FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ベロンティア・ハッセルティ

久々の熱帯魚記事。
本日はとても渋くて魅力的なマニアック・アナバンデッドのご紹介。
photo:01

ベロンティア・ハッセルティ
学名: Belontia hasselti
最大長: 15cm
原産地: マレー半島・スマトラ島・ボルネオ島


体型はColisa属のグーラミィ、色彩はまるでクテノポマ・ウィークシーかチョコグラで、よく見ると腹ビレの先にはダトニオみたいなフィラメントが二本。

まさに色々どっちつかずな、シフゾウ的魅力に溢れています。

しかし状態が上がるまでは薄褐色単色の地味な魚。
ショップでその魅力がどこまで伝わるでしょうか・・・

空気呼吸可能なアナバンデッドの仲間らしく、高温や酸欠には比較的強いようで、飼育に関して特に気にすることはなさそうです。
同属のコームスケールパラダイスはなんと他魚の眼を狙って攻撃する悪癖で有名ですが、このハッセルティはそのようなことはありません。
同種間では小競り合いをしますが、性格は荒すぎるということもなく、温和ということもなく、レオパードクテノポマやドワーフグーラミィのような感覚で混泳が可能です。
要はバランスですね。

餌は赤虫から人工飼料まで、浮上性から沈下性までなんでもよく食べます。
ただ、体格の割に口が小さいため、大粒の人工飼料は呑み込めず、餌をやっているつもりで痩せさせてしまうことがあるので注意。

よく見るとスズメのように可愛い、良い魚ですよ。
見かけたら是非!

↓一日一回。クリックはこちら
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1473-06dd995f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)