FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

祝・鶯谷お初のカレー屋さん。「五感キッチン」(鶯谷/入谷)

山手線の駅でありながら、永らくカレー屋が存在しなかったカレー僻地、鶯谷。
駅前にはラブホと居酒屋ばかりで、「よーかんちゃん」以外に用はない場所だと思っていたのですが・・・

なんと昨年3月にカレー屋が登場していたようです。

駅から山手線を陸橋で渡り、階段を降りてすぐの場所。
もつ焼きや焼きとんで人気の「ささのや」隣り。


「五感キッチン」

面白い名前のカレー屋です。
五感を研ぎ澄まし、入ってみましょう。

カウンター5席の小さな店内。
注文は食券制、お水はセルフサービスです。

どうやら店の一番人気と思しき、こちらの組み合わせに挑戦してみました。

★スパイシー黒カレー ¥550
★もち豚トッピング ¥200
★辛さ増し +¥50


無料の日替わり惣菜2種は、フライドオニオンともやしナムルを選択。

さぁ、五感で味わってみましょう。

「視覚」・・・黒い皿にドミグラスソースの如き黒のルゥ。美味そうであるが、何かしら色彩のコントラストがあればなお良し。

「聴覚」・・・店内音楽はtrf~AKB48。逆に場末感があって良いが、そこに唐突に昭和歌謡が紛れ込めばなお良し。

「触覚」・・・スプーン、皿、コップのいずれかに陶器のゴワッとした触感があればなお良し。

「嗅覚」・・・おそらくスパイスを深く炒めているため、香りはさほど無し。香りに関しては好みなので特に言うことなし。

「味覚」・・・ふむ、ジャンルとしては欧風というか、洋風のカレー。野菜をしっかり煮込んだ甘みを感じます。
辛さ追加したのでちょうど辛さのバランスがとれた印象。

意外に重くなく、サラッといただけるカレーですが、さらに味を立体的にするならば例えば・・・神戸「カウボーイカレー」のようにチョコを隠し味にすればピタッと決まりそうな方向性。

トッピングのもち豚はスプーンで切れる柔らかさながら、脂っぽさはあまりなく美味いです。

鶯谷オンリーワンのカレー屋として、確かに美味しいカレーのお店。
ですが、店名がキャッチーなだけに、まだまだ色々なアイデアが出せそうな余地も感じました。

「なるほど!五感で感じるカレーだ!!」を目指してどんどん進化していってほしいですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル
五感キッチン

夜総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:カレーライス | 鶯谷駅入谷駅上野駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2200-78d2cabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)