FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

継ぎ足しカレー、再始動。「トレド」(飯田橋/神楽坂)

ハートのある店が好きだ。

単なる人情論ではない。

料理なんて繊細な手仕事には、作り手の微妙な心理が全て反映されてしまうと思うから。
photo:01

「二丁目食堂トレド」

神楽坂途中にある真新しいビルの一角にある洋食屋。
photo:02

が、よく見ると創業は1972年。

photo:04

実はこのお店、名物「継ぎ足しカレー」とともに学生たちに愛された老舗だったのですが、2009年に閉店。
37年間継ぎ足し続けたカレーもそこで完売終了してしまっていたのです。

2011年6月、お店が復活するにあたり、継ぎ足しカレーも復活。
継ぎ足しはゼロからのスタートとなりました。
photo:03


photo:05

photo:06


photo:07

エッグカレー ¥850

継ぎ足しカレーにゆで玉子がオン。
見るからに優しげなカレールゥ、実際食べて見ると想像通りのまろやかさ。
野菜やフルーツ、豚肉の繊維や味が溶け出して、なんともヘルシーな食感となっています。
photo:10

そしてちょっと意外だったのが、食べ進むにつれ、喉がカーッとしてくること。
そう、意外にもスパイシーなんです。
辛口とまでは行きませんが、ただ緩いだけのカレーでないことは確か。
流石40年来の想いがこもったカレー。
これから継ぎ足し継ぎ足し年月を重ねていくことでこの味はどんどんコク深く、奥深くなっていくのでしょうね。

photo:08

セットについてくるのはサラダと・・・
photo:09

デザート。
昭和な香りのコーヒーゼリーでした。
ささやかに、ノスタルジィ。

壁を見渡すと、早速有名人のサインが。
誰かと思ったら俳優・山本太郎ではないですか!
これ以上ない、熱いハートの漢。
まさにこの店にピッタリです。

ご馳走さまでした!

↓一日一回。クリックはこちら
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

2丁目食堂 トレド 定食・食堂 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


和名って、ややこしい。ベニヒダタケ

日比谷公園脇の道路にあった切り株に、あまりに鮮やかな黄色のキノコを発見。
photo:02


黄色・・・厳密には山吹がかった黄色が美しいこのキノコ。

名前が何とも意外。

ベニヒダタケ
学名:Pluteus leoninus
分布:北半球各地
発生時期:初夏~晩秋

なんとも、鮮やかな黄色が印象的なこのキノコの名前に「ベニ」とは如何に?

・・・どうやらこのキノコ、
成熟するにつれて傘裏のヒダがうっすらと紅色がかってくるのだそう。

photo:03

よく見ると写真の奥のキノコは黄色も抜け、そこそこ紅色がかっています。

なるほど・・・と言いたいところですけど、
あまりに鮮やかな黄色という特徴を差し置いて、この名前はないですよね。

・・・と、さらにややこしいことにこのキノコ、ウラベニガサ科に属するのですが、
その名の通り、この科のキノコはみんな傘裏が紅色がかるのが特徴なんですね。

つまり、

傘裏が紅色がかるのが特徴のウラベニガサ科に属しながら、

傘裏が紅色がかるのが特徴で名づけられたベニヒダタケ。

というわけ。

種の特徴を何も表現していない、悲しい名前であるといえますね。

かたや学名はleoninus=「ライオンのような」。
この方がよっぽど黄色い特徴を表現していますよ。

さてこのベニヒダタケ、
広葉樹の枯れ木、しかも腐食が進んだ朽ち木に発生するキノコで、
なんと食用OK。

あっさりした味で食感が良く、どんな味付けにも合うのだとか。

・・・私は試してみませんよ。

だれか、食べてみたい人いませんか?

↓一日一回。クリックはこちら

にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

blogram投票ボタン

渋谷タイ化計画、進行中。「シリパイリン」(渋谷)

2011年、タイ料理の新店ラッシュに湧く渋谷。

大本命「ダオタイ」を筆頭に、「タイガーデン」など、それぞれのお店のレベルもなかなかのものです。

そんな中、渋谷センター街の奥の奥に2011年10月1日オープンしたのがここ、「シリパイリン」です。
photo:01


「シリパイリン」・・・

水道橋の「バンセーンアロイチンチン」に引けを取らないほどツッコミたくなる店名ですが、今日はやめときましょう。
photo:04

店内はさすが新店、美しい。
なんとも高級感があります。

が、価格は案外良心的。嬉しいですよね。
photo:02

シンハー ¥630

このお店のウリは「タイのホテルシェフが作るタイ料理」。
早速行ってみましょう!

photo:03

ラーブ ムー サムン プライ タイ ¥900

豚のラープ。
特に何か言ったわけではないですが、
最初まろやか、後からじわじわ辛い。
これはなかなか良いですよ。
photo:05

ゲーン マサマン ¥950
タイ米 ¥200

牛肉とピーナッツ、ジャガイモの入ったイスラム式カレー。
見た目はシンプル&オシャレですが・・・
食べてビックリ、めっちゃ辛いよ!
と言っても唐辛子のホットさではなくて、なんとめっちゃ塩味ソルティーなんです!
photo:06


酒呑み用のカレーだなぁこりゃ(笑)
イスラムなのに焼酎に合いそうです。

ヒーヒーヒー。

というわけで、ラープはオススメ。
ゲーンマサマンは酒のつまみならオススメ、といったところ。

他に客がいなかったのがチト気になりますが、
シリでパイでリンな強みを活かして頑張って欲しいものです。
(言っちゃった)

ご馳走さまでした!

↓一日一回。クリックはこちら
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

blogram投票ボタン



シリパイリン タイ料理 / 神泉駅渋谷駅