FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

松山ソウルフード。「キッチン ライオン」(大街道/松山市駅)

愛媛・松山。

道後温泉に「坊ちゃん」に「坂の上の雲」・・・それくらいのイメージしかない街なのですが、はて、カレー文化はどうなんだろう?
(写真は市内を走る「坊ちゃん列車」)

・・・ということで訪問してきました「キッチンライオン」

創業昭和39年、松山市民のソウルフードとも呼ばれる老舗カレー屋さんです。
(昭和34年創業の「ブルドッグ」というカレー屋さんもあります)

松山市内には創業30年やら50年やら100年やら、長く続いているお店が非常に多いのですが、
このお店の看板にはまた独特の風格がありますね。


奥へと長い店内。
意外にもカジュアルな雰囲気。


メニューを見れば、カレーがズラリ。
ベースのカレーは共通で、様々なトッピングバリエーションがある感じ。


一見普通な食前サラダにも良く見ればイチゴが入っていたり。


★ビーフカレー(ハーフ) ¥570

こちらが基本のカレー。

松山(というか愛媛)の名物グルメは、うどんも焼き鳥もみんな甘めの味付けが特徴。
「甘くなければ流行らない」との言葉もあるほどで、松山のカレーも甘い、と聞いていたのですが、
実際いただくとそれほど甘いものでもありませんでした。

良く煮込まれ、牛肉のコクが染み出したルゥは甘みだけでなくほろりとした苦みもあり、
シンプルで食べやすいなかにも老舗ならではの仕込みの丁寧さが感じられる仕上がり。

戦後高度成長期の、古き良きカレーライスといった風合いに好感が持てます。

流石西日本というべきか、卓上にはソースが置かれており、調味にかけていただくのもオツなもの。


★カツカレー ¥750

庶民派贅沢カレーの代表格であるカツカレーですが、このお店揚げ物のレベルが非常に高いです。
豚ロースを包み込むサクッとした衣はまさに老舗洋食店のそれ。


★海の幸カレー ¥980

海老フライ&帆立フライ&カニクリームコロッケの贅沢仕立て。
どれも実に美味い。
初めてこのお店を訪問して注文に迷ったらこれを頼むと良いでしょう。


★エッグカレー ¥730

こちらも普通のゆで卵ではなく、揚げた玉子を使用。
サクッと美味い衣ですから、意外に満足度が高いです。


★アイスコーヒー ¥250

カレーライスの後はやはりコーヒー。
残念ながら現在はホットコーヒーの提供はないようですね。

街を見渡しても、インド料理など諸国料理は非常に少ない松山の街。
カレー文化の中心はやはり、このお店のようなカレーライスであるようです。


「欧風」「洋風」といった雰囲気をまといながらも、やっぱり「ニッポンのカレーライス」。
東京なんかより、こういった地方都市のほうが本来の「カレーライス」文化が色濃く残っているものなのかもしれませんね。

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ライオン

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:カレー | 市役所前駅松山市駅前駅県庁前駅


関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1719-773d97db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)