FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

原点×行き着いた果て。「シディークAKIBAカレー館」(末広町/秋葉原)

特に何があるわけでもないのに、何故か全員部屋から出ることが出来ない・・・ルイス・ブニュエル監督作品「ブルジョワジーの密かな愉しみ」
この奇妙な映画のようなことは、日常生活でもひょっ、と起こってしまうものなのです。

この日私は幾多の偶然が重なり、何度も食事しようと試みたにも拘らず前の日の夜から何も食べることができずじまい。

食事しようとする瞬間、不意に急用の電話が入り、
早足でお店に駆け込もうとすれば、目の前で閉店すること計7回。

そこまでくると良いネタとして笑いがこみ上げて来るものなのですが・・・

24時間のラマダンを超えたあたりからは、

「いいかげんメシ食いたい!!」

という思いが強くなり、確実に開いているお店向かって進撃!!!

空腹と戦いながら山手線を追い越し、
メイドたちの頭上を八艘跳びしてたどり着いたのはこちら。

「シディークAKIBAカレー館」

年中無休・朝まで営業。
アキバが誇る「カレー不夜城」です。

もともとパキスタン系のお店だった「シディーク」ですが、
多角的チェーン展開していくなかで、インド、タイ、ベトナムにドネルケバブまで、
売れそうなアジアンエスニックなら何でもOKな「カレー界のドンキ」へと変貌。

そしてこの「AKIBAカレー館」は一棟のビルにその全てを詰め込んだ、
まさに「ボリューム満点激安ジャングル」(♪ジャングルジャングルジャングルだぁ~)
何でも揃って便利なお店なのです。(参考:ミラクルショッピング


パキスタン人の上顧客向けに襟を正した「シディークパレス麻布十番店」とは対極にあるお店ですね。
(・・・ってか、その二面性の落差がすごい。)

しかし、あんまりメニューが手広いと、どれ頼んでも外しそうな気がして・・・ねぇ。

・・・なんて、断食明けにはあるまじき尻込み方をしていると、目の前にナイスな情報が!

「創業当時のあのカレーが復活」とな!?

これは頼んでみるしかありませんぞ・・・!!


★復刻 15周年記念メニュー シディークスペシャルカレー ¥900

創業当時のオリジナルレシピによるカレーを復刻。
つまり「シディーク」の原点であるパキスタン系のカレーなわけです。

さて、カレー界を席巻する激安ジャングル「シディーク」の原点や如何に???

・・・お、かなり独特。

トロッとしたカレーはかなり甘辛な仕立て。
そこにショウガがガッツンと効いた、あまり他にない味わい。

パキスタンの大衆レストランの味・・・なのかな??

ある種チープでありながら、いわゆる日本のカレー感覚とちょっとズレた感じが興味深いですね。

全然嫌いじゃない感じです。

う~ん、なるほど・・・

最初はこういう独特なカレーを出していた「シディーク」が、
日本の顧客やマーケットに合わせて無難なカレーを出すようになったり、
タイやベトナム料理も含めた「エスニックレストラン」志向になったり、
はたまたその反動で、パキスタン人向けには「シディークパレス」という別ブランドを立ち上げてみたりと、
いろいろな歩みを辿ってきたことには、非常に考えさせられるものがありますね。

でもそれでビジネス的には成功とされているわけだし・・・

個人的に思うのは、この原点カレー、レギュラーメニューに戻したらよいんじゃないですかね?

「原点×行き着いた果て」

その両方をいつも確かめるという意味で。

なまじ断食明けなモノで、カレー食べている間もいろいろ考えてしまいましたわい。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

シディーク AKIBAカレー館




関連ランキング:インドカレー | 末広町駅秋葉原駅湯島駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1834-5469aca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)