FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ローカリティが嬉しいマレーシア料理。「ラサ・マレーシア」(銀座/東銀座)

銀座「ジャイヒンド」と同じビルの最上階に、マレーシア料理のお店があります。
photo:01
「ラサ マレーシア」


photo:02
マレーシア料理店って何となく飲屋街やら、町の外れにあるイメージが強いのですが、
こちらは堂々銀座のど真ん中。

マレーシアとシンガポールで長く腕を振るったベテランシェフ、リヨンさんのお店です。


photo:03
誇らしげに店内ではためくマレーシア国旗。
アメリカの星条旗に似ている理由は「謎」「偶然?」とのこと。

マレーシア料理と一口に言っても、華僑系料理あり、タイ料理に近いものあり、インドの影響を受けたものあり、
また、様々な地域によっても料理のバリエーションは千変万化。

こちらのお店は料理、ドリンク、デザートと、他では見かけない珍しい料理が沢山。
そして面白いことに、メニューに「ケラン風」とか「ペナン風」とかいう、
それぞれの料理のローカリティがしっかり記載されているんです。

眺めているだけでもマレーシア料理の多様性を楽しむことができますね。


photo:10
しかも・・・ほとんどの料理に「オススメ!!」マーク(笑)
逆にマークがついていない料理が気になってしょうがありません。


photo:04
シラップリマウ ¥525

バラのシロップジュースにレモンを加えたもの。
まぁ、薔薇です。薔薇。かなりスッキリした味。


photo:05
アンパン風 あつあつ鉄板豆富 ¥1365

中華とも、東南アジア料理ともつかない不思議な料理!
ギュッと固い豆腐とひき肉、ミックスベジタブル、そして生玉子が濃厚ソースの上でジュウジュウ。
ちなみにアンパンはクアラルンプール郊外に位置する町。
だからかどうかはわかりませんが、ちょっと下町っぽい味わいが楽しい一品。
(お値段は銀座価格ですが・・・)


photo:06
パンコール風 フィッシュヘッドカレー ¥1890

一番人気のメニューだそうです。
火であたためられた土鍋でのサーブ。
ですが汁気が少ないため、量はそれほどではありません。


photo:08
見てください、この巨大なタイの頭!
他にオクラや茄子が大きめカットでゴロゴロ。
カレー自体はタマリンドの酸味がかなり効いていて、どことなく南インド料理のような風合いです。
他のマレーシア料理店で今までいただいたフィッシュヘッドカレーとはだいぶ違う味わいですが、
南インド料理も好きな私としてはこれはこれで嬉しい!

ちなみにパンコールとはリゾートに人気の離島だそうです。


photo:07
イポー風地鶏釜飯 ¥1470

地鶏たっぷり、椎茸たっぷり。
ネットリとした食感とおこげのガリガリ感がたまりません。
味はかなり濃く、時折出てくるホールペッパーもスパイシー!
これは締めに最高な一品だなぁ。

イポーはマレーシア第二の都市で、人口の7割が中国系なのだそう。
なるほどなるほど。



photo:09
ラサ特製バナナ春巻き ¥578

これまた独特なデザート。
揚げた春巻きの皮はギュッと固く、砂糖漬けのようになっています。
細かく砕かれたピーナッツがブワッとかかっていて、
どことなく中華菓子のようですね。

ちなみにお通し代は¥300。
リッチな立地だけあって、お値段は総じて安いとは言えないものの、
興味深い料理がたくさんあり、どれもしっかりとした味付け、辛いのが苦手な人も大丈夫と、
アジアンなおもてなしにはぴったりな良い店ですよ。

↓一日一回。クリックはこちら
    

ラサ マレーシア・シンガポール料理東南アジア料理 / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1534-717926b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)