FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名古屋インドカレーの原点。「タンドゥール」(名古屋)

名古屋駅地下ミヤコ地下街。
独特の雰囲気をもつ名古屋カレーの老舗。

「タンドゥール」

名古屋駅近辺で初めてインドカレーを提供する店として、約40年前にオープン。

ベースはおやじさんがインドで教わった家庭料理。
「現地シェフのレシピに忠実に30kgの玉ねぎを炒めることから始まる手づくりのルゥ」は、今やどこにもない、この店独特のカレーとなっています。


ちなみにタンドール窯はなし。
店名はインド現地の空気感を表現した「イメージ」なのでしょう。

カウンター向こうには、ネクタイ締めたマスターのしゃんとした立ち姿。

2日かかる仕込みをバトンタッチしながら数人のスタッフで回しているそうです。


カレーメニューはシンプル、辛さを選ぶだけ。


★インドカレーとご飯[辛口]¥800

やって来ました「あのカレーポット」で!

まず驚くのは圧倒的な量の玉ねぎ。
それ以外に固形具材はなく、野菜の旨味とスパイスで押すヘルシーなカレーです。
特にクローブとカルダモンら結構効いており、いわゆる「薬膳」感抜群。

なるほど、流行りのカレーのような華やかさやファーストアタックの派手さはないけれど、この味はずっと飽きずに食べられる味だ。何歳になっても。
辛口もビックリする辛さではないので、ビビらずオーダーしてオーケー。

そして、この店で忘れてはならないのがチャイ。

★チャイ[マサラ]とビスケット ¥450

なんと、オーダーを受けてスパイスをすり鉢で挽き、一杯ずつ牛乳で煮出すところから作るチャイ。
用いるスパイスはシナモン/カルダモン/マサラから選べます。
んでこれがまた、ズシッと存在感あるチャイ。
添えられたビスケットも、昔は手作りしていたのだとか。

年月をかけ磨かれてきた不動の定番には、流行り廃りに流されない強さがある、そう実感できるお店。

最新トレンドだけでなく、その土地で愛され続けるカレーとの出会い。
それもまた遠征の楽しみなのです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

イミズスタン伝説のメガネ兄貴、愛知に降臨。「インターナショナルビレッジ」(飛島村)

富山県で幾多のパキスタン料理店を渡り歩き、射水を「イミズスタン」と呼ばれるパキスタン料理の聖地にまで押し上げた天才シェフ、通称「メガネ兄貴」ことカムランシェフ。

彼がなんと富山を離れ、今度は愛知県に潜伏との情報。


お店の名前は「インターナショナルビレッジ」(凄いな)。

所在地は・・・飛島村??

最初「あすかむら」と空目しましたがよく見りゃ「とびしまむら」。
名古屋と三重県の間にある、鉄道のない土地です。
こりゃまた・・・

しかも電話がなくて、営業してるかわからない!!

なんとか名古屋の方にクルマを出してもらうことに成功、早速有志で潜入調査開始!!

名古屋中心街からクルマで50分。

広がる田園風景、地平線。
どことなくイミズスタンにも似た風景のなか、現れたのはこちら。


どう見ても塀で囲った工事現場なのですが・・・


風にたなびくパキスタン国旗!

・・・ここ? これがお店なの??


特に看板もなく、工事関係者入り口みたいなのが開いてるだけ。

いいんでしょうか、入っちゃって。


塀の内側にはコンテナを積んで作った建物が。


・・・あ、足元に開店祝いの鉢植え。

やっぱりここなんだ。


恐る恐るコンテナの中に入ってみます・・・

コンテナの中にはテーブルが並び、たしかに食堂。
良かった、営業してました。

壁にはインド、バングラデシュ、ミャンマー、ネパール、スリランカそしてパキスタンの国旗。


「Welcome! 国際村」

そう、ここが確かに、
「インターナショナルビレッジ」!!


テーブルなしの座敷席も。

しかしなぜ壁紙が白樺なのだろう・・・

さて、本日のメニューはこちら。

(国旗の前にぶら下がるハエ取り紙が妙な現地感。)

英語綴りはだいぶ適当でありますが・・・いろいろあります。

ちなみにお店への到着は日曜の16時。
この時点でメガネ兄貴の姿はなし。
聞けば「17時ころ戻ってくるよ」とのこと。
どうやらお店自体は通し営業でカムランさんは15時17時の間は休憩タイム、という感じみたい。
ですから我々のオーダーを最後にメニューは次々売り切れに。
再仕込みは17時からとなるわけですね。


サラダは野菜がフレッシュ。


ほどなく料理が登場。
うぉぉ・・・


★EGG CHANA ¥750

チャナ豆と玉子のカレー。
とにかく驚いたのはチャナの柔らかさ、そして芯まで染み込んだ濃厚な旨み。
ちょっと初体験レベルです。


★PLAK GOST ¥850

ちなみに綴りは原文ママ。
パラックゴーシュト、つまり青菜と羊肉のカレーですね。
一見オイリーに見え、実際香りたっぷりの油が楽しめるのですが、驚くほど爽やか。
これがカムランマジックですな。


ロティに、


ナン。

カレーを頼むとどっちゃりついてくるあたりは、イミズスタン方式。
特にロティはクセになる美味さです。
余ったらテイクアウトね。

そしてドドンとやってきました。

★CHICKEN BIRYANI ¥850


このビリヤニ、素朴に見えて香りがヤバイです。
クローブ、ブラックペッパー、そして柑橘香がスワーッと鼻に抜ける爽やかさ。
シットリかつフワッとした食感も素晴らしい。
神戸「アリーズ ハラールキッチン」のビリヤニをも髣髴とさせますね。

ランチ仕込みの残イチでこの美味さ、炊きたてだとどれほど凄いのか・・・


★COCA COLA ¥\150

ビリヤニにはやっぱりコーラですよね。

そして、本日最もインパクトあった一皿がこちら。

★MUTTAN SOOP CARX \1000

原文ママ。
聞けばどうやらマトンスープカレーとのことでした。


見よ!この大艦巨砲主義!

これぞ肉食国パキスタン!!

なんで腕まくりしていただいたのですが、食べてビックリ。

物凄く繊細なんです。

タップリの玉ねぎが溶け込んだサラサラなスープはまるでフレンチのブイヨン。
そこに羊の肉と随の旨味がタップリ染み出しているわけですね。

これは意表を突かれた。
高級ホテルのフレンチディナーで3500円くらいで出されても普通に納得してしまいそう。

ヤバいヤバい。

そうこうしているうちに、神のご帰還。


メガネ兄貴ことカムランシェフ!!

相変わらずのお茶目っぷり。
そしてめっちゃよく動く!!

調理、配膳、客とのコミュニケーション、流石のスピード感。
まさに風のようですね。

気が付くと目の前にデザートがありました。

★ザルダ

米で作ったパキスタンの甘いデザート。
カムランさんからのサービスです。

もうほんと、天国ですねここは。


料理に用いる唐辛子やハーブは、なんとこの敷地内で栽培。



まさに郊外ならでは。


ナンやロティを焼くタンドーリ窯はコンテナの外にありました。
籠るもんね。


敷地内には、他にもコンテナがたくさんありました。



これらを使って、ファミリールーム(ムスリムが家族で楽しめる個室ですね)をつくっていく予定だとか。


一角にはシャワールームまでありました。
まさにここで暮らせる「村」ですね。


ビリヤード台も準備中。
ビリヤーニ食べながらビリヤード、なんて粋もありですね。


時はマジックアワー。


ここは一体、どこの国なのだろう???

不思議なトリップ感を堪能しました。

帰り際、妙に電飾が施された建物があったのでよくみたら「名古屋港モスク」。
やはりモスクあるところ、美味いパキスタン料理ありですね。

それにしてもここ、いろんな意味で圧倒的です。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

インターナショナルビレッジ



関連ランキング:パキスタン料理 | 飛島村その他


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスと出汁、和のスパイスカレー。「スパイスカレーあかつ亭」(名古屋)

大阪から火がついた「スパイスカレー」という文化。一昨年あたりからじわじわと東京・福岡とムーブメントを拡げ、ここ名古屋でもその兆しが見えつつあります。

名古屋駅近く、太閤通り沿いにできたスパイスカレーのお店。

「スパイスカレーあかつ亭」

2017年11月15日オープン。
まだ開店一年未満ながら、今や大人気。

この日は日曜日でしたが、開店時間11時の時点で待ち客11人、11時3分の時点で満席という繁盛振りでした。

私は列の3人目。
オーダーも料理の提供も待ち順だったので、入店から10分もしないうちに料理がやってきましたが、開店時に入店した11人めの料理提供は11時25分。
早めに並ぶのが良さそうですね。

さて、今週のカレーはこちら。

もうこのラインナップだけで、季節感と出汁感をテーマに据えていることが見てとれますね。

選んだのはこちら。

★2種盛り ¥1100
・大根とサバのカレー
・スリランカ風チキンカレー
・砂肝マサラトッピング +¥200


2種盛りですが、特にカレーとカレーの間に堤防はありません。混ぜ合わせていただく想定ですね。


まず、大根とサバのカレー。
和風であることは想像つきましたが、想像以上に和風でした。
大根にサバの旨味が染み、これは最早スパイスおでんです。

そしてスリランカ風チキンカレー。
スリランカ「風」とあるように、エッセンスは取り入れつつオリジナル。
つまりスリランカでローストしたミックススパイス(ローストトゥナパハ)とモルディブフィッシュ(ハガツオ)を用いるのに倣い、ローストしたカレー粉とカツオ出汁を使ったカレーです。

大阪スパイスカレーのようにカスリメティがまぶされている一方で、生のカラピンチャ(カレーリーフ)も用いられており独自のスタンスが伺えます。


細かいパウダー状のポルサンボルもかなりのカツオ感。

トータルとしてみても、出汁感にかなりのフェチを感じますね。

一方で添えられたゴボウにはちょっとネパールテイストも感じられ、なるほどそっちもありか。


大阪スパイスカレーのカタチをしつつも極論、スパイス料理のエッセンスを用いた、ワンプレートの和食。

独特のスタイルといえましょう。

金土の夜営業はダルバートの提供、こちらも評判いいみたいですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカレー あかつ亭



関連ランキング:カレーライス | 近鉄名古屋駅名鉄名古屋駅名古屋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名古屋駅ホームの老舗きしめん。「名代きしめん 住よし」(名古屋)

神戸から東京への帰路。
予定の新幹線発車時刻より20分ほど早く新神戸駅に着いた私は、機転を利かし、やってきた新幹線の自由席に飛び乗りました。

目論見は、名古屋駅で途中下車、新幹線ホームできしめんを食べながら予定の電車を待つ、というもの。

「何故わざわざ駅ホームのきしめんを?」と思うかも知れませんが、これが侮れないんですね。


「名代きしめん 住よし」

創業昭和36年、今年で55年にもなる老舗。
現在名古屋駅で新幹線、在来線各ホーム上に計7店舗を展開しているのですが、その全てが食べログ3.5超え!(2016年5月現在)

「名古屋で美味しいきしめん屋さんは?」と地元民に聞けば結構な確率で「名古屋駅のホーム」と答えるほど、人気のお店なんです。
値段も350円からと安いですからね。

「いやいやそうじゃなくて、カレーが主食のあなたが何故、きしめん目当てで途中下車するのか?」

あぁ、もっともな質問です。

答えはひとつ。
実はここ「カレーきしめん」があるんです。


券売機で買った食券をお店の人に渡すと、1分そこらで登場。


★カレーきしめん ¥620

「紙エプロンは要りますか?」
立ち食いなのに行き届いたサービスですね。

さて、こちらのカレーきしめん、いわゆるカレーうどんの粘度高いカレー汁ではありません。
かなりサラサラでトマトも感じられ、和風よりは少しインド寄りな味わい。
具材の肉そぼろもキーマカレーっぽくて良いですね。


麺はつるっと喉ごし柔らか。
太めに切られた青ネギの食感が良きアクセントになっています。

スパイシーながら、重くないカレーきしめん。
5分ほどで完食、余裕しゃくしゃくで新幹線を待つことができました。

カレーきしめんの他にも、味噌きしめんやら、名古屋コーチンきしめんなど、「名古屋に立ち寄った」感があるメニューもあれこれ。

便利に使えるお店ですよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

住よし JR名古屋駅・新幹線上りホーム店



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 名古屋駅名鉄名古屋駅近鉄名古屋駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名古屋で貴重な南インド料理。「ケイラーシュ」(一社)

名古屋という街はとても独特で、あんかけスパや味噌カツ、小倉トーストといった独創的な組み合わせの名物がある一方で多分に保守的な一面があり、皆が良いと言っているところに皆が集まって、皆が食べるモノを皆が食べ、その中で豪華でお値打ちなモノが特に高く評価されていく…ように感じる。
photo:02

名古屋の皆様には異論もあるかと思いつつ、客観的な眼にそう映るこの街で、皆が未体験の料理を提供するのは、なかなかに気合いが必要なこと。
photo:03

インド料理も例外ではなく、名古屋で南インド料理に取り組んでいるのはただこの一軒だけではなかろうか、とお見受けする志高き店その名は「ケイラーシュ」。

名古屋駅から地下鉄東山線で一社へ。
そこで引山行きバスに乗り継ぎ、下坪停留所で下車。
停留所から周りを見渡せば、そこに「ケイラーシュ」を見つけることができるはず。
photo:01

photo:04

こちらで食べられる南インド料理は曜日替り、日替り。
photo:05

photo:06

訪問前には電話連絡がお勧めです。
photo:07

南インドカレーセット ¥1050
photo:08

手食に適した、魚と野菜のシャバシャバスタイルのカレー。
ナンかライスが選べるのですが…ここで選ぶべきはもちろんライスです。

周りの客は皆ナン&カレー。
それも良いけれど、こちらの南インドもなかなか美味しいですよ。

photo:09

マサラドーサ
photo:10

photo:11

このドーサ、パリッと良い焼き加減でなかなか美味しいです。

名古屋では他にないかもしれないドーサ、しかしそのレベルが高いのは嬉しいことですね。
このドーサならいっそ、小倉あんと生クリームを巻いて「名古屋名物小倉ドーサ」などに仕立てちゃって看板メニューにしつつ、雑誌の取材なんか入れてそこを突破口にドーサの普及、ひいては南インド料理の浸透…なんてプランはいかが?
なんてことも考えてしまいます。

いけるんじゃない?(笑)

photo:12


クルフィだってちゃんとある。
シャーベットタイプのキーンとしたタイプのクルフィ。
小倉ドーサに合うかも(笑)

わざわざバスに乗って訪問する価値のあるお店。
名古屋の皆様、ケイラーシュで南インド料理に是非挑戦してみてください!

↓一日一回。クリックはこちら
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

FLYING ROPEFISH!-ranking banner食べログ グルメブログランキング

インド料理 ケイラーシュ インド料理 / 小幡駅自由ケ丘駅

昼総合点★★★★ 4.0


FC2Ad