FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ミャンマー新型スネークヘッド第二弾!!夢幻血班雷龍 「チャンナsp.ファイヤーアイズ」

ミャンマー発新着スネークヘッド第二弾!!

しかも今度のコイツはタダモノではありません!!


FLYING ROPEFISH!
チャンナsp.ファイヤーアイズ
学名:Channa sp.
別名:アイスファイヤースネークヘッド
最大長:不明
原産地:ミャンマー

FLYING ROPEFISH!
この種の特徴はなんてったって、この瞳を縁取る真っ赤な色彩。
日本より先に流通していた中国ではその衝撃的なビジュアルから、

「夢幻血班雷龍」

という、とてつもなくファンタジックな名前が付けられていました。
まるで漫画の世界・・・

日本での多い流通名「アイスファイヤースネークヘッド」はつまり、
何のことは無い「アイズ→アイス」の読み間違いからできたもの、だそう。

FLYING ROPEFISH!
各ヒレの色彩パターンは先に紹介したビルマレッドフィンスネークヘッドチャンナsp.ファイヤーエッジと同じ。
この個体はまだ色が薄いですが、調子が上がるとエッジが赤く染まります。

FLYING ROPEFISH!
導入当時は非常に臆病で、ヒーターの下でじっとして全く動かない子でした。

FLYING ROPEFISH!
餌をやってもこのとおり・・・

しかし3週間ほどたち、ようやくココロを開いてくれたようです。

FLYING ROPEFISH!
悠然と泳ぐ夢幻血班雷龍。

FLYING ROPEFISH!
体型はスチュワートとドワーフの中間くらい。

FLYING ROPEFISH!
特徴的な顔の模様は、
赤を塗った感じというよりも、
もともと真っ赤な顔に褐色のメイクをしていたのが割れて、
中の赤が見えてきたという感じ。
地割れで赤いマグマが出てきた感じですね。

FLYING ROPEFISH!
あまりに特徴的なビジュアルですが、
実はビルマレッドフィンスネークヘッドやファイヤーエッジなどと同種と思われる幼魚にこの赤い隈取模様がみられる個体もいて、同種のバリエーションもしくは近縁種の可能性など、関連が示唆されています。

うちのチャンナsp.ファイヤーエッジの顔にも薄く赤がのっています。

FLYING ROPEFISH!
この個体は15cmほどの中型個体。
これから色が揚がってくるのか、それとも少し色が薄めの個体なのかは判りませんが、
なにせ貴重な種。
今後も経過報告を続けますので、どうぞよろしく。

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner

「サモサ」の日替わりカレーライス(内幸町)

都営三田線内幸町駅からすぐ。
JR新橋駅からも徒歩10分そこそこの場所にある小さなカレー屋。
FLYING ROPEFISH!-SN3E0322.jpg
ここのウリは手軽さ。

日替わりカレーはたったの500円。

店内で食べれる他、テイクアウトも出来ます。
周囲がオフィス街なこともあり、この安さ、ランチ時には重宝でしょうね。

狭い店内はまさにファーストフードの造り…
といっても日本のではなくて現地の…。

客はおらず、インド人とおぼしき女性店員がテーブルに腰掛け英字新聞を読んでいるだけ。
うーん、えもいわれぬ気だるさに、ここが日本だという事を忘れてしまいそう…。

さて、本日の日替わりカレーライスは「オクラとチキンのカレー」
FLYING ROPEFISH!-SN3E0321.jpg
オレンジ色のルーがどことなく「サムラート」風。
そう言えば店のコンセプトもちょっと近いか…。
ライスは意外と多め。500円でこの量は十二分ですね。

ルーは見た目よりスパイシー。
チキンは良く煮込まれて柔らかいですね。
ライスは少しもちゃっとしています。
女性店員は相変わらず英字新聞を読んでいます。

食しての感想は、500円ならなかなか良心的。
ファーストフードでインドカレーが食べれると考えたら、ちょっと良いでしょ?

ただ、トイレのゴミ箱にストローの包み紙が大量に捨てられていたのはムムム…。
あと、トイレにハイヒールが脱ぎ捨てられていたのも謎。
やっぱりここ、日本とは微妙に別の国です…。

カレーを食べ終わり、お勘定をお願いしようとしたら、
英字新聞を読んでいた女性店員はいつの間にかおらず…。
レジも無いのでどうしようかと入り口前に立っていると、
厨房から若い男性シェフ(やはり多分インド人)がいい笑顔で、
「アリガトウゴザイマシター!!」と挨拶。

うーん、さっきの女性店員よりこのシェフのほうが接客に向いているのでは?

と思いつつも、女性店員は全然戻らず、
シェフはさわやかに微笑みながらも自らお会計する気はなさそうだったので、
しかたなくカウンターに500円を置き、店を出ることにしました。

…東京の、しかも真昼間でありながら、
初めての国に旅行したときの心もとなさをバーチャル体験できる貴重な店でした!


サモサ 新橋駅店
東京都港区西新橋1-16-1 三栄ビル1F(地図)
TEL:03-3502-9220
営業時間 11:00~23:00
定休日 無休
 →ホームページ(割引チケットあり)

人気ブログランキング参加中。
いつもクリックありがとうございます。
クリックはこちら

FLYING ROPEFISH!-ranking banner


サモサ 新橋駅店 (インドカレー / 内幸町、新橋、虎ノ門)
★★☆☆☆ 2.5


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コウタイ ギャラクシータイプ ~2 ~

銀河のように銀ラメがびっしりと入ったコウタイ一号。
(前回の記事はこちら
FLYING ROPEFISH!
自慢のヒレをぴんと張って、毎日状態最高です。

FLYING ROPEFISH!
近づくと、すぐ餌を覗う貪欲ぶり。

FLYING ROPEFISH!
スネークヘッド屈指のマッチョな顔つき。
(不細工という方もいますが・・・)
水の上に手をかざすとすぐ飛びつきます。
噛まれるとそれなりに痛いです。

FLYING ROPEFISH!
息を呑むほど美しいこの魚、
飼育環境は・・・特大プラケース。以上。

ポンプも、フィルターも、ヒーターもなし。

乱暴な飼育と思われるかもしれませんが、この種に限ってはそれで充分。
水は多少濁っていたほうが落ち着くし、
そのパワーと勢いで飛び出したり、ガラス面に激突して脳震盪を起こすことを考えたら、
プラケースが一番なのです。

ベビーから飼育して2年と3ヶ月。
まさにベタ慣れで、リビングに普通に共存。
人間への反応も上々。
これぞ真のペットフィッシュですね。

FLYING ROPEFISH!
大きなヒレ。
オスではないかと思われますが、
定かではありません。

FLYING ROPEFISH!
手前味噌ですが、
このコウタイほどど派手な個体は未だかつて出会ったことがありません。
末永くお付き合いしたいものです。


なお、うちにはもう一匹、珍タイプの「レッドコウタイ」もいますよ。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

クロコガネ

FLYING ROPEFISH!
クロコガネ
学名:Holotrichia kiotonensis
最大長:15~20mm
原産地:本州,四国,九州,屋久島,対馬
出現時期:5~7月

真っ黒な体色と、分厚くずんぐりした体型が特徴のコガネムシ。
似た種にオオクロコガネがいますが、本種は上翅に光沢があることで見分けられます。
成虫は広葉樹の葉などを食べ、幼虫は土中で草木の根などを食べます。

FLYING ROPEFISH!
黒い体には点刻があり、

FLYING ROPEFISH!
前翅には縦隆条があります。

基本的には夜行性で、昼間見かける個体は動きがかなり鈍く、
容易に捕まえることができます。

FLYING ROPEFISH!
捕獲すると、後ろ足を緊張させて上に伸ばす謎のポーズに。
ヨガ?

FLYING ROPEFISH!
しばらくそのままにしておいても、まったく動かずこのポーズのまま。

FLYING ROPEFISH!
ひっくり返してみます。
腹側の体毛の生え方が、どことなくカブトムシを彷彿。
そう、カブトムシもコガネムシの仲間。
同じ仲間で、同じ黒色なのに、
このクロコガネとカブトムシ、随分扱いが違いますよね。
まあ、渋くて味わい深いコガネムシです。

最後にただ一つだけ言えること、それは、

クロコガネなんかで記事を書くブログなんて、
ウチくらいでしょうね。


●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

「香麗屋(かれいや)」の天ぷらカレー!(三軒茶屋)

三軒茶屋にあるカレー専門店「香麗屋(かれいや)」。

FLYING ROPEFISH!
ここの名物はやはり、天ぷらカレー
カレーと天ぷら、果たして合うのかどうか、前から気にはなっていたのですが、
今回はじめて行ってきました。

店内は10席のカウンターのみ。
しかしスペースはゆったりしていて、まるで人気のラーメン屋みたい。
食券制なのもラーメン屋っぽいですね。

厨房ではおじさんが一人で全てを切り盛りしています。
天ぷらは注文を受けてから揚げるので、10分程の待ち時間はしょうがないですね。

さて、今回セレクトしたのは…

FLYING ROPEFISH!
鳥野菜天ぷら盛合せカレー ¥1150
辛くも出来るようですが、今回はカレーと天ぷらのマッチングを試すという意味でノーマルにしてみました。

器もやはり和風。スプーンのかわりに蓮華を用いて食べます。

FLYING ROPEFISH!
ルーは家庭のカレーライス風。トロミがあり、
独特のフルーティな甘味の中に薬膳風のほのかな香りが感じられます。
辛くはありません。
なんとなく・・・クルルカレーにも似ているような・・・。

FLYING ROPEFISH!
天ぷらはなかなかのボリューム。
衣は薄く、天かすたっぷりの天ぷらと言うより、サクッとしたフリッターといった感じ。油がルーに溶け出さない為の工夫が感じられます。
特に美味しかったのが鶏肉の天ぷら。柔らかく、ボリュームがあって食べごたえも充分!
食後にはワンドリンクが付いてきます。
もちろんホットコーヒーで一服。

食してみての感想ですが、天ぷらとカレーの違和感は全くないですね。

蕎麦屋に普通にカレーライスがあるように、そもそもカレーライスはれっきとした日本食なのだということを再認識しました。
想定された胃もたれもなく、意外と食べやすかったです。
毎日だときついですが…
ちなみにメニューには普通のカレーもありましたよ。

最後にこの店、禁煙じゃないので、嫌煙家にはキツいかも。
その点だけご注意を。

カリー専門店 香麗屋
東京都世田谷区三軒茶屋2-15-14ABCビル108(地図)
電話:03-3418-5545
営業時間:11:00~23:00
定休日:火曜

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

香麗屋 (カレーライス / 三軒茶屋、西太子堂、若林)
★★★☆☆ 3.2

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ニホンヤモリ

FLYING ROPEFISH!
ニホンヤモリ
別名:ヤモリ
学名:Gekko japonicus
最大長:10~14cm
原産地:本州、四国、九州、対馬、屋久島、朝鮮半島南部、中国大陸東部

東京都練馬区の神社境内にて採集したニホンヤモリの幼体。
脱皮不全で皮に引っかかっているところを拾い上げました。。
頭から尾までの全長は6cm程、まだ赤ちゃんの部類ですね。
今年はじめて見かけたニホンヤモリですが、
あらためて見るととても魅力的な生き物です。

まずは環境に応じて目まぐるしく変化する体色。
FLYING ROPEFISH!

FLYING ROPEFISH!
FLYING ROPEFISH!
カメレオンにだって負けてません。

FLYING ROPEFISH!
アップで見ると体の表面は無数の突起で覆われており、
周囲の環境に質感を溶け込ませることに成功しています。

FLYING ROPEFISH!
指のアップ。
ヤモリが壁にへばりつくのは、吸盤の仕組みなどとは違う凄い能力によるもの。
ヤモリには足一本あたりなんと50万本もの細かい毛が生えており、
それによってファンデルワース力という分子間引力を発生させることで、壁に張り付くことができるのです。
この能力はナノテクノロジーの分野では非常に注目されており、新しい接着剤などの開発に貢献し始めている様子。

FLYING ROPEFISH!
目。瞼はありません。
これは彼らが夜行性であることを示しています。

このニホンヤモリ、和名も学名も日本の生き物という意味ですが、
実は元々日本にいた爬虫類ではないらしいのです

その一つの裏づけとして、自然純度の高い原生林などではこの種は生息しておらず、
人里近くにしか分布していません。
恐らくはるか昔、大陸から運ばれてきた木材などにくっついて日本に渡ってきたのでは、
と言われています。
とはいえ、ある程度の昔から日本にいるため、外来種という扱いにはなっていません。

FLYING ROPEFISH!

古くから、灯火の下で虫を食べてくれることから「家守」と呼ばれてきたこの種。
現在飼育下でも、Sサイズのコオロギ、ハニーワームを元気に食べています。

外国の珍しい爬虫類もいいけれど・・・ニホンヤモリの魅力、あなどりがたいですよ!!

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

テーマ:爬虫類 - ジャンル:ペット