カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

しゃけ天国にして酒天国にしてスパイス天国。「しゃけスタンド」(代田橋)

代田橋、知る人ぞ知る沖縄タウン。


その奥の奥にあるのが「日本一のしゃけ定食」で有名な「しゃけ小島」。


さらにその奥にあるのが「しゃけ小島」の姉妹店にして立ち飲みスタンド。

その名も・・・


「しゃけスタンド」

実はここ、カレーマニアの間でちょっと話題のお店。
様々なしゃけ料理で呑める面白さに加え、カレーが只者じゃないんです。


しかも値付けは超庶民価格、夢のようなお店・・・・

それでは始めましょう。


★はなはと 純吟 ¥380

蔵元は広島・呉の榎酒造。
2017年12月に絞ったばかりの酒を瓶詰めしたフレッシュなお酒。
せんべろ価格でありがたや。


★しゃけスパイス焼き ¥650

カレー以外にもちょいちょいスパイス絡んできます。
店主のインド料理好きが垣間見え・・・いや、モロ見えですね。

なるほどつまりこれ、しゃけのフィッシュティッカ。
味の濃い魚ですから、ナンとかに合わせるより、日本酒とのマッチングの方が良いわけだ。


★すじこ巻 ¥430

お寿司だってしゃけベビー。
細巻の中からプチプチ魚卵汁が弾けます。

他にももっともっと攻めたいところですが、この日は単独訪問。

ここでカレーに行ってみましょうか。

★カレー辛口 ¥1000
・ウインナートッピング +¥180


シャケのカレーにライス、ダルスープ、芽キャベツとしゃけのグリルがついたワンプレート。
立ち飲み居酒屋でこれ、ありえませんよね。


見ただけでわかる手の込んだ美味さ。
ホールスパイスから仕込んだシャバシャバなカレーの中にしゃけの旨みが凝縮しています。
インドにありそうで、インドにはないカレー。
トロッとしたダルスープもええ塩梅で、和のようなネパールのような、スリランカのような、けれどどこでも無いような。


ウインナーをトッピングしてみたのですが、居酒屋感が増してええ感じですよ。

近けりゃ毎日でも寄りたいお店。
ちょっと非の打ち所がないだけに、混みすぎないようそっと応援したいと思います。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter :@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

しゃけスタンド



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 代田橋駅明大前駅笹塚駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

西永福から移転、カレーのスタンダードナンバー。「ウミネコカレー」(幡ヶ谷)

西永福の人気店「ウミネコカレー」が幡ヶ谷に移転!



「ウミネコカレー」

2018年2月1日移転オープン。
マスターはバンド「ウミネコサウンズ」のソングライターとしても知られているの古里おさむさん。
移転後すぐの3周年記念イベントにはたくさんのアーティストが集まったようです。


店内にはエエ感じにチカラが抜けたウミネコモチーフがたくさん。


西永福時代の看板もインテリアとして残されていますね。


カレーはいままでと同じく、チキン、ひよこ豆、ポークの3種類。
全て無添加素材を用いるなど食材にこだわっています。



★2種盛りセット(チキン+ポーク) ¥1200
・サラダ、スープ付き


まずこのスープが普通じゃない、美味い。


チキンもポークも、尖りすぎない、奇をてらわない、優しい、けれどスパイシーでしみじみ美味い。

「ウミネコサウンズ」の曲で、かつてiTunes Storeのフリー・ダウンロードに選ばれた「夕焼け」という曲があるのですが、聴いた後何日かしてから頭の中をリフレインする感じが、このカレーとも通ずるような。

まさにカレーのスタンダードナンバー。


★ホットチャイ ¥400

明かりで仄かに透けるカップ。

どこかにありそうで、けれど他のどこにもないカレー屋さん。

それが「ウミネコカレー」。

移転しても変わらぬスタンスが素敵ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter :@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ウミネコカレー



関連ランキング:カレーライス | 幡ケ谷駅代々木上原駅笹塚駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

濃いキャラと濃いお酒で愉しむフリースタイルカレー。「イドコロネ」(初台)

初台に現れた、ちょっとシュールな「飲めるカレー屋」。


「イドコロネ」


看板の裏も表もよい感じ。

初台名物なんでもスーパー「ダイヤ」。
その脇の階段を上がった奥にお店はあります。

曰くスタイリッシュなサブカル感。


カウンター横にはズラリとスパイス瓶が。
この個人ラボ感も良いですね。


照明の傘だってよく見れば、ほら。
シンパシー。


★請福梅酒 ¥600

こちら石垣島泡盛の梅酒。
あら、口の中が泡盛の風味と梅の酸味のバトルロワイアル状態。
個性的でかなり好みです。

さて、カレー。
メニューにはざっくり「カレーライス」と書いてあるのですが(笑)
マスターの気分、食材、コンディション、客の好みによって構成も味のチューニングも変えていく、いわばフリースタイル。

飄々としたトークも楽しいマスターとの駆け引き、個人店ならではの楽しさです。


★カレーライス ¥900
・アボカド +¥100
・カッテージチーズ +¥100


この日のカレーはナス、ズッキーニ、白菜などの食材に、カルダモン、マスタードシードなどを効かせたもの。
と、こう書くとなんだかヘルシーで優しげなオーガニックカレーかと思いますが・・・・

全然違います(笑)

おそらくは私の嗜好も掴んでいただいていたのでしょう、ガツッとバヒューッと良い辛さに仕上げてくれました。
スパイスの香りや野菜の味が飛ばない、ギリギリの抑制をもって。
なるほどこれは面白い、客とマスターとのセッションですな。

トッピングに選んだアボカド&カッテージチーズもえぇ仕事してくれてます。


さらにプラス調味としてナンプラー2種も提供。
辛さUP、旨みUPが楽しめます。
ご飯にかけたら駒澤大学「ピキヌー」的な味わいも期待できますぞ。

さて、辛いカレーの後はやっぱりコーヒー。
けれどここは吞み処。
ならばこれでしゅう。

★コーヒー酎

ベースは麦焼酎。
かなーり深煎りな濃厚アロマが嬉しいところ。

お店の雰囲気も、マスターのキャラも、カレーもお酒もいろんな意味で「濃い」感じ。
お店のインスタの過去投稿を見返せば、昨年末には麻婆カレーもやってた模様。
これからも楽しい展開が期待できそうな気配・・・

いや~、ここはなかなか、イイトコロネ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

イドコロネ



関連ランキング:インドカレー | 初台駅西新宿五丁目駅幡ケ谷駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

小さなカレースタンドの、麗しくもスパイシーな一皿。「キュマン」(参宮橋)

参宮橋、住宅街にひっそり佇む、カウンター6席のみの小さなカレー屋さん。

「キュマン」

「吉田カレー」とためを貼る看板の小ささ。
店名の「キュマン」は「Cumin」つまりクミンのフランス語読みです。


30年以上続いた居酒屋をリノベーションした店内は、ライトイエローを基調とし暖かな雰囲気。

この日は15時のラストオーダーに滑り込みセーフ。

カレーのメニューはキーマカレーにバターチキン、野菜、ラムカレーのいずれかを組み合わせたキュマンプレートと、キーマスパゲッティ、キーマカレー、ラムカレー各単品。
せっかくなのでプレートで行きましょう。


★キュマンプレート(ラムカレーとキーマカレー) ¥1200

おぉ!
実に、実に見目麗しいカレープレートですね。


ラムカレーは青唐が効いてなかなかシャープな辛さ。
ゴロッとひた羊肉の旨みと、茄子のジューシーさがよく合います。

キーマカレーは粗挽きの鶏肉ベース、一見ほっこりしていつつも、時折弾けるホールのブラックペッパーが刺激的。

ライスはターメリックのムラも美しくフワフワに炊かれたバスマティ米。
さらにドレッシングがかなり美味いフレッシュサラダ、
キュウリに加えディルも入ったヨーグルトと、脇固めも万全。

麗しいビジュアルを良い意味で裏切るスパイシーさとメリハリが素晴らしいですね。

不定期で夜営業もあるとか。
チェックしておきたいところです。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

キュマン



関連ランキング:カレーライス | 参宮橋駅初台駅南新宿駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

幡ヶ谷駅前の隠れ家カレーバー。「チリビリビンホットクラブ」(幡ヶ谷)

幡ヶ谷駅すぐの路地裏に隠れ家カレーバー。

「Chili Bili Bean Hot Club」
と書いて・・・

「チリビリビンホットクラブ」


読めるような読めないような。


店内はカジュアルなバースタイル。
ビールだけでなく日本酒や焼酎も揃えています。


★KIRIN スタウト ¥550

都心近くでこの価格はお値打ち。
チャージもございません。


メモ書きのような本日のフードメニュー。

豆乳のグリーンカレーも面白そうですが・・・


★ナスとひよこ豆のチキンカレー ¥950

ブラックペッパーががっつり効いたスパイシーなカレーに食べ応え抜群の鶏むね肉、ホクホクに香ばしいナス、ひよこ豆。
チリビンビンな刺激とハイスペックな香りがたまりませんね。
インドカレーのようでもあり、日本カレーのようでもあり、頃合いで言うならば新宿御苑「けらら」的な着地。

バーとは思えないレベル高きカレーです。
量もたっぷりで、こりゃあ掘り出し物だ。


付け合わせのミョウガ、キュウリ、セロリのピクルスも嬉しいですね。

せっかくなのでもう一品。

★チョリソーサルサソース ¥500

これまたビックリ。
ワンコインで立派なチョリソー丸々3本。
一体どれだけお値打ちなんでしょ。

カウンター脇にあったファミコンにファミスタ93のソフトがブッ刺さっていたのも気になります。
まだまだ魅力がありそうなお店ですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

チリビリビン ホットクラブ



関連ランキング:カレーライス | 幡ケ谷駅笹塚駅代々木上原駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad