FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

関西スリラン化計画 -その2-「ロッダグループ」・・・グループ企業じゃないよ。(ドーム前千代崎/九条)

今、関西のスリランカ料理が熱い。

2011年から2013年にかけて「ロッダグループ」「ラサハラ」「デッカオ」「セイロンカリー」「カラピンチャ」など、スリランカ人経営、日本人経営ともに本格的な実力派スリランカ料理店が続々オープン。

2011年に閉店した神戸北野の名店「コートロッジ」の穴を埋めるどころか、「スリランカ料理食べるならとりあえず大阪行け」というくらいの盛り上がりを見せています。

まさに「関西スリラン化計画」!!

・・・と前口上は共通に、訪問したる二軒目はこちら。

「ロッダグループ」

知らない人の95%は勘違いするのですが、ここはグループ企業でもチェーン店でもありません。
スリランカ人のロドリゴ兄弟による、れっきとした個人店です。

店長のロドリゴ兄は元行政書士で、日本のサスペンス番組が大好き。
特に好きなのは「赤かぶ検事」シリーズだそうで、日本語をそこから学んだのだそう・・・


★ライオンスタウト

スリランカ料理には欠かせない黒ビール。
世界一美味しい黒ビールかもしれませんね。

この日は金曜日。
金曜夜はいろんな特別メニューが用意されているとのことで、メニューブックにはない品をいろいろ出していただきました。ラッキー!!

★ワデ

南インドではワダ、スリランカではワデ。
ブラックペッパーがガッツリ効いて、ガッチリした食感の男らしい「マサラワダ」です。
ビシッとしたチリチャトニもこれまたGOOD!


★ナンコツ&ズリ

要するに軟骨と砂ずり・・・なのですが、カルダモンやカラピンチャ、シナモンなどが効きまくったビシバシ仕様。
特に軟骨は歯ごたえも充分で、日本人離れした仕上がり(そりゃそうだ)が楽しめます。

そしてメインディッシュはこちら。

★ギャミラサセット ¥1200

「ギャミラサ」とは、郷土料理とか家庭料理とかそんなニュアンス。
ロドリゴ兄弟の出身地キャンディの家庭の味がワンプレートで楽しめます。

ポルサンボル、青菜サンボル、ビーツ、パパドゥ、パリップ、チキンカレーに加え、この日はマンゴーカリーがジョイント。

・・・で、これが興奮モノの美味さなんです!!

どうしても「アーユルヴェーダのカラダに優しい料理」って方向に行きがちなスリランカ料理なのですが、こちらのギャミラサは、辛い!甘い!酸っぱい!全てのベクトルが完全に振り切っている。
その刺激が脳内モルヒネを過剰に分泌させ、なんともいえない心地よさ・・・

ヘルシーといいつつ中途半端な味でモヤモヤするよりは、ここまで振り切った快感の方が健康に良いに決まってる!!

素晴らしく満足な一皿でした。

だって調理中、スパイスを炒める煙で、客もお店の人も全員むせ返っちゃうほどの強烈さですからね(笑)。
こんなの「バンブルビー」以来だ。

食後にもう一杯。

★ホワイトアラック

スリランカ焼酎アラックのクリアバージョンがあったのでトライしてみました。
爽やかな中にもアラック独特の強い香り。美味いです。

群雄割拠の関西スリランカ料理シーンの中、みな口を揃えて「とりあえずあそこは行っとけ」というだけあって、
おそろしくハイなお店。

あとで考えたら、ギャミラサに付いてたはずのミルクティーが出てなかったり、会計が意外にイッチャってたり、「ブリヤニ」を日本人にわかりやすくしようと「ナシゴレン」と呼んで余計解りにくくなっていたりと、突っ込みどころはあれこれあるのですが・・・なにせ料理が美味すぎる!!

私もこれから「大阪のスリランカ料理店、どこ行ったらいい?」と聞かれた時には、
「とりあえずあそこは行っとけ」と、言ってしまうに違いない名店なのでした。

・・・さてさてさて、次の訪問先は「ラサハラ」。
「ロッダグループ」がスリランカ兄弟のお店なら、「ラサハラ」は日本人兄弟のお店なんですよ。
乞うご期待!!

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ロッダグループ

夜総合点★★★★ 4.4



関連ランキング:スリランカ料理 | ドーム前千代崎駅ドーム前駅九条駅(阪神)


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1818-4acdf1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)