FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

「気」に負ケズ。「ザ・タンドール 平和島店」(平和島)

地名というのは非常に面白いもので、その土地の歴史や、由縁がどうしようもなく刻まれているもの。

地名の印象は知らず知らずのうちに人の心に影響を与え、土地の栄え方にも影響を及ぼしていくため、
時に改名をせねばならないことも多々あります。

「亀梨」⇒「亀有」
・・・「無し」では縁起が悪いため江戸時代に改名。

「灰野良」⇒「自由が丘」・・・元々は火山灰で作物も実らない野良地。
そもそも丘ですらなく周囲より低い土地。これ、東急によるイメージ戦略。

などなど。

そういう事を鑑みれば、そもそもポジティブすぎる地名は逆にウラがあると読むべきで、
そこでこの「平和島」、いったいどんなウラがあるかといいますと・・・

実は1939年に埋め立て開始されたこの人工島、戦時中は連合軍捕虜を収容する「東京捕虜収容所」
敗戦により日本が占領された後は、東条英機などA級戦犯を収容した場所であったのです。

平和への祈りを込め、後に「平和島」と名づけられたこの場所、現在では工業用地となって一定の平和を保っていますが、
どこか荒涼としているのはやはり、この場所が元来持つ「気」によるものなのでしょうか。

photo:03
「本格インド料理 ザ・タンドール 平和島店」

神田に本店を持つ「ザ・タンドール」の新店。
どういう経緯でこのような場所に店舗を出すことになったのか・・・それはわかりませんが、なかなか勇気あるチャレンジ。

一方、近隣の人々としては「なんでこんな店がここに来てくれたんだろ?」と嬉しい限りなのではないでしょうか。
photo:04
店内、タージマハールの横にエベレストの写真。
それだけででわかるのです。
ここ、ネパール人のお店ですね。
photo:01
ベイガンキーマ ¥900

茄子と挽き肉のカレー。
突出したものはないけれど、香りもしっかりしていてバランスの良い仕上がり。
美味いですよ。
photo:02
チーズナン ¥450

チーズをナンの上に乗せて焼いたタイプ。
ちょっとピザのようでもあります。
ちょっと焼きが入ったチーズの香ばしさ、これはこれで美味しいですね。

この辺鄙な土地(失礼)にしては、料理も非常に良心的な出来栄え。
もっともっと客が来れば、お店にも活気が出て良くなっていく感じを受けました。

平和島という土地の持つ荒涼とした「気」に負けず、立ち向かっていくこのお店はちょっと応援したい。
近隣の皆さん、また何かの用で近くに立ち寄った皆さん、是非この店を利用してみてくださいませ!!


↓一日一回。クリックはこちら
 

インド料理 ザ・タンドールインド料理 / 平和島駅大森町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

祝!4周年!「カイラス・ヴィラ」(人形町/水天宮)

ニーマル・ラージ・ギャワリさん。

ニーマルヨガのカリスマ・マスターにして、ネパール料理店「カイラス・ヴィラ」のオーナー。

そこに集まる、多種多様な人々の、多種多様なパワーときたら、まさに尋常ではないのです。

ヨガ、音楽、ダンス、映像、ジャーナリズム、アキバからオーストラリア、アフリカまで・・・

まさにカイラス・ヴィラ=神々の集う山。
photo:09
この日はお店の4周年パーティー。
ニーマルさんはじめ、各界の刺激的な皆様が集っての特別な宴。

集まった顔ぶれも特別なら、出てくる料理も特別。
photo:01
この日のメニューはニーマルさん自らが考案したもの。
photo:02
ベジなるヨギックフードのオンパレードなのです。
photo:03
ベジタブルモモ
アルパコラ

肉の入っていないモモ、しかしソースがかなり刺激的!
モチモチの皮も癖になります。
アルパコラはジャガイモのフリッター。
こちらはフワッと優しい味です。
photo:04
アルカリー
マッシュルームカリー
ダルマッキーニー
ベジタブルビリヤニ

なんといってもビリヤニの色彩の美しいこと!
黄色とオレンジに染まったお米、フワッと素晴らしい仕上がりです。
photo:05
ナンももちろん美味しいのですが・・・・
photo:06
カイラスヴィラといえばこのロティ。
相変わらずのめちゃウマです。
全粒粉の香ばしさ、程よい歯ごたえ、自然な甘み・・・
何もつけずにどんどんお替り出来ちゃいます・・・やばいですね。
photo:07
ラスマライ

ミルクから作る甘いデザート。
photo:08
4周年を祝って、民族楽器の演奏、矢野デイビッド氏による素晴らしいトーク、フラメンコ、などなどのイベントが。
それぞれ接点がないように思える人々、振る舞いが、気がつくとどんどん繋がっていくという不思議。

確かに、この場所には何ともいえない力があるようです。

スパイスを巡る魂の旅は、ヨガによる魂の旅と見事にクロスオーバーしていくのですね。

合掌。


☆過去の訪問記事
⇒『初訪問。「カイラスヴィラ」』
⇒『ネパールベジ尽くし。「カイラスヴィラ」』

↓一日一回。クリックはこちら
 

カイラス・ヴィラ  (ネパール料理 / 人形町、水天宮前、浜町)★★★★ 4.5