FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

都電でぶらり、西ベンガル。「コルカタキッチン」(庚申塚)

都電荒川線庚申塚駅から徒歩30秒。「コルカタキッチン」
photo:02
その名の通り、西ベンガル州の州都、コルカタ出身のシェフのお店です。

ベンガル料理のお店といえば、まさに極めつけともいえる名店「Puja」、画期的なベンガルビストロ「ディルセ」、
バングラディシュの名店「ルチ」といったあたりがマストではありますが、
こと西ベンガル料理のレストランといえば「Puja」以外とんと見当が付きません。
(あと、西荻窪のインド居酒屋「ミルチ」とかかな。)
店名で言えば「グレートカルカッタ」やら「スパイスマジックカルカッタ」なんかも「っぽい」のですが、
実際には北インドや南インドのカレーを出してたりするし・・・・
photo:03
ということでこの「コルカタキッチン」、その西ベンガル度は如何に・・・???
photo:04
手作りチーズサラダ ¥500

おっと、これはパニールのサラダ。味付けサッパリでとてもおいしいです。
西荻窪「ミルチ」でもおつまみのパニールがありましたが、こういう食べ方、ベンガルでは多いのでしょうか??
photo:05
ホームスパシーチキンカリー ¥800

骨つきタンドリーチキンがゴロゴロっと入ったスペシャルカレー。
ベースはサラサラながら、結構スパイスが入っており「スパシー」。
ふんだんに用いられたカスリメティの香りも芳しく、いわゆる北インド系レストランのクリーミィなカレーとは全くの別物ですね。
photo:06
タンドリーチキンを入れているあたり、純粋なベンガルカレーというよりレストラン仕様のカレーなのでしょうが、
その味付けや仕上がりには、おっ、という輝きを感じますよ。
photo:07
クレープナン ¥400

メニュー名が面白かったので頼んでみました。
本来ベンガルカレーにはご飯が合うのですがね・・・・
プレーンナンとどう違うのか、考えながら食べていたら、実はサイズの違いだとか(笑)。
しかし、フワッとした食感、甘みのある生地に塩気がプラスされた仕上がりはなかなか秀逸であります。
ナン好きも大満足かと。

メニューを見る限り、基本はやはり、日本にあるインド料理レストランのもの。
が、時折垣間見えるベンガル流。
・・・実はベンガル名物ホワイトカリーもメニューにあったのですが、残念ながらこの日は作れないとのことで残念。

食後シェフとお話していると、「メニューはレストラン料理にしているけど、予約すれば「本物の」ベンガル料理も作りますよ!」との強いお言葉。
「でも凄く辛いから大丈夫かな~?」っていうことらしいので、これはちょっと期待が持てる感じ(笑)

今回いただいた料理でも、調理技術の確かさは伝わってきたので、さてさて、次回はベンガル料理を予約してみることにしましょうか!

実に楽しみなお店を見つけちゃいましたね。

↓一日一回。クリックはこちら

コルカタ・キッチンインド料理 / 庚申塚駅新庚申塚駅西巣鴨駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメント

1. 本場ベンガル料理行きたい!

声かけて~~~!
ここで食べた時インドのミュージカルの話になって、あちらのDVDもらっちゃったw

  • 2012/06/13(水) 07:43:56 |
  • URL |
  • 遊香 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://currycell.blog.fc2.com/tb.php/1368-7124fc66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)