが選べます。
さらに具となる肉団子(というかつみれというか)を豚か牛かチョイス。


こちらは猪肉丸粉(干撈) RM6.50
つまりは、「豚肉団子入り 汁なし牛肉麺 Mサイズ」。
麺の種類など選べたようですが、そこはデフォルトで注文しました。


細麺のイエローミー(中華麺)の上にドサッと乗った牛そぼろは、濃厚な味わい。
うわぁ、これは癖になる美味さ!!


豚肉団子は魚のすり身と混ぜてるのかな?
ブルッブルの弾力です。


そしてこちらが牛肉丸粉(湯) RM7.50
つまり「牛肉団子入り 牛肉麺 Mサイズ」。

牛骨でとったという、黒っぽくもクリアなスープ。
うんうん、こちらもコクがあって、汁なし麺と甲乙つけがたい美味さですね!!
牛肉団子もすり身的ブルッブル食感。


マレーシアらしいクレイポットに辛味調味料も入っています。
最後の最後にちょっとだけ味変させてみましたよ。




ドリンクはライムプラムジュースを頼んだつもりが、どうみてもマンゴージュース(笑)
ま、この程度のコミュニケーションミスは大したことではありません。

若い店員さんはミャンマーあたりから出稼ぎに来ているっぽく、英語もほとんど通じなかったのですが、
お店の中央で黙々と麺を作っている一見不愛想なオヤジさんが英語だけでなくカタコトの日本語も話せて、助け舟を出してくれたり。

聞けばKLに来るたびここに立ち寄る日本人、結構いるのだそう。
確かに、日本人の味覚のストライクゾーンにズドンと落ちる美味さの牛肉麺。

これからクアラルンプールに行く方には是非おススメしたい屋台メシですよ!!

「牛記 Ngau Kee」
住所:Jalan Tong Shin, Kuala Lumpur, WP Kuala Lumpur 50200, Malaysia
営業時間:24時間

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

Ngau Kee



関連ランキング:中華料理 | ブキッ・ビンタン地区


関連記事

テーマ:マレーシア - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2201-e62bcce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)