FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

名古屋の隠れたカレー文化遺産。味を究めたストイックカレー。「手作りカレーの店 かるだもん」(八事)

本日は八事駅という駅へと降り立ちました。
八事、読めますか?

実は「やごと」と読むんです。

何の用で?
そりゃあカレーに決まってるでしょうよ。

「手作りカレーの店 かるだもん」


しっかし店構え、渋いなぁ。
周りのカレーマニアもこんなとこチェックしてないだろうなぁ。

なんて思ってたら、あ!

あ!ですよ。
東京在住某カレー女子とバッタリ。
奇遇にもほどがある。アンタやはりオカシイヨ。


店内に充満する、年月の連なり。
堪らなく芳しい・・・


カレーはなす、チキン、ミンチ、ポーク。
ミンチという表記になるほど、名古屋は西日本であったかと。


ひと手間入ったサラダのあと、やってきたカレーはこちら。


★ポークカレー ¥850

ちょっと見てくださいこのストイックビジュアル、この風格。

今カレー屋始める人がこのビジュアルで闘えます?
たぶん無理でしょうよ。


小麦粉を使わず、春夏秋冬の野菜をたっぷり用いたというカレー。
けれど一口食べて「ぬおっ!」と声が出るほどの濃厚な風味。
そして食べ進むにつれ深みを増す味の奥行き。

一体どうなってんだ?

「美味い」以外のコトバが見つからないぞ。

「どうしてこんなに美味いんですか?」

「別に大したことはしてないよ。他の店が不味いだけ。ちゃんと作ればちゃんと美味くなるんだよ。」
とはマスターの答え。

見た目を超え、クオリティのみを追求した者だけが辿り着く境地。
そして支持され続いている確かさ。

こりゃあ隠れたカレー文化遺産だぞ。


カレーの個性は作り手の個性。
カレーの美味さは作り手の姿勢。

「かるだもん」のシンプルカレー、ちゃんと作ったとしても簡単に真似できるものじゃなさそうです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

知多半島に復活した伝説の名店。「南洋の父サウス」(知多奥田)

電車に揺られ知多半島。



田園風景を抜けるとそこは南洋。



「南洋の父サウス」

名古屋でスリランカ料理をベースにしたカレーを提供、長きにわたり熱い支持と尊敬を集めていた名店「南洋の父」。
名古屋でのお店を閉め、復活したのはこの知多半島。

名実共に南洋の父となった訳ですね。




ログハウス風の店内。


海を望むテラス席。


そして海にがぶり寄りのビーチ席。


オーダーはシンプル、食券式。


待っている間も南洋気分を味わえます。
やはり、「エスニック」とか言うより「南洋」と言ったほうがワクワクしますね。
総天然色映画感といいますか、モスラといいますか、エビラといいますか、ゲソラといいますか。

あ、余計なこと考えているうちに料理がやってきました。

★南洋の父スペシャルカレー 三種盛り ¥1200

かつての「南洋の父」でも人気だったカレー、チキンカレー・パイナップルカレー・豆カレーの三種盛り。
ライスはココナッツミルクを混ぜて炊き込んだターメリックライス。

生のパイナップルを用い程よい酸味が魅力のパイナップルカレー。
トーストに小倉餡を乗せ、スパゲッティに餡をかける名古屋市民でも、このパイナップルカレーは衝撃だったことでしょう。

スリランカのカレーがベースの「南洋の父」だけにポークカレーは玄人好みの濃厚な旨味。

豆カレーはスリランカのパリップと思いきや、ひよこ豆を用いた独特仕様。癖になる味わいです。

今どきの華やかなカレーと較べるとシンプルながら、ありそうでなかなかない味。

最近は「南洋の父」ご本人であるマスターがお店に立つことも減ったようですが、愛知を代表する名店であることに違いはありません。


食後はコーヒーをいただきつつ、次の電車までまったり寛がせていただきました。

実はこの訪問時、ちょっと不思議すぎる奇遇があって驚いていたら、店員さん「ここ、よくあるみたいですよ」なんてサラリ。

南洋の魔術でしょうか。
不思議な磁場があるお店です。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

南洋の父サウス



関連ランキング:カレーライス | 知多奥田駅野間駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

浅草インバウンド!ハラールラーメン&カレーが美味い。「たいざん桜」(浅草)

2020年を間近に控え、訪日ムスリム向けのハラール(Ḥalāl)対応店が増えています。
中でも特に観光需要が高い浅草に、ハラール対応のラーメン&カレーのお店が誕生しました。


「たいざん桜」

2018年5月12日オープン。
「たいざん」とは大山つまり富士山。
富士市にある「らぁめん大山」の系列店だそうです。

燦然と輝くハラール認証マーク。
外観はちょっと観光客向けレストランっぽいですが、果たして。


店内もSAKURAやKANJIなど、インバウンドオーラビシバシ。
果たして・・・

オーダーは食券機にて。
そのほうが言語対応スムーズですもんね。

あら、ラーメンの上にインドカレー単品もあるのか。
しかもナンや石焼カレーまで。
写真で見る限り、ナンはネパール人が日本で習った日本人向けの良くあるタイプじゃなく、ちゃんと北インドやパキスタン仕様。

予想外に高まる期待感(笑)


★カレーつけ麺 ¥850

おぉ、カレー汁と言うにはあまりに濃厚なカレー。
ホールから砕いた粗挽きスパイスがたっぷり。

麺は中太。
もちろんハラール対応ですから豚チャーシューはご法度。
かわりに綺麗な蒸し鶏が乗っています。

肝心なお味はといえば・・・・

いやぁ、見くびっちゃいけません。
日本のラーメンのセンスとインドのカレーセンスが、丁度いいバランスで融合着地。
文句なしに美味いですわ。

そしてもう一品。
これがさらに素晴らしかった。

★桜えびかき揚げカレー ¥1200

キンキラキンです。さり気なくもなくキンキラキン。


由比直送、駿河湾桜海老のかき揚げです。
サクラ・フジヤマ・ラーメン・カレーときてテンプラ、キンパク。
インバウンド向けハラールフードもここまでやれば逆に嫌味じゃないですね。


おっと、こちらは縮れ平麺。
ちゃんと使い分けてるんですね。

濃厚なカレーが麺に絡まり、さらにかき揚げのサクサク感と海老の香ばしさが加わるんですから、まさに最高。
ネタとかそういうのを超えて、料理作品として充分に完成された美味さであります。

聞けば厨房のシェフはインド出身。

浅草で、インド人が作るハラールなカレーラーメン。
日本人も楽しまなきゃ勿体ない美味さでしたよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

たいざん桜



関連ランキング:ラーメン | 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

注目!新進気鋭の名古屋スパイスカレー。「ANDY CURRY アンディーカリー」(久屋大通)

名古屋、新進気鋭の間借りカレー。
やっと行けました。

ダイニングバー「ALLAN」の月~土のランチタイムを間借りし営業するスパイスカレーのお店。


「ANDY CURRY アンディーカリー」

店頭の黒板に記載されたメニューは、
・チキンカレー
・台湾風キーマカレー
・週替わりカレー

の三種。

チキンカレーは奥美濃の地鶏使用、台湾風はもちろん名古屋のソウルフード「台湾ラーメン」へのオマージュです。
東京とも大阪とも違うアイデンティティが面白いですね。
ですがこの日の訪問は土曜の13時前。
入店時に「週替わりカレーしか残っていませんが大丈夫ですか?」との確認が。
週替わりカレーも面白そうだったのでノープロブレムです。


割と広い店内。
雰囲気が安藤政信似のシェフが一人で切り盛り。
アンディ・・・あんどう・・・あ。


★ホアジャオと豆のキーマ ¥800

いやもう見ただけで分かる美味しいカレー。
大阪「ボタニカリー」はじめ人気の「あの青い皿」使用です。


ゆるくシャバッとしたキーマに香るカルダモン、抜けるような花椒(ホアジャオ)。
オーダーを受けてから仕上げる爽やかさが光ります。


それだけではありません、じんわり広がる昆布や鰹の旨み。
和出汁を使っているんですね。

予想を越えて丁寧な、そしてスパイスの香りに愛を感じる一皿、かなり気に入りました。

但し、お一人で丁寧に作っているので、時間には余裕をもって。

おススメですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アンディーカリー



関連ランキング:カレー(その他) | 久屋大通駅高岳駅市役所駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名駅エリアに現地仕様のネパール食堂誕生。「カトマンズキッチン」(名古屋)

最近は名古屋にもインネパではなく、ネパール人向けのネパール料理を出すお店が増えてきたようです。

名古屋駅新幹線口から徒歩5分。
突如現れるネパール食堂。


「カトマンズキッチン」

オープンは2018年7月3日。
土曜日の昼前の訪問でしたが先客のネパール人若者たちが数組。
すでにファンを獲得しているようですね。


店内はまるでネパールの山小屋。

メニューはランチもディナーも共通みたい。


ダルバートにあたるネパーリータリーセットは、ベジ仕様なら税込590円。
リトルカトマンズ新大久保に迫る勢いの安さです。
その他、カジャ系のメニューもいろいろあって、完全にターゲットはネパール人。


★マトンタリーセット ¥750

つまりはマトンのダルバート。

・骨付きマトン炒め(マトンカレー)
・白ご飯(日本米)
・豆カレー(ダルスープ)
・野菜ドライカレー(アルサデコ)
・ネパール風トマトピクルス(ゴルベラアチャール)
という内容。


マトンカレーはシャバシャバで、骨ごと細かくぶった斬られた羊肉が・・・というよりも殆どが骨ではあるのですが髄の旨味がスープに染み出して味わい深く結構好み。

ダルスープも固形豆少なめ、あくまで汁メインのサラサラ。
温度はかなりぬるめでしたが、ネパール人的にも私的にも問題なし。

ゴルベラアチャールはティムル(ネパール山椒)の香りがかなり鮮やかでハイレベル!
これ、モモに漬けたら絶対美味いわ。

ライスは炊きたて感がなかったかも。
温め直しかな?ここが美味けりゃ完璧なんだけど。

そのリーズナブルさ、具材のリッチさより香りや旨みで押す感じなど、どこか新大久保の「ムスタング」にも通ずるものが。
客層も若めですしね。

ここは流行って欲しいなぁ。
回転上がればご飯の炊きたて率も上がるはずですしね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カトマンズキッチン



関連ランキング:ネパール料理 | 中村区役所駅名古屋駅名鉄名古屋駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad