FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

町中華の洋食のような風情のインド料理。「サムンドラ」(綾瀬)

綾瀬で地元に愛されるインド・ネパール料理店。


「サムンドラ」

有り難い通し営業のお店です。
サランドラとかカサンドラとか穏やかじゃない連想してしまう店名ですが、雰囲気は穏やか。


というか、エキゾチックな大衆食堂感。
インド・ネパール料理だけでなくタイ料理も置いています。
というか、そっち推しかってくらい目立ちます。
一生懸命書いたカタカナに心和みますね。


★チキンべリャニ ¥850

べリャニ!べリャニ!
もちろんビリヤニを指してはいるのですが、実際は炊き込みではなくフライドライス。
ナポリタンに用いる鉄板での提供です。

コメはバスマティを用いフワッと感はあるものの、辛さ・スパイス感・香りは極々控えめ。
おかずがないとキツいかも知れません。

ということで、こちら。

★マトンブナ ¥550

ベンガル系のお店などで出てくるスパイシーな羊肉カレー煮込み、マトンブナ。
けれどもこちら、いわば肉野菜炒め。
カレー味ですが、辛さはほとんどなく優しい味付けです。

なるほど、雰囲気だけでなく、料理も大衆食堂的アレンジがなされているわけだ。
町中華で洋食メニュー頼む時のような、独特の風情ですね。

けれどだからこそ、地元人気があるのかも。
現地料理を忠実に再現しても、結局はお客さんが受け入れるかどうかが肝心ですものね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ネタでは決して終わらない、魅惑の酒と料理。「昔のベトナム」(綾瀬)

東京メトロ千代田線終点の綾瀬。
その高架下で気になりすぎるお店を見つけました。


「昔のベトナム」

ええ、これが店名です。


先日「フォーおいしい」というベトナム料理店にも行きましたが、この直訳シリーズ、なんだか心揺さぶりますね。


お店は二階建て。
明るい雰囲気です。



まず、見て欲しいのがメニューブック。
日本の変なマーケティングの影響を受けず、提供する側の愛が詰まっています。

食材や種類で分類されたたくさんの料理。

バサに、


うなぎ(タウナギ?)に、


愛の鍋。


各種さらだに、


親子生春巻やらウニ生春巻やら、


ババーチェやら!




アホみたいに魅惑的なメニューが目白押し。

なんとワクワクするメニューブック!
これは・・・もう通いたい!

メニューを見た時点で既に名店確定なのです。

そして、追い討ちをかけたのがカクテル。

★ベトナムのモスコミュール ¥450

うるち米から作ったベトナムの蒸留酒ルアモイを用いたモスコミュール。
ジンジャーの刺激とルアモイ独特の香りのダブル攻撃で最高オブ最高。
モスコミュール好きとしてはこの意外な進化に感動。
これを飲むために再訪確定!


★サザエの揚げハム ¥560

豊富なハムメニューから渋めのこちらを選んでみました。
フランス植民地時代の影響でハム文化豊かなベトナム。
けれどこちら、アジアっぽさが凄いです。

福井の油揚げみたいにスカスカッとした表面。

そして確かに練り込まれたサザエのキュキュッとした食感。

フランス人はビックリするんじゃないかしら?
もちろん、酒のつまみに最高です。


★カムバック ¥450

ガッツ石松主演映画ではありません。
黒もち米から作ったベトナムのお酒ネップカムを用いたジンバック。
紹興酒のような甘みが魅惑的です。

この店、カクテル本当に美味いなぁ。


★バサさかなヌクマム揚げ ¥790

バサ=basaは学名Pangasius bocourti。
パンガシウス属のナマズで東南アジアの重要な食用魚です。
この魚種だけでメニューのワンコーナーあるの最高。

カリカリに揚がった膨よかな白身。
濃厚なニョクマム味の餡がかかっています。
はぁ、いろんな味付けで食べ比べたいなぁ。

この日は単独訪問につき沢山はいただけなかったのですが、麺もご飯ものもホントは食べたい。
けれど完璧なカクテルと最高の肴で、店名のインパクトだけにとどまらない魅力を発揮してくれました。

次は何人かで飲み会したい!
スタンバイよろしくお願いします。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

西新井大師で西ベンガル料理に舌鼓。「エパレット」(大師前)

東武鉄道大師線というマイナー路線にはじめて乗りました。
西新井駅から大師前までたった一駅のこの路線、何が凄いかって・・・

改札も切符もないんです。



東京では珍しい無人駅。意外と立派ですね。

さて、なぜこちらへ降り立ったか?

目的地はお寺ではなくこちら。


「エパレット」

なんとこちら、西ベンガル料理のレストラン。
同じベンガルでも国境を挟んだバングラデシュ料理のお店は錦糸町を中心に増えてきているものの、インド側の西ベンガル料理といえば町屋「PUJA」をはじめほんのわずか。
東京では無人駅並みに貴重な存在といえます。


シェフのカン・サゼドさんは西ベンガル・コルカタ出身。
15歳からシェフの道に入り、南インド・バンガロールなどのホテルで修業ののち来日。
現在31歳の若さながら、シェフ歴15年超えの腕利きです。

そしてもう一人お店の看板となるのは、店長の真理子さん。

お店は真理子さんとご両親を加えた家族経営で、お店を包む雰囲気がアットホームきわまりない。
この時点でもはや死角なし。


真理子さんが抱えるこのワイン、どこかで見たマークじゃありませんか?


★キングフィッシャー 赤

そう、インドのビールといえばキングフィッシャー。
けれどこちらビールじゃなくワイン。
実はこれ、キングフィッシャーが南アフリカで生産するワインなんです。置いているお店、なかなかないですよ。

さて、お料理。
この日はお店の常連さんにお声がけいただき、おまかせコースを堪能!

まず出てきたのはこちら。
青汁?いえいえ。

★ラッスン ダニヤ ソルバ

実はこちら生姜とブラックペッパーが効いたダニヤ(パクチー)スープ。
落ち着きますね。


(写真上)
★パプリ チャット

アジョワンシードを用いた揚げ衣にミント&ヨーグルトのソース。

(写真下)
★ジャール マサラ ムリ

話題のお米ソナマスリから作ったポン菓子。
青唐辛子が効いてスパイシーですね。


★カチュンバ サラダ

サラダ、なんですがここまでで一番辛いです(笑)
刻みキュウリに紛れて青唐辛子たっぷりなんですもん、たまりません。


★ラッジャ ポティベグン

「ラッジャ」はシャイ、「ポティ」は女子、「ベグン」はナス。
つまり直訳すれば「恥じらう女子のナス」。
ドキドキしながらいただきましょう。
(後日「ロッジャボティは植物の名前です。葉に触れると恥ずかしそうに葉を閉じます。」という情報をいただきました。ネムノキかオジギソウの仲間のことと推測されます。確かにしおらしく恥じらう女子のような風情がありますね)


なるほど、ナスにジャガイモや玉子を混ぜマッシュし、ナスの皮に戻して揚げたもの。
ミント&タマリンドチャトニをつけていただきます。
これはまるで「茄子コロッケ」、親しみやすい美味さです!

さ、いよいよやってきますメインプレート。
ベンガルといえば魚、魚といえば白ワイン。

★キングフィッシャー 白

どん!

こりゃ見ただけで堪らん!

★トゥック マーチ
ドライマンゴーのアムチュールで酸味をつけた魚カレー。
魚は贅沢に鯛を使用で、旨味と酸味のダブルパンチ!
なかなかのインパクトです。

★バスマティライス
あわせるのはバスマティ。

★ボグラ ブラ サブジ
ベジタリアンのお祭で提供されるサブジ。
混ぜて味を優しく抑えるのに有効ですね。
(こちらも後日情報が。「ボグラ ブラ ショブジでなく、ボグ・ラブラ・ショブジとなります。ボグの意は、神様への食べ物。」とのことです。本文はお店の表記そのままにしておきます。)

★コーサ ムルギー
鶏の胸&モモ肉をふんだんに用いたスパイスフルなカレー。こちらもなかなかパワフル!

色彩の素朴さに反して、辛い、酸っぱい、旨いがはっきりした、華やかなレストラン仕様の西ベンガル料理。
こりゃあなかなかのものだぞ。

さらに、デザートにも抜かりはありません。

★ドゥドゥ プーリ ピータ

スプーンを入れてみてビックリ。

持ち上がった!

こちら「スージー」つまりセモリナ粉を固めてスイトンにしたようなデザート。
(こちらも情報が。「さいごのデザート名だとスジのスイトンではなく、米粉の皮にココナッツやジャガリーなどを詰めたものが正解です。」とのこと。実際に食したのはセモリナ粉のデザートでしたので、本文ではお店からの情報を元にしておきます。)

モッチモチの食感がクセになりそう。


場所的になかなか気軽にいけるわけではないですが、また来たい!と思わせてくれるステキなお店でした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

エパレット



関連ランキング:インドカレー | 大師前駅江北駅西新井駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

独特のカレーフランス。「アヤセベーカリー」(綾瀬)

綾瀬「シータラ」のすぐ近くにある、対面式の可愛いパン屋さん。

「アヤセベーカリー」

こういうパン屋見つけると、目がズームレンズになってショーケースを見つめてしまいます。

「カレーパンあるかな・・・?」

あ、ありました。
それもちょっと変わったやつ。

ラスイチ早速購入です。


★カレーフランス ¥220

油で揚げず石窯焼きで仕上げたカレーパン。とのことですが、何せ見た目がカワイイ。
ほどよく柔らかいフランスパン生地で仕立てたカレーパンの上に、これまたフランスパンのラスクが乗っているんです。

フランス尽くしですね。

カレーはとろっと甘め。
パンとラスクの食感の違いで、とても楽しくいただくことができました。

多分人気なので売り切れ注意ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
アヤセベーカリー



関連ランキング:パン | 綾瀬駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

綾瀬のインド料理店でスープカレー。「シータラ」(綾瀬)

「シターラ」と言えば格式高き高級インド料理の名店ですが、伸ばす箇所がひとつ違うだけで、こんな牧歌的な響きになるのですね。


「シータラ」

どうにも植木等感のある店名ですが、風情ある外観がとても可愛いです。


隣には別棟の建物もあるのですが、どうやら席数をがーんと増やしたようですね。


「広くなります」⇒「広くなりました」


いや、でも本棟だけでも充分な広さがあるんですけど・・・・

店員さんはたぶんインド人。
メニューにはモモがあったので調理班にはネパール人もいるのかな?


★スープカレーセット ¥785

こういう店の「スープカレー」は当たりが多いんです。
なぜなら「日本人はバターチキンが好き」というテンプレートに対する、彼らなりのアンチテーゼだから。
「日本人はクリーミィなの好きだしそれも美味しいけど、お米で食べるならこういうのも美味しいよ」
なんて、自分たちがホントに美味しいと思ってる味を提供していることが多いんです。
もちろん、「北海道スープカレー」とは別物ですよ。


そしてこの日も大当たり。
皮付きの鶏むね肉にたっぷりの野菜、ちょっと北海道スープカレーを意識している感もあり。
やはりこの手のタイプはしっかり辛口が美味いですねー


また、ライスがちょっと面白くて、一見ふつうの日本米ターメリックライスなんだけど食感がフワフワしてるんです。
短粒インディカをブレンドしてるのかな?
それとも炊き方?それとも・・・?
お店の方に聞けなかったのが残念ですが、いずれにせよカレーによく合いますね。


皮に炙りの入った鶏肉も食べ応え充分。
この辺はきっとネパールのセンスだな。

ということでなかなかいい感じのスープカレー。
二棟全部満席になることがあるのかどうか不明ですが、使い勝手の良いお店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

シータラ



関連ランキング:インドカレー | 綾瀬駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad