カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

ハンバーグカレーとダジャレのお店。「喫茶 午後」(豊島園)

最近、豊島園エリアの飲食がオシャレになってきています。
ピザの有名店「アオキ」の姉妹店「タッポスト・チャオラ」に、かき氷とカレーの店「八」、その他ワインバルにロンドンパブにトルコ料理屋に・・・

しかし、そんな変化はどこ吹く風とばかりに、さざれ石のように鎮座する喫茶店がひとつ。


「喫茶 午後」

文字通りモスグリーンに覆われたファサードはもはや自然風景。


店内はミッド昭和な記号がぎっしり。
深い意味はないけど帆船のポスター、とか昭和あるあるですよね。


店内にはたくさんのサイン、そして・・・

あのキタナシュラン(キタナトラン)の人形が。

この素朴な喫茶店がなぜここまでテレビに注目されているのか?

第一の理由は、その渋すぎる外観。

そして第二の理由は・・・

ご高齢のマスターの、ほとんど全てがダジャレというキャラ濃すぎなトーク(笑)

とんねるずの番組でもメインの二人のトークにダジャレを被せすぎて星を減らされたというほどのツワモノなんです。

食事メニューはサンドイッチの他はハンバーグ定食とハンバーグカレーのみ。
看板メニューであるハンバーグカレーは単品890円、コーヒーつきで1100円となります。

喫茶店ですからやはりコーヒーは欲しいところですね。


★ハンバーグカレー コーヒーつき ¥1100

おぉ、実に家庭的なビジュアル。
万人がイメージする典型的ジャパニーズカレーライスといえましょう。


味のほうも期待通りの家庭的カレー。
独自ブレンドした秘伝ルーとのことですが、ブレンドに用いたと思われる複数のカレールーの箱が棚に普通に置いてあるあたりが微笑ましいです。
ハンバーグも、これまた家庭的ですね。

食事中もマスターのトークは続きますので、相づちばかり打っていると食事が進まないことに注意です。


「コーヒーにお砂糖とミルクは?」と訊かれたので「ブラックで」と返したら、

「お客さん、コーヒーに関してはワンとスリーのあいだですねぇ」

なんてコトバをいただいちゃいました。

マスター、最後まで徹底していて素晴らしいですね。

何故かレジ脇で100円サングラスを売っているのもツッコミどころなんですが、長くなりそうなので今回は遠慮しときました(笑)


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

これはちょっと面白い。ネパール人によるJapaneseモダンカレー。「ミトミトカレー」(東武練馬)


東武練馬、かつて「ラスナ」だった場所にある、楽しげなカレー屋さん。


「ミトミトカレー」



店内は「ラスナ」時代よりも明るい印象ですね。

こちら「本格インド料理」と名乗りながらネパール料理やタイカレーもちょっと扱うといった、
ネパール人に良くある複合アジアン・・・といえばそうなのですが、プレゼンテーションがちょっと変わっているんです。

特に興味を惹き、かつ、お店側もイチオシしているのが、「Japaneseモダンカレー」と銘打ったシリーズ。

メニューには「日本の素材とインドカレー。二つの味が嬉しい。相性ぴったりの組み合わせ。」と説明されています。

インドカレーを日本のカレーライスのようにワンプレートで提供するだけならば、他のネパール店でもたまに見るのですが、こちらのお店ではまるでココイチのように、カツや唐揚げ、クリームコロッケにソーセージなどトッピングバリエーションがアリ。
より、日本カレー文化への理解ある感じが面白いですね。

そして良い方に裏切られたことには、カレー自体も単なるインドカレーじゃなく、
実にオリジナリティある着地だったんです。


★唐揚げカレー ¥690

こちらがその「Japaneseモダンカレー」
なかなか可愛らしいビジュアルでしょう?

カレーは辛さマックスの「大辛」にしたのですが、意外なことにインディアンチャイニーズのチリのような甘辛仕立て。
なので「大辛」でかなり心地よいバランスとなっています。
しかも日本のカレーライスのように玉ねぎが「くし型切り」で入っていたり。
これは面白いカレーですね。


具材の唐揚げは白くカラッとした衣。
片栗粉かしら?
ただ竜田揚げのようにタレが染みているわけではなくサッパリした味わい。
つまり、独特な甘辛カレーに浸けることで味のバランスがとれるよう工夫されているんです。

なるほど、ただ見よう見まねでインドカレーを日本のカレーライスっぽくした訳ではなく、双方のエッセンスをいいとこ取りして独自のバランスになるよう、しっかり考え抜かれています。
これがまさに「Japaneseモダンカレー」なのですね。


お店はありがたい通し営業。
15時までのランチタイムはドリンクがサービス。

マニアが押し寄せるお店ではないけれど、
「東武練馬ならここ、おススメですよ」なんて言いたくなる、ちょっと楽しいカレー屋さんでした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ミトミトカレー 東武練馬店



関連ランキング:インド料理 | 東武練馬駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大晦日、2016ラストカレーは学生街のダルバートで!「ポカラキッチン」(江古田)

あけましておめでとうございます。

2016年ラストカレーは大晦日まで頑張って営業していたこちらのお店で。

「ポカラキッチン」

日芸前にあるインドネパール料理店です。
学生街である江古田とその隣の桜台界隈には以前からネパール人によるインド料理店が多かったのですが、
ここ最近は堂々とネパール料理、特にダルバートを提供するお店も増えてきました。


こちらのお店、意外と広いです。
全体的な雰囲気はネパールですが、インド国旗が掲げられているのはご愛嬌。
やはり今でも日本には、お店側と客側双方に「インド料理が無きゃだめ」的先入観があるので、仕方のないことです。

このお店もやはり、ランチメニューはナン、カレー、タンドーリ料理といった「インド料理」が基本。

けれど、ほんとに食べてほしいのはダルバートなんですね。


★ネパールダルバットセット ¥800
・ライス
・ダルカレー(ダルスープ)
・マトンカレーorネパールカレー
・サグ
・アチャール
・マンゴーラッシー


おっと、錫製の食器が美しいですね。
気分はネパールです。


選べるカレーは「ネパールカレー」に。
ネパール家庭風のシャバシャバしたチキンと野菜のカレーです。
素朴ながら程よい辛さでニンニクがビシッと効いた好みの味。
味が染み込みまくった特に旨いですね。

ダルスープはダルカレーと表記されているものの、しっかりしたネパールのダルスープ。
但し液状部がほとんどないほど豆がたっぷり入っています。
用いているのはレンズ豆とマスコダル。

ライスはインド料理セットと共通なのでしょう、日本米ベースのターメリックライスなのですが、
不思議とこのダルバートにマッチしています。

これで800円はなかなかおトク。

と、思ったら夜は「マイつまみカレー」と称してミニサイズカレーが350円とか!

学生街侮りがたし。

ってことで、今年もめくるめくカレーの世界、よろしくお願いします!


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ポカラ キッチン



関連ランキング:ネパール料理 | 江古田駅新桜台駅新江古田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

オリビア・ハッセーとインドスタイルモモ。「ニューナマステヒマール」(大山)

大山。
ネパール料理の名店「マナカマナ」を擁するこの町には、他にも数軒ネパール人のお店があります。


「ニューナマステヒマール」

大山ハッピーロードから東に5分ほど歩いた離れにあるネパール人のお店。


メニューはかなりインド寄りで、ダルバートやチョエラ、スクティといったネパール料理は(メニューには)ありません。

かろうじてチョウメン(ネパール焼きそば)とモモ(ネパール餃子)はあるのですが、逆に興味深いのはモモに「インドスタイル」という表記が!?

なんだそりゃ?


★モモ(インドスタイル) ¥500

さぁ、やってきました、インドスタイル・ネパール餃子。
あ、なるほど、通常ネパールのモモではゴルベラアチャールというトマトベースのスパイシーソースが添えられているのですが、こちらのソースはミントチャトニ。
そう、タンドリーチキンによく付いている緑のアレですね。
おそらく他にネパール料理を置いていない関係で、インド料理とソースを共通化させているのでしょう。

工夫ってやつですね。


★カンパリラッシー ¥350

センベロ天国・大山ではネパール店とて例外ではありません。
この価格にして氷少なめ、たっぷりいただけます。
カンパリの苦味とラッシーのまろやかさがいい感じにミックスしていますよ。

さて、カレーメニューにはどうも惹かれるものがなかったので、このまま居酒屋シフトで行きましょう。


★マトンチップス ¥300

こちら一口サイズのフライドマトン。
中央に鎮座するのはゴルベラアチャールでもミントチャトニでもなくマヨネーズです。
衣の感じといい、マヨネーズをつけていただく感じといい、駄菓子屋のイカフライを髣髴。
うん、まさにそうだ。
イカフライのイカがマトンになった一品であります。

・・・実はこのお店、料理とお酒以外にも注目ポイントがあって、お店の母娘(多分)があのオリビア・ハッセー似なんですよね。
先行レビューにもそう書かれていたんですが、ホントにそうなんです。
厨房の男性も素敵スマイル男子で、それだけでも好感度上がるってもんです。

あ、もちろん「マナカマナ」のも女将さんも美人なので、負けてませんけどね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ニューナマステヒマール



関連ランキング:インド料理 | 大山駅板橋区役所前駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

安定の美味さで、真夜中の唐辛子補給。「ラーメン一番」(小竹向原/新桜台)

小竹向原深夜の唐辛子補給は、カレーじゃなくてこちら。

「ラーメン一番」

環七沿いのこの地で創業30年の老舗です。
かつては夜中に行列をつくる超人気店だったようですが、今は少し待てば入れる程度。
人気店であることに変わりはありません。


麺はストレートのやや太麺。
背脂チャッチャ系ながら、食べごこちは意外にサッパリ。
チャーシューがうまくて、ボリュームもたっぷり。

流行のラーメンのような派手さは全くないけれど、
安心して美味しくいただけるラーメンなのです。

さて、こちらのお店で唐辛子補給といえば、「オロチョン」と「豚辛子(とんがらし)漬け」。
この日はオロチョンで攻めてみました。


★チャーシューメン(味噌)¥1000
★オロチョン大辛 +¥150


相変わらず美しいチャーシューですね!
オロチョン=辛味噌でスープが真っ赤に染まっていますが、常識内の辛さです。


けど美味いっすね~

営業は夜中3時まで。
名物の豚辛子(とんがらし)漬けはテイクアウトで500円。

持ち帰って家でもう一杯すれば、もう夜が明けちゃいますね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ラーメン一番



関連ランキング:ラーメン | 小竹向原駅新桜台駅江古田駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

FC2Ad