FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

桜台駅前に心地よいスパイスカレーがやってきた。「リトルネストカフェ」(桜台)

ふと気がつけば、桜台駅前に素敵なスパイスカレー屋さんが誕生していました。

「リトルネストカフェ」

オープンは2018年6月28日。
スパイスカレーとシフォンが看板のお店です。


店名は「巣」のように居心地いい場所、という思いから。


その名の通り、早くも平日ランチ満席の人気ぶりです。


カウンター上にはマスターそっくりの人形。

その隣には地元練馬区の野菜たち。

東京だって地産地消できるんです。


ランチカレーはビーフ、チキン、野菜チキンに加え週替わりも。
カレーの他ツナサンドもあって、カフェ需要にも対応。


オーダーを済ますと、食前スープとツナサラダが出てきます。
やっつけじゃない感じに好感がもてますね。


★カレー2種がけ(チキン・ビーフ)¥1100

迷ったらあいがけの法則発動。


お皿も盛り付けも綺麗。
桜台でこんな麗しいカレーをいただける日が来るとは!


◎和風だしのチキンカレー

トマトの酸味、マスタードシード、そこに和出汁の仄かな旨味。
柔らかな鶏肉がゴロッゴロと贅沢!


◎赤ワインとスパイスで煮込んだビーフカレー

ワインの甘みとシナモン香る牛肉はこれまた立派すぎ。
カレー自体も意外にスパイシーホットで満足度高し。

お米は五穀米。
付け合わせにほうれん草のバター炒めやらっきょう、ゆで卵、レーズン入りキャロットラペ。

スパイスや出汁を用いた今どきのスパイスカレー感もありつつ、お肉たっぷりどこかホッとする街のカレー屋さんテイストも。

そのバランスが絶妙で、なるほど店名に相応しい一皿であります。

さらにソフトドリンクまでついてきてなかなかのおトク感。

ハニーラッシーをいただきました。

もう一つの看板メニュー、シフォンケーキは13時から。
カフェとしてもかなり居心地良さそうです。


リトルネストカフェ



関連ランキング:カフェ | 桜台駅練馬駅新桜台駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

桜台駅前に立ち飲みじゃないひょうたんが誕生!「タイ食堂 ひょうたん桜台店」(桜台)

桜台駅前に立ち飲みじゃないひょうたんが誕生!


「タイ食堂 ひょうたん桜台店」
(タイ食堂 福道 桜台店)


2019年1月11日オープン。

一皿1000円越えの料理が並びがちな日本のタイ料理店に一石を投じた練馬「タイ風立呑 福道(ひょうたん)」。
立ち飲みスタイルでちょこちょこ摘める小皿料理を取り揃え人気となり、今では江古田、大山に支店を出すまでに。


4店目となるここ桜台店はカウンター席、テーブル席を揃えた大衆食堂スタイルです。


けれどもリーズナブルさ、タイ好きのツボの押さえかたは相変わらず。


今や名物となった超辛おにぎりも健在だし、
カオソーイや各種汁物など座って食べたい料理も充実。


マレーシアカレーまでありましたよ。


★ラオスゴールドビール ¥650

タイ北部でも愛されるラオスビール=ビアラオ。
そのプレミアムラガーにあたるビアラオゴールドはなかなか珍しい!


★ヤムカイヨーマァ ¥480

ピータンのサラダなのですが、なかなか辛い!
流石ひょうたん!


★ガッティハイ ¥430

ということでココナッツミルクハイ。
パリッパリのココナッツチップスも面白く、辛い料理のクールダウンにオススメ!


★ムーヤーンジンジャオ ¥480

フームーヤーン=豚耳焼きを頼んだつもりでしたが、ベーシックな豚焼きが出てきました。
が、しっかり美味しかったのでマイペンライ。

近くにはネパール人の焼き鳥名人による「スタイリス屋」。
真夜中の桜台でアジアン梯子ができる日が来るとは、素晴らしい時代となったものですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

割烹ランチは洋食気分。「美松」(東武練馬)

ランチ時の東武練馬。
お目当のお店が閉まっていたのですが、近くのお店にカレーの文字を発見!

「割烹 美松」

なかなか立派な造りの割烹ですが、お値段リーズナブル。

流石はギリ板橋区。
相場が都心と違いますね。

一階はカウンター席と掘りごたつ式のお座敷。
そりゃもう座敷で。

★カレーライス ¥650
★カキフライ ¥700


カキフライつけたら随分豪華になりました。


割烹だけにカレーは和風もしくはおうち風をイメージしていたのですが、意外にも洋風。
トマトの酸味に加え、ほろ苦さも感じるカレーはブラウンソースさながら。
挽肉入りです。
これで650円は嬉しいですね。


カキフライは厚めの衣がザクザク。
揚げたてアッツアツでいただきます。
ピクルスたっぷりの手作りタルタルソースにつけても、カレーにつけてもイケますぞ。

洋食も美味しい割烹、なかなか良いです。
夜は地元の会合なんかに使われるのかな?


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

板橋にネワール族居酒屋誕生。「ネワーキッチン」(新板橋/板橋)

板橋にネパール料理と韓国料理が同時にいただけるお店があり、ワクワクして行ったらなんと!
業態変更で純・韓国料理店になっておりカレーはありませんでした。

ですがただでは起きません。
近くに新しいネパール料理店を発見&突撃!


「ネワーキッチン」

あれ?この場所・・・そうだ、ベンガル料理「シバ」の跡地だ。


実はここ、大久保「ネワーダイニング」の姉妹店。
店員さんはみな、カトマンズ出身のネワール族でありました。

オープンは2018年10月16日。
本店同様、カジュアルなネワール族料理をお酒とともに楽しむ居酒屋スタイル。
なんと板橋にマッチしていることか。

ちなみに入店時いた先客9人全員ネパールの方でしたが、店員さんは日本語ペラペラで不便はありません。

★コロナビール ¥550


★カジャセット ¥500

ダルバートも500円ならカジャも500円。
飲みメインで楽しむなら迷わずこちら。

マトンチョエラにバトマスサデコ、ミックスアチャールにネパールの押し米チウラがセット。
はっきりした味付けの飲兵衛仕様が頼もしいです。
そして結構辛め。


★ブラックアイ豆フライ ¥350

こちら黒目豆のフライ、Bodi fry 。
割と柔らかく仕上がっており、あとからヒリッとくる辛さ。
おつまみにピッタリ。


★鴨のチョイラ ¥750

カジャセットにあったマトンチョイラとはまた別のガツンとした味付け。
この品のようにネワール系のお店でいただくチョエラってどこか中華テイストな場合があるのですが、その理由が判明。
向こうではマスタードオイルたっぷり用いてるところを、ゴマ油に置き換えているみたい。
なるほどね、これはこれで美味いのよ。


★オールドダルバール ¥500

こちらなんとネパールのウイスキー。
香り強くはっきりした味が、バーボンともスコッチとも違うアジアを感じさせてくれます。
オススメ。

そして最後にこちら、面白いものを。

★米粉を油で揚げた料理 ¥500

日本語メニューにどう書いて良いか迷ったでしょうね。
こちらネパールのお祭りやお祝いで出されるセルロティ。
日本のネパール料理店でもお祝いの期間中特別メニューで出すところはありますが、通常メニューにあるのは珍しい。
いつでもお祝いできちゃいます。

甘い揚げパンのような味わいのセルロティに辛めのミックスアチャールを合わせていただけば、脳内はネパール祭り。

いやーここは繁盛して欲しいわ。
近隣の方々、幸せですな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ネワーキッチン



関連ランキング:ネパール料理 | 新板橋駅板橋駅下板橋駅


伏兵!平日ランチのキーマプラウが凄い。「ケララバワン」(練馬)

めっちゃ久々書きます。
練馬南インド料理の名店。

「ケララバワン」

店名は「ケララの家」。
今のように南インド料理が広く知られる前から続く老舗です。



店内は相変わらず雰囲気満点。
マサラワーラー武田画伯の絵も飾られています。


この日は平日ランチ訪問。
久々に記事を書こうと思ったきっかけは、オーダーした料理が非常にツボっておススメしたいから。

その料理とはこちら。

★キーマプラウ ¥1180

ドーサやミールス、ビリヤニ、またはタンドリー料理などと比べ後回しにされがちなプラウ(プラオ)。
共通の語源であるピラフのように、やっぱり何かと組み合わせてという印象が強いのでしょう。

しかしこのキーマプラウ、一品でバッチリ満足ランチとなる逸品だったのです。

見てください、まずはこのビジュアル。
鬼や。鬼がおる。

バスマティライスにきめ細かな挽肉、そして溶き玉子。
しっとりしていつつもフワッとした、独特な食感が堪りません。


そして、ビリヤニに勝るとも劣らない、かなりスパイシーな仕上がり。
ヒリッとしたブラックペッパーにマスタードシード。
もうプラウを添えモノとは言わせない、堂々の主役感です。


セットのサラダは黒胡麻仕立て、アイスチャイも抜かりなし。

こりゃあ満足満腹だ。

この「ケララバワン」、週末にはスペシャルランチをやっており、それ故平日ランチの候補にはあまり浮かばなかったのですが、いやいや。

こんなにレベルの高いランチを出すインド料理店、なかなかありませんよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad