FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ラオスから、バンコク経由、中板橋。「ビエンチャン」(中板橋)

中板橋で新しいタイ料理店を発見!


「ビエンチャン」

オープンは2018年3月9日。
一年半も経っていたのかぁ。

店名はラオスの首都。
多分そうだと思って聞いたらママはラオス・ビエンチャン出身。
バンコクのドンムアンに住んでいたそうです。

店内は居酒屋風でまあ、落ち着く落ち着く。

食事メニューはラオス料理と共通項の多いタイ東北/北部料理が中心。


わかりやすい日本語訳をしてくれているので逆に、「あれ?これはゲーンオム?ゲーンソム?トムセープ?」なんて感じに脳内逆翻訳しちゃったり(笑)


★らおらお ¥500

まずはラオス焼酎。
ロックでお願いしたら氷少なめ、たっぷり注ぎで嬉しく酔えます。


★牛肉ハーブ和え(ラープヌア)¥800

細かくジューシーな牛挽肉に絶妙な辛さと酸味。
そこにバジル&ミントが強く香り、小細工なしで素晴らしいハーモニーを生んでいます。
これは食材によるものではなくひとえに、シェフの技量とセンスによるもの。
この一品でワタクシちょっと、眼がキラッとしてしまいました。

であれば普通の焼きものや炒めものじゃなく、シェフのセンスが問われる品を頼んでみようじゃないか!
(高飛車ですみません、高揚してました。)


★カレーラーメン(カオソイ)¥900

チェンマイ名物、タイのココナッツカレーに麺、美味しくならないはずはないでしょー的な一杯ですが、意外とこれが難しい。
日本のラーメン文化が先進的すぎるのか、「あそこのカオソイ美味しい」と言われる店に行っても「ん?こんなもん?」と思うことしばしば、

ですがこちらのカオソイ、登場したビジュアルからして、期待が確信に変わりました。

カレー汁の辛さとまろやかさのバランス、
揚げ麺とゆで麺のバランス、
恐らくはカオマンガイと共通であろう鶏むね肉のボリュームと旨さ、
しっかりめの塩気、具材の食感、
そしてカー(ガランガル)がガッツリ効いた個性。
これ、カオソイの完全体じゃないですか!


★シンハービール ¥600

ラオスからタイ、日本と、3つの国を跨いだ女性シェフの迷いなき味付け。
ズバリ、こちらはセンス溢れる隠れた名店であります。

嬉しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ビエンチャン



関連ランキング:タイ料理 | 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

町の鉄板カレー屋さん。「鉄板カレー 匠えん」(成増)

成増駅前ロータリー脇にある、鉄板カレー専門店。

「鉄板カレー匠えん」(しょうえん)

かつて五反田でワンコインカレーとして営業していたお店ですがじきに閉店。
こちら成増店を残し地域密着カレー店へと路線変更したようです。
その判断はたぶんうまくいっており、休日ランチ時ともなれば満席で待ちが出るほどの人気です。


カレーはタンドリーチキンを用いた「匠えんカレー」に加え、「欧風カレー」「スープカレー」「野菜カレー」とラインナップ。


合いがけやステーキトッピング、限定カレーも選択可。


★ハーフ&ハーフ(匠えん・野菜) ¥1250
・大辛 +75


せっかくなので合いがけにしてみました。
鉄板カレーの合いがけって、他にあんまりないですよね。
ご覧の通り、アッツアツの鉄板に乗せての提供ですが、カレーと鉄板の間には紙が敷かれており、焦げつくことはありません。


◎ 匠えんカレー

タンドリーチキンを用いた定番のクリーミーカレー。
いわばバターチキンに近いカレーですので、誰でも美味しくいただけます。
タンドール窯があるわけではないので、タンドリーチキンソースに漬けた「タンドリーチキン風」ローストチキンですが、これは安定の美味さ。
上から二つめの辛さの「大辛」にしたら、予想以上に辛かった!


野菜カレーはココナッツミルクベースでマレーシアカレーのよう。
玉ねぎ、ナス、オクラ、しめじ、キャベツ、カボチャ、パプリカ、トマト、レンコン、ビーツ、ほうれん草と、種類豊富な野菜が入って満足度は高し。
こちらも大辛ですが、野菜の汁気とあいまって丁度良い辛さと感じました。


★ホットコーヒー +¥180

食後はやはりコーヒー。
ほっとしたところで、お待ちのお客さまのために席を譲りました。

町の自慢のカレー屋さん。
ひとつの町にひとつ、嬉しいことですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ハンバーグが美味すぎる、江古田のバングラデシュ。「マヒ グローバルダイニング」(新江古田)

江古田のはずれ、ひょんなことから面白いお店を発見しました。


「マヒ グローバルダイニング」

看板に見えるハラールの印。
そう、実はこちらの店主、バングラデシュの方なんです。


お店を斜めから見てみると、あ、門構え以外は古民家??


中はしっかりリノベーションされていますよ。


★アサヒスーパードライ 中生 ¥380

あぁ、都心では望むべくもない価格。
板橋・練馬価格です。

さて、この店の注目ポイントその1はイタリアン。
江古田にはバングラデシュ人によるイタリアンレストラン「プランボーネ」というお店があるのですが、現在はランチ営業のみ。
そしてその人気メニュー2品が、夜でもいただけるのがここ「マヒ」というわけなんです。
バングラデシュ人繋がりのコラボ、これは楽しみですね。


★自家製ミート&バジルソースのピザ ¥700

おお、これは美しい!

生地はパリッと硬め、チーズに絡むバジルソースがなんとも美味いですね。
サイズは小ぶりなので、お酒と合わせるスターターにも最適です。

そしてこれ!これがもう凄かった。

★江古田ハンバーグ ~自家製てりやきソース ¥1000

実はこれ、日本醤油協会主催の「しょうゆ味レシピ&エピソードコンテスト」で金賞を受賞してしまったメニューなんです!
バングラデシュ人の開発したハンバーグが醤油協会から賞をいただくなんて、まさにグローバル。
「news every.」で紹介されたこともあるとか。

しっかりハリのある肉に、ミョウガ、紫蘇、大根おろし、そして醤油。
いやまぁ、ビックリするほど旨い!!
普通のハンガーグハウスじゃ勝てない美味さです。

思うに、その美味しさのポイントは、日本人にとって馴染みあるミョウガや紫蘇を、バングラデシュ人視点で「面白いハーブ」として構築している点。
先入観がないからこそ、食材の意外な美味さを引き出せているんですね。

しかも、味がしみたキャベツがまた美味いんだ。


★ハイボールブラックニッカ ¥350

相変わらずお酒が安くて嬉しい!

そして、このお店のもう一つの魅力は、もちろんバングラデシュ人のお店ならではのメニュー。
ニハーリ、ハリーム、ビリヤニも常時提供しているんです。


★ニハーリカレー ¥1100

パキスタンやバングラデシュ、インドのムスリムたちの間で愛される「ニハーリ」。
羊のスネ肉を骨ごとじっくり煮込んだスパイススープなのですが、これがデフォルトでなかなかええ感じの辛さ!
仕立てはバングラデシュ現地式というわけでなく、どちらかといえばインドスタイルです。

あわせたのはこちら。

★カブリナン ¥500

カブール地方を語源とする、ドライフルーツ入りスイートナン「カブリナン」ですが、その仕立てはお店によってそれぞれ。
ナンの上に具材を塗るタイプもありますが、こちらは詰め物タイプ。
しかも面白いのは、甘さ控えめ、ゴマをふんだんに用いていること。
実は私、ゴマをたっぷり使ったゴマナンも好きなんですが、あれって食べるたび胡麻がパラパラ落ちて勿体ないんですよね。
このカブリナンなら、ゴマを取りこぼすことなくたっぷりいただける。最高です。


★ビーフティッカ ¥900

ビーフカレーにビーフステーキ・・・ムスリム国家バングラデシュならではの牛肉料理もあれこれ。
こちらのティッカは肉汁たっぷり、味しっかり濃い目でナイス。
ここ、肉料理レベル高いなぁ。


★ククリラムコーク ¥600

「グローバルダイニング」を謳うだけあって、インド・バングラデシュ・イタリア以外の国の料理やお酒もあれこれ。
こちらはネパールのラムで作ったラムコーク。
私のお気に入りです。


★シンハー ¥600

こちらはタイのビールですね。


★チキンビリヤニ ¥900

〆はやっぱりビリヤニでしょう。
しっかりバスマティ米使用ですが、すでにあるベースをサッと仕上がるオペレーションらしく、提供はクイック。
なかなかちゃんとしたビリヤニですよ。

食後は店長さんと暫し歓談。
オープン当初は、これ以外お現地式バングラデシュ料理もメニューにいれていたのですが、あまり食数が出なくて引っ込めたそう。
けれど、希望するお客さんは事前に連絡いただければバングラデシュ料理出します!とのことです。
バングレデシュ式ニハーリだって出せるそうで、これはまた予約して再訪するしかないですね。

江古田南アジア系、期待の星なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マヒ グローバル ダイニング



関連ランキング:インド料理 | 江古田駅新江古田駅東長崎駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

インド料理に目玉焼き。お昼の満腹セット。「インド料理 ルチ」(地下鉄赤塚)

地下鉄赤塚駅からすぐ、川越街道に掲げられた看板。


「インド料理 ルチ」

ネパール人によるカジュアルインド料理、いわゆるインネパ店です。

オープンは2016年5月ですが、店内には剥がそうとして諦めた古いビールのポスターが。


長い間、インネパ居抜き居抜きで回ってきたハコなのでしょう。
そんななか、三年続けているのですから大したもの、地元客に愛されているのでしょうね。

さて、ベーシックなランチセットは500円から。
けれどせっかくなので、お店の個性が出そうなスペシャルセットを頼んでみました。


★ルチスペシャルセット ¥1300

おぉ、何が素敵って、ライスの上に目玉焼き!

実はこの店、タイ料理も扱ってるので、ガパオライスからの発想かも知れないけど、
ニッポン庶民のご馳走感をうまく掴んでいるではないですか。

そうそう、こういう配慮こそが地元に愛されるコツなんですよね。

カレーにチーズナン、シークケバブにタンドリーチキン、こりゃ満腹必至。


カレーはサグマトンにしてみました。


サービスでラッシー。

気分は満願全席。
体重増えた気がしますが、満足満腹ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

名物黒カレーと名物インディアンライス、至福のランチ。「キッチンABC江古田店」(江古田)

東京を代表する人気大衆洋食店「キッチンABC」。
豊島区以外にある唯一の店舗がこちら。



「キッチンABC江古田店」

2017年3月18日オープン。
近くには日芸キャンパスもあり「キッチンABC」の安うま洋食やカレーがいただけるのは学生にとってパラダイスでしょう。


この日は祝日の15時すぎ訪問。
通し営業が有り難いですね。

さて、カレー好きにとって「キッチンABC」最大の魅力は独特な黒カレー。
なかでもハイエンド仕様の「オムチキンカツカレー」はまさに神メニューであります。

いつものようにそちらをオーダーしようと思ったのですが、「今月のおすすめ」メニューが魅力的すぎた!


★【今月のおすすめ2番】インディアンライス&黒カレー+カニクリームコロッケ ¥900

素晴らしい!大衆洋食の鑑のようなセットです。

不動の名物黒カレーはイカスミの如き漆黒(イカスミは用いていないようですが)。なぜこんなに黒いかは謎。
ほど良き辛さで安定の美味さですね。


あいがけされた「インディアンライス」は洋風卵とじ焼き肉ライス。
黒カレー、オリエンタルライスと並ぶ「キッチンABC」の3大名物です。なぜインディアンかは謎。
ガッツリ味濃いスタミナメニューですね。


カニクリームコロッケもボリューム満点。
そのまま食べても、カレーにつけても楽しめます。

これだけ食べて1000円でお釣り。
名店「キッチンABC」の実力に今日も打ち震えたのでした。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ