FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

目に見えている世界全てが真実ではない・・・それを証明します。

タイトルはなんだか、映画「マトリックス」のような世界ですが、
いいえ、現実の世界の話です。

何を現実と呼ぶかにもよりますが・・・

我々が見ている世界は全て、目と、脳を経て認識されます。
目をカメラ、脳をコンピュータに置き換えると、
カメラで取り込んだ画像をコンピューターで認識、処理できて初めて、
「実際に存在するもの」として視覚化されるのです。

ただし、目と脳にも機能的な限界があります。
全ての「もの」を正確かつ確実に認識できるわけではありません。

実際にはPCの世界だけでなく、現実世界にも「バグ」というものは発生し、
しかし我々はそれをバグと認識できないだけなのです。
なぜなら、「目と脳が認識する世界が本当の世界」だと信じ込んでいるからです。

そこで今回は、
日常に発生するバグのうち、わかりやすい例をいくつかご紹介します。
一般に「錯視」と呼ばれているものです。

1. ホロウマスク錯視

お面の裏側の凹んだ顔を普通の凸面の顔として知覚する錯視。
目の錯覚だと分かっていても、脳が自然に凹面を凸面ととらえてしまう・・・
その現象をまずは下の動画で体験してください。



いかがでしょうか?
ちゃんとお面の裏を凹んだものとして見ることができますか?

人間の脳は視覚世界を解釈する際に、
実際に目に見えるもの(ボトムアップ処理)と、
過去の経験に基づいて予想されるもの(トップダウン処理)の2つの方法を統合させて世界を構築します。

トップダウン処理では、膨大な記憶のライブラリの中から類似するビジュアルを瞬時に照らし合わせることが行われており、脳内のライブラリにおいては顔面というものは全て凸面で構成されているため、
「凸面にちがいない」とまず脳がトップダウンで判断してしまうと、
実際に目に見えている三次元の奥行きなどは完全に無視されてしまいます。

そう、私たちが見ている世界の半分は、今見ているものではなく、記憶のなかの映像なのです・・・。

見えたかどうかわからない人影を、
ステレオタイプな幽霊や河童、宇宙人グレイなどの姿で認識してしまうのも、
このトップダウン処理によるものと考えられます。

ちなみに統合失調症の患者や、泥酔状態の人、ドラッグの影響を受けている人はこの錯視を起こさず、
凹んだ顔を凹んだ顔として知覚するそうです。
それはトップダウン処理とボトムアップ処理がうまくコラボレート出来ないためだと考えられています。


2.ドラゴンイリュージョン

次は、紙でできたただのペーパークラフトと目が合うと、
見つめられ続け目線をそらすことができないという、
「呪いの人形」のような話。

まずは動画で試してみてください。



これもホロウマスク錯視と同様の逆遠近錯視の一つ。
気になる人は、実際にこのドラゴンを作ってみてください。

→「Dragon illusion」

このサイトで文中の「download」をクリックするとペーパークラフトが実際にダウンロードできます。
やってみるときには片目をつぶるとより効果が高いですよ。


3.シルエット錯視

まずは「スピニングダンサー」という動画をご覧ください。
ダンサーはどっちに回っているでしょうか?



実際には奥行きのないただのシルエットなのですが、
脳が「勝手に」奥行きを加え、左右いずれかに回るダンサーへと作り替えてしまいます。

ダンサーが時計回りに見えると右脳派、
反時計回りだと左脳派という話もありますが、定かではありません。

左右の回転を脳内で自在に切り替えてみるなど、ちょっとしたトレーニングにもなりますね。


・・・どうです? これはほんの一例。
あなたが見ている世界はつまり、あなたの脳が作っている世界にすぎないのです。


・・・目に見えているもの全てが真実、とは決して言えませんよね。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner
関連記事

コメント

5. 残念ながら…

携帯で見てるため動画が見れませんでした(汗)

  • 2009/04/12(日) 12:10:44 |
  • URL |
  • kein3650 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

4. ほ~

お面の凹が途中からどうしても凸に見えますね
ドラゴンもダンサーも言われたとおり
ちなみにダンサーは時計回りに見えました(^^)

いつも興味深い話題でびっくりさせられます(^・^)

  • 2009/04/12(日) 12:10:12 |
  • URL |
  • sakayasan #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

3. わぁ・・・

ホントウだ!!!
すごいですね、錯覚って!!
お面は、1回目は余裕で凹んで見えたのに、
2回目以降だんだんそう見えなくなってきました(苦笑)
ドラゴン減少、音楽室の肖像画とかでもよくありますよね。
すごく怖かったのを思い出しましたっ(笑)

へぇ!!!ですね、すごい♪

  • 2009/04/11(土) 11:13:24 |
  • URL |
  • saya 宇田川さや香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. ペタありがとうございます<_ _>

凄く面白いです!見入ってしまいました。。。

これからも、勉強させて頂きます♪

  • 2009/04/11(土) 10:01:18 |
  • URL |
  • 十兵衛 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

1. 無題

さすがプロはちがいますね。
思わず家族にも見せちゃいましたよ。

視覚のこういうの、大好きです。
おもしろくて。

  • 2009/04/11(土) 06:42:09 |
  • URL |
  • こぴこぴ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/146-87540715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)