FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ケープマレーカレーの衝撃。「DIPROMATIC BAR&RESTAURANT」~南ア特集11

★不定期連載「Curry & Wild Life.~南アフリカ特集」★
  ⇒目次はこちら。


南アフリカ・ケープタウン。
古くから東西貿易の要衝となった港町らしく、街にはインド料理店があったり(Tajグループが進出していました)、
エチオピア料理の店があったり、はたまた寿司屋ではタイカレーが出てきたりと、スパイス料理文化もかなり国際的。
しかし・・・

せっかく南アフリカに来たのだから、南アフリカ独自のカレーをもっと食べたい!

正直、日本では南アフリカのカレーに関する情報などほぼゼロ。
ぶっつけで南アフリカへきたわけですが、ここまででいただいた現地特有のカレーといえば、
超絶シーフードレストラン「Muisbosskerm」でいただいたtripe curry くらいかな?
(しかしアレは美味かった!)

というわけで、ケープタウン現地民への聞き込み開始!


photo:01
どうやらRobotieというカレー料理があるらしい・・・甘く酸味ある肉のカレー料理ということで・・・!!
しかし一体、どこでいただけるのか???

とりあえず、繁華街Long Streetへ。
観光ガイドにも載っている、比較的有名なアフリカンレストランへと行ってみました。


photo:02
「THE AFRICA CAFE」

ベタな名前です・・・しかも休業しとるし・・・

しかし、不思議なことにあんまりガッカリはしなかった。
よく考えたら、ガイドに載ってるような店に行っても、新しい発見はそれほど無いでしょう。

「もっと、誰も行ったことのないディープな店へいけ!」

カレーの神様がそう囁いている気がしました。

実際、カレーの神様というのはいるもので、
Long streetでズールー族の民族雑貨を買いあさっていた時、目の前に現れたお店がここ。


photo:04
「THE DIPROMATIC BAR & RESTAURANT」

これがなんとまぁ、現地のカレーを出すレストランだったわけですよ!!



photo:03
観光客相手の気取った感じが全く無い、完全なる路面店。
けど、なかなか良い雰囲気です。
photo:01
photo:02
photo:03
photo:04
メニューを見るだけでワクワクしますね~



photo:05
Barと銘打つだけあって酒類も豊富。
見たことのない銘柄の生ビールがあったので注文してみました。



photo:06
STELLENBRAU


オランダかどこかのビールかと思ったのですが、
実はケープタウン郊外にあるステレンボッシュ STELLENBOSCHの地ビール。
香ばしいエールタイプで実に美味い!!
これは絶対日本では味わえない楽しみですね。

さて、料理に進みましょう。

スターターメニューにある、「うんぽここ」という名前のサラダが気になるぞ!!

「うんぽここひとつ!」(もちろん英語で)

店員さん「うんぽここ30分ほど時間かかる!」(もちろん英語で)

・・・それではスターターにならないので断念。
メインのカレーをいきなり注文しちゃいましょう!!!

・・・待つこと5分。一皿目が登場。


photo:07
・・・ん?これがカレーかい??

店員さん「RED BEANS サービスね。」(もちろん英語で)

あぁ、なるほど!
しかしこれ一皿で満腹になるほどの量だなぁ・・・

・・・さらに待つこと5分。二皿目が登場。


photo:08
・・・ん?これはカレーじゃないよね??

店員さん「SALAD サービスね。」(もちろん英語で)

あぁ、うんぽここじゃないのね。

・・・さらに待つこと10分。

店員さん「ドリンク、追加は?」(もちろん英語で)

いやいや、それより早くカレー作ってくれい(笑)

・・・さらに待つこと15分。つまり注文から35分。
(だったら、うんぽここも注文できたね。)

ついに待望のカレーが登場!!!!

・・・・!!!

なんだこのビジュアルはっ!!!



photo:09
Chicken Curry
70ランド(約700円)


これは初めて見るタイプのカレー!!!
南アフリカに来てよかった!!!

カレーの横に見える白い物体はPap(パップ)といってトウモロコシから作った主食。
見た目はまるでインドのイドゥリそのものですが、食感は意外にモチモチ。
ふわっとしたお餅のようでそのままでも充分美味しいですよ。

そしてカレーは煮込みに煮込まれ水分がかなり飛んだ濃厚な味わい。
骨付きチキンに野菜がゴロゴロ。
かなり、美味しいです。

聞けばこのカレー、現地では「マレーカレー」と呼ばれる料理で、
欧米人がマレーシアからひっ連れてきたムスリムのシェフに作らせていたカレーが元なのだそう。

18世紀にはマレーシアも、このケープタウンも、どちらもオランダ領でしたからね。
こうしてこの地に根付いたスパイス料理を「ケープマレー料理」と呼び、
カルダモンやクローブ、シナモン、ターメリック、アニスシードなどをよく用いるのが特徴なのだとか。

なるほど・・・南アジアからマレーシアに渡ったムスリムの料理が、
今度はアフリカの最南端にわたって独自の進化を遂げていたとは・・・旅先で飛び込んだ小さなお店で大変な勉強をしてしまいました。



photo:10
Lamb Curry
70ランド
(約700円)

こちらは同じくPapとあわせていただくラム肉のカレー。
見た目も味わいも先ほどのチキンカレーと似てはいるのですが・・・
こちらは「マレーカレー」とは呼ばないのだとか。
あくまでもチキンを用いたときだけ「マレーカレー」だそうで・・・難しいですね。

photo:01
濃厚なグレービーにラム肉の旨み、そしてたっぷりのスパイス使い。
まさに日本では食べることのできない絶品カレー!!!
今記事を書いていても、思い出してまた食べたくなってしまいます・・・・
ちなみにカレーリーフのように見える葉っぱはなんと、キャッサバの葉!!
マレー発祥でありながらも、しっかりアフリカしてるあたり、ビリビリ痺れちゃいます。

ガイドブックにも無く、事前情報も無く、ただ直感で入っただけのこのお店でしたが、
これぞまさに、大当たり。
カレーマニアなら、ここのカレーを食べるためだけに24時間かけて南アフリカに来ても損は無いでしょう。

ただ・・・この国の調理はどこもスローですから、時間の余裕だけはたっぷりと、ね。


★不定期連載「Curry & Wild Life.~南アフリカ特集」★
  ⇒目次はこちら。


↓一日一回。クリックはこちら 
 


THE DIPROMATIC BAR & RESTAURANT

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:カレー(その他) | ケープタウン

関連記事

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1501-aabd0be3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)