FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

吉祥寺ハモニカ横丁のガネーシャが、カレーカフェに転生。「黒猫茶房」(阿佐ヶ谷)

吉祥寺ハモニカ横丁で異彩を放っていた小さな小さなカレー屋さん「ガネーシャ」

2012年に閉店したその店が阿佐ヶ谷になんと、お洒落カフェとして転生していました。

「黒猫茶房」


見てください、この変容ぶり。
黒猫といいつつ、真っ白な内装が哲学的ですね。


★ガネーシャ チキンカリー ¥1000

「ガネーシャ」時代からの名物カレー。
国産の鶏胸肉を用いたサラッとネパーリーな本格派です。
お米は山形はえぬき米・・・何故かカオナシ的トッピング。


★ハーフ&ハーフカリー ¥1100

こちらはチキンと野菜のハーフ&ハーフ。
単品だとチキンが1000円、野菜が1200円。
んでハーフ&ハーフが1100円という価格設定に、なにか強いこだわりを感じてしまいますね。


カレーにはサラダが付いてきます。


★カプチーノ ¥650

フォームミルクでは無く生クリームを使った昔ながらのカプチーノ。
シナモンスティックは安心のブランドGABAN。


★マサラチャイ ¥600

時間をかけて丁寧に淹れてくれます。
生姜は国産、「ガネーシャ」時代からの人気メニュー。

個性とアクが強いお店が集まる阿佐ヶ谷ですが、こちらはカフェ系オシャレ女子でも抵抗なく入れる素敵な雰囲気。
とはいえ、本棚のラインナップなど見るにつけ、やはり「ガネーシャ」から続く中央線的ディープを秘めているわけで。

一見真っ白でありながら、その実黒猫という、まさに「黒猫茶房」なお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

黒猫茶房

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:喫茶店 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/2169-fd74cf5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)