FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

カレーの聖地「ニューキャッスル」66年の歴史に幕。(銀座一丁目)

photo:04
カレーの聖地「ニューキャッスル」が本日2012年7月31日をもって66年の歴史に幕を閉じます。


photo:01


photo:02


photo:03


建物の老朽化と、昨年の震災による地盤沈下が原因だそうで、再開の予定はないそうです。

実はここ、私にとっては、東京で初めて通った特別なカレー屋さん。
その詳細は過去記事にて。
⇒『カレーの聖地「ニューキャッスル」(銀座一丁目)』

photo:05
昭和21(1946)年、焼け野原だった銀座のこの地でGHQから仕入れたコーヒーを提供し始めたのがこの店の始まり。

以来、他に類を見ない「辛来飯」(カライライスと読みます。)と美味しいコーヒーを提供し続けてきました。



photo:06
「辛来飯」の量は京浜東北線の駅名で表現されています。



品川 ¥480

大井 ¥530

大森 ¥630

蒲田 ¥740




品川はおやつ程度。

大井は「ハーフサイズ」、

大森が「少なめ」の、
蒲田が「普通盛り」と見ておけばOK。


なお、ガッツリ食べたい方は裏メニューとして「ツン蒲 ¥840」(蒲田の先へツンのめる)があります。



photo:07
写真は「ツン蒲」に目玉焼きを2個で「ツン蒲ダブ玉」

究極裏メニューです。



photo:08
フルーツと野菜を煮込んだ濃厚スパイシーな味わいは、まさにオンリーワン。



食後には210円のホットコーヒーを頼みましょう。

世界で一番美味しいコーヒーは、
「辛来飯のあとに飲むコーヒー」なのですから。


photo:09
最初の数口はブラックで。
スパイシーな辛来飯の残り香との稀有なコラボを楽しみながら。



photo:10
次にクリームを入れて。

乳脂肪分で胃はスーッと落ち着きますが、スパイスによる幸福感は消えることはありません。


この東京カレー文化遺産を食することができるのも、あと一日。


先代の笑顔、店頭黒板のダジャレ、アメイジングなお手洗いへの道筋・・・
何もかもが今、大切な思い出と変わろうとしています。



photo:01
長い間、本当にありがとうございました。



↓一日一回。クリックはこちら

関連記事

コメント

1. 残念ですね

非常に行きたかったのですが、
仕事で忙殺されて行けずじまいでした。
最後召し上がられたんですね~!

こういった貴重な前時代の遺産がなくなるのは
本当に悲しいですね・・・

  • 2012/08/02(木) 00:36:47 |
  • URL |
  • samurai #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1418-62fb1b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)