FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

隠れたキッチン南海系。「カレーの店 キッチンヨッチ」(江戸川橋)

深海も好きですが南海も好き!!


江戸川橋「カレーの店 キッチンヨッチ」

店名にこそ表れていないものの、実はここ「キッチン南海」系列の血を引く、いわゆる「南海スピンオフ店」の一つなんです。

ご主人はかつて神楽坂にあった「キッチン ニュー南海」で修行を積んだ方。

「ニュー南海」のご主人は元々、総本山「キッチン南海 神保町店」出身ということなので、こちら「ヨッチ」のご主人は「南海の孫弟子」ということになるのでしょうか。

このご主人、「ヨッチ」をオープンする前は高田馬場「キッチンニュー南海」の店長も務めたようで、こちら高田馬場のお店は現在閉店してしまったようですが、神楽坂時代の兄弟弟子が西川口で「キッチンニュー南海」をやっており、そちらは今も営業中とのこと。

いつかは行ってみたいものです。

さて、こちらの「キッチンヨッチ」、カレーをメインにしながらも、各種洋食メニューを取り揃え。


南海らしいメニューもあれば、そうでないメニューも。


広々とした店内にはミスター背番号3の写真が飾られていたりして、良き昭和の香りが。


★カツカレー ¥750

南海好きのカレーマニアならやはりこのメニュー。
南海系としてはキャベツの盛りは小さいですが、一目みて美味いと判る、グッドルッキング!!

神保町や馬場の南海ほどは黒くないルゥですが、一口食べて・・・お!お!!

驚くべきことに、全ての南海のオリジンである神保町店のカレーとかなり近い味わい!!

一口に南海といっても、暖簾分けしてから30年ほど経つ店がほとんどで、今やその味は千差万別・・・その中で「南海スピンオフ」であるこの店が、一番オリジンに近いとは・・・!!

しかも南海系の中でもけっこう辛口スパイシーな部類。

サクッと、しかし油っぽさの全くない衣のカツもなかなか素晴らしいですね。

これは、南海の追っかけならずとも体験していただきたいカツカレーだなぁ。

奥深き南海の世界。
旅はまだまだ続きそうですぞ。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

キッチンヨッチ

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレーライス | 江戸川橋駅神楽坂駅早稲田駅(メトロ)


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1893-33c4a25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)