カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

国立を代表するカレーの人気店。「国立カレー処 いんでぃ庵」(国立)

大学・高校がひしめきあう国立の街では、結構な密度でカレー屋と出会うことができます。
そんな中でも、「代表的なカレー屋を一つ」と言われたら、やはりここになるでしょうか。


「国立カレー処 いんでぃ庵」

その店名からは「インドカレー?」と思うかもしれませんが、いえいえ。

インディアンはインディアンでもインドカレーのインディアンではなく、ネイティヴアメリカンのほうのインディアンなんです。

「余計なものはいらない。大切なもの、必要なものが少しだけあればいい。無理をせず見栄を張らない。
自然を敬い、生きていること生かされていることに感謝する」
というネイティブアメリカンの思想が込められた名前とのこと。
店内を彩るグッズも、大山マスター自らアリゾナのナバホ居住区で買い求めてきたものだそうです。


厨房には弱火にかけられたでっかい寸胴。
カレーに注文を受けると、そこらからカレーのベースを片手鍋に移し、じっくりロースト。
音楽に乗ってリズミカルに野菜を盛り付けるマスター、なんだか格好良いです。

さ、カレーの登場ですよ。

★スペシャル・ビーフ ¥1200
(ビーフ+野菜・きのこ・ゆでたまご)


はて、どこかで見たような・・・と思ったあなた、大正解。
実は大山さん、「いんでぃ庵」開店に先駆け、吉祥寺「まめ蔵」に8年半勤務。
看板の 『国立カレー処 いんでぃ庵』 のロゴも 「まめ蔵」のオーナーで、アーティストでもある南椌椌(みなみくうくう)氏の手によるものだそうです。

「まめ蔵」の系譜を受け継いだカレーは、インドというより少し欧風寄りな、独特のカレーライス。
ゴロッゴロの贅沢な牛肉、ナス、ししとう、キノコに加え、プチトマトの酸味もぐっと効いています。

・・・なんでしょう、なんか美味いなぁ。

もちろん、味の方向性は「まめ蔵」なのですが、もはやオリジナルの域というか、
「いんでぃ庵」独自の味わいを醸し出していますね。

「まめ蔵」よりディープロースト(ディープスロートじゃないよ)な味わいというか。
好きな感じです。

カレー自体の辛さはそれほどではないので、刺激を求める向きはこちらを追加しましょう。

★激辛スパイス +¥100

単なる唐辛子ではなく、ガラムマサラがブレンドされているため、カレーに混ぜ込んでもバランスが変になることなく、
しっかりとした辛味を堪能できます。

最初は加えず、徐々に、徐々に辛くしていくのが良いですね。

食後はもちろん珈琲です。

★コーヒー ¥300

はぁぁ、美味いな。
カレーだけじゃなく、その後のコーヒーが美味い店って、一番信頼できるんです。

なんてったって、「世界一美味い珈琲は、カレーの後の珈琲である。」ですからね。


国立、いい街だなぁ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

QLOOKアクセス解析

いんでぃ庵

昼総合点★★★☆☆ 3.9



関連ランキング:カレーライス | 国立駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

100%笑顔溢れる欧風カレー。「DS100%カレー」 (立川)

最近、立川がちょっと元気です。
大阪の伝説のカレーを復活させた「シギリヤ」や、鮮烈なスパイス使いが魅力の「レインボウスパイス」など、魅力的なカレー屋さんが続々誕生。

そして・・・こちらのお店もその一つです。

「DS100%カレー」

かな~り印象的な店名ですが、DSとはDouble Screenの略・・・ではなくて、Devenir Sourireというフランス語から。
「100%」「笑顔になる」「カレー」というような意味のようです。

カウンターのみの小さな店内。
若き店主が鍋をゆっくりかき混ぜています。

そう、ここは欧風カレー屋さん。

しかし「ボンディ系」のお店などと比べるとずいぶん価格抑えめで、とってもカジュアルな感じがしますね。


カレーは種類によって辛さが違っています。
欧風カレーの場合、初訪から辛さのマイベストバランスを見極めるのが難しいもの。
ならばと、一番辛いのと、一番辛くないのを頼んでみることにしました(笑)
それで完璧。


★牛すじカレー ¥950

こちらが一番辛いの。
やはり関西出身としては、牛すじがあると頼んでしまいます。

柔らかく煮こまれた牛すじと、ごろんと贅沢なジャガイモ。
カレー自体は激辛というほどではなく、赤ワインを感じる品良き味わい。
なんか、じっくり誠実に作った良質な美味しさ、という感じです。


★カツカレー ¥1080

こちらは辛さ控えめなの。
もうカレーの色からして違います。
フルーティーな甘みを強く感じるカレーで、単に辛さの違いだけではなく、仕込みからして変えている気がします。

で、特筆すべきはカツ。
衣のサクサク感と肉の味わいが最高!

得てしてトンカツの店でカツカレーが不味いのは、トンカツ自体が油っこくカレーに溶け込むからであって、
ここのカツは油っこさが全くなくサクッとしており、カレーとの親和性も抜群。
これは美味いぞ!

ちょっとすてきだな、と思ったのが、2013年11月にオープンしたこのお店、
春の消費税増税のタイミングで価格改定、なんと値下げしたんだとか。

「みなさん大変でしょうから」というそのスタンス、ハートフルで漢気あるなぁ。
みんなを100%笑顔にしたいという心意気を感じます。

こういうお店は、しっかり続いて欲しいですね。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

DS100%カレー

昼総合点★★★☆☆ 3.7



関連ランキング:欧風カレー | 立川駅立川南駅立川北駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

繊細さと大胆さを秘めた、若き名店。「レインボウスパイス」(立川/立川北)

なんだか最近、立川のカレー戦線が賑やかなのです。
大阪伝説のカレーを復活させた「シギリヤ」のみならず、魅力的なカレー屋が続々オープン。

なかでも駅に近く、既に人気を博しているのがこちら。

「レインボウスパイス」

ものすご~く独特な発光看板、実はこれ飛行機のキャノピーなんです!!
そう、立川といえば戦時中、軍用機を生産していた街ですからね。
ご当地カレー店としてナイスすぎるアイデアです。


カウンタースタイルの小さな店内。


★ボス ¥550

インドビールのセレクトもなかなかマニアック。

料理は「カレーライス」でも「インド料理」でもなく、その両方をミックスしたような「インドカリー」がメイン。
17時以降はカレーを二品選べる「ダブルカリー」が選択可能です。

★ダブルカリー ¥990

料理がやってくる前から立ち込める、芳しきスパイス香。
ちゃんと手抜きなしのインドカレーを作っている証です。

ライスは面白いことに日本米でもインド米でもタイ米でもなく、カリフォルニアの中粒米「カルローズ」。
ジャポニカ米系のお米ですが、日本米ほどモチッとせず、少し芯があるような食感が特長。
小麦粉を使わないインドカレーによく合いますよ。
つけあわせとしてジャガイモのサブジが添えられているのも丁寧。

さて、一つ一つのカレーを見ていきましょう。

★季節の野菜マサラカリー

ココナッツミルクで仕上げた南インドテイストのカレー。
野菜がたっぷり煮込まれています。


★チキンマサラカリー

ホールスパイスをふんだんに使った北インド風のカレー。
中には鶏モモ肉が入っています。


★チキンバターマサラカリー

トマト、バター、生クリームをふんだんに使ったバターチキン。


★夏野菜のキーママサラカリー

8月の限定カリー。
北インド式キーマカリーをベースにナス、ミニトマト、青唐辛子、パプリカを加えたもの。


こうして並べてみると壮観ですね!
どのカレーもちゃんと、スパイスが立っていて、並大抵のインド料理店では太刀打ちできない美味さ。
しかも野菜や肉の味わいがしっかり活きているあたり、日本人ならではの繊細な感覚が光っています。

やはりレインボウだけに、インドの山奥で修業したレベルの美味さというわけでしょうか。


このアチャールもまた美味い!手抜きなし!!

食後にはこちらをいただきました。

★パパド&クルフィー ¥300

お、これは新発想!!
インドのアイス、クルフィーにパパドを組み合わせただけでなく、ピンクペッパーをトッピング。
クルフィーのミルキーな甘さとパパドのパリッとした食感、そして塩コショウのピリッと感が絶妙なバランス!
これは相当美味い!

そして確信しました。

カレーもクルフィーもそうですが、こちらのシェフは、スパイスや食材それぞれの香り、食感、旨みを内に向かうベクトルで融合調和させるのではなく、四方八方外に向かうベクトルで引っ張り合い、料理に立体的な緊張感をもたらすことにひたすら注力しているのだと。
そのダイナミズムがあるからこそ、さりげなく見える一品一品が不思議と美味いのだと。

繊細さと大胆さ、とても好きな方向性です。

立川に来る理由がまた一つ、増えましたよ。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

レインボウスパイス

夜総合点★★★★ 4.1



関連ランキング:インドカレー | 立川駅立川南駅立川北駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大阪・伝説のカレーが立川に転生!「セイロン風カリー シギリヤ」(高松/立川)

大阪・北新地にあった伝説の名店「オリムピック」をご存知でしょうか。

時は昭和30年代。

元々はステーキハウスだったこのお店、ある時訪れたスリランカ人に「スパイスを提供するからカレーを出してくれ」と持ち掛けられランチでカレーを出したところ、これが大評判に。

「セイロン風カリー」と名付けられたこのカレーはシャバシャバスパイシーでありながら、スリランカ現地とは異なりブイヨンを用いた独特なカレーであり、さらになんと、イカの塩辛をはじめとした薬味を混ぜながらいただくという、ほかに類を見ないものだったそうです。

多くのカレーファンに衝撃を与えたこのセイロン風カリー、「オリムピック」閉店後は、弟子たちが営む南森町「グリルケント」、大江橋「ステーキ榊原」、夙川「ステーキハウス たけうち」へと継承。
しかし「グリルケント」「タケウチ」はすでに閉店、現在は「榊原」の水曜限定ランチとして提供されるのみとなりました。

一方東京ではオリムピックの流れを組む店が赤坂にあったようですがすでに閉店。
本郷の喫茶店「ルオー」で提供される「セイロン風カリー」がその流れを汲んでいるそうですが、こちらはあくまでもワンプレートで提供されるカレーライススタイル。

かつて大阪のカレーファンに衝撃を与えた、「イカの塩辛とともにいただくセイロン風カリー」とは、一体どのようなものなのか・・・



2014年5月東京・立川。
ここに一軒のカレー屋が誕生しました。

「セイロン風カリー シギリヤ」

そう、ここはスリランカ料理屋ではありません。
なんとあの、「オリムピック」伝統の「セイロン風カリー」のお店なのです!


店主の竹内さんは、上述の夙川「ステーキハウス たけうち」オーナーの息子さん。
東京で脱サラし、閉店した父親の店のカレーを受け継ぐ形でカレー屋を開業したとのこと。

まさに伝統を受け継ぐ「オリムピック第三世代」の店というわけですね!!


カレーの基本は、野菜とチキン、そして月替わりカリー。
その他、つまみ系の一品料理も揃っています。


そして、ありました!

イカの塩辛!!

それだけでなく、薬味7種セット¥100なんてのもあります。
こりゃあ頼むしかありませんね。


まず最初に出てきたのがサラダ。
シンプルに見えてこれが美味かった。
ドレッシングが大好きな「三田屋本店」のそれに似ているのです。


★チキンカリー ¥1180

これが伝説の「セイロン風カリー」!!
中村屋のカレーを越えてシャバシャバなルゥは、小麦粉を使わず、タマネギ、ニンニク、生姜、リンゴを煮込み、ブイヨンとスパイスで仕上げたもの。

実際いただいてみると見た目よりもしっかりとした辛さで、しかしスルスルっと食べやすい。
チキンは骨付きでまるまる二本、そして確かにブイヨンの旨みを感じます。
なるほど、セイロンといいつつも、洋食の技法をうまく用いた美味しいカレーですね。

ちなみにカレー自体の塩気は幾分控えめ。
理由は・・・そう、もちろんこれを用いるからなんですよね。

★薬味7種セット ¥100

いやぁ!凄い!!正直驚きました!!
巨大な器に美しく盛られた薬味たち!!!
たった100円でここまで豪華とは!!!

聞けばこの物凄い器、閉店した「ステーキハウス たけうち」から引き継いだものだそうで、
つまり30年以上もの間、セイロン風カリーを支え続けた伝統の薬味皿とのこと。

薬味7種の内訳は・・・

イカの塩辛
ザーサイ
紅ショウガ
らっきょ
福神漬け
シソの実漬け
マンゴアチャール


普段はここにサーモンマリネが入るところ、この日は切らしており、かわりにインドのマンゴアチャールが。
個人的にはウェルカムですよ。


さてさて、このイカの塩辛がカレーにどのような効果をもたらすのか・・・早速試してみましょう!!!


まずはお皿の周囲に薬味を並べてみました。(らっきょだけ配置忘れ)
そして徐々に、カレーに混ぜてゆきます・・・・

最初はやはり、イカの塩辛を・・・・

お、これはかなり新鮮な驚きです!!

イカの塩辛、その強い塩っ気がカレーに加わることで、逆にカレーの甘みやコクが引き立つ不思議。
なるほど、スイカやトマトに塩を振りかけるのと同じ道理なのですね。

しかし、驚きはそれだけではありません。

ザーサイ、これがまたカレーに合う合う!!
あ、そういえば塚口のビーフカレー店「アングル」でもカレーにザーサイを合わせていたけれど、
「タケウチ」との場所の近さを考えればルーツは同じなのかもしれないなぁ。

さらに強烈な酸っぱさのマンゴアチャールに、紫蘇の実漬け・・・
カレーにどんどん具材を投入して、どんどん混ぜながらいただけば、味にどんどん立体感が出てきて美味いこと!

ここで大きなことに気が付きました。

スリランカではカレーとご飯に加えて、いろんなおかずをワンプレートで盛り付け、どんどん混ぜながらいただくのが基本のスタイル。
この「セイロン風カリー」は、ルゥにはブイヨンを使い、薬味は和洋中MIXでありつつも、それらを混ぜながら味の変化を楽しむという点においてまさに「スリランカ風」。

なるほど膝ポン!なカレー体験だったわけです。

ここでカレーをもう一品。

★夏野菜カリー(8月 月替わりカリー) ¥1180

小ナス、オクラ、コーン、枝豆、モロヘイヤ、プチトマトが入ったオリジナリティ溢れる仕様。
カレーのベースはチキンと同じだそうですが、具材の違いで辛さがよりシャープに感じます。


混ぜて楽しむのが基本のカレーだけに、どんな食材がやってきても美味しくいただけますね。

50年以上も受け継がれてきた伝統の強さを垣間見た気がしました。


こちらは試作のポルサンボル、カツオとココナッツで作ったスリランカのふりかけのようなもの。
「セイロンを名乗るからには」と鋭意開発中だそうですが、これがまた一枚加わることで、カレーの魅力がさらに増しそうな予感です。


★ホットコーヒー(グアテマラ)¥300

カレーの後は、やはりコーヒー。
豆が選べたのですが、苦みの強いグアテマラをチョイス。

そして、さらに新メニューのこちらもいただいてみました。

★アフォガート ¥400

開店祝いにいただいたというネスプレッソを用い、バニラアイスにかけながらいただく一品。
これまたカレーの後に、しかも暑い日にはたまらない美味さですね~!!!
是非みなさんも注文してみてください。

「伝説の店のカレーを継承」というネタ性を越え、期待以上に個性的で面白いお店。
カレーだけでなく、店主竹内さんとの映画談議(得意ジャンルはSF・ホラーだそう)も楽しみの一つです。

駅からちょっと離れているため、食べログ検索では一発で出てこない(食べログのデフォルトは駅800m圏内)ハンデもあるのですが、世のカレーマニアの皆様には是非、足を運んでいただきたいお店なのでした。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

シギリヤ

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:カレーライス | 高松駅立川北駅立川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

武蔵野オトナコドモな童話の国。「クルミドコーヒー」(西国分寺)

毎年春と秋の二回、一般公開される日立中央研究所の庭園。
今年の秋も11/17の公開日に行ってきましたよ。


今や小説の中にしか存在しないとさえ思われる、東京・武蔵野の自然。
この広大な庭園へ来ると、その貴重な原風景が体感できるのです。

紅葉には少し早かったこの日ですが、名物である白鳥の優美な姿も見られることができました。
私的にはハナワラビなどのシダ植物やカマキリなどの昆虫のほうがツボなのですがね。

そして、初めての人は皆驚くような人出のなか、毎年お店を出しているのがこちらのカフェ。

「クルミドコーヒー」

西国分寺を代表するカフェであるだけでなく、
食べログ4点越えで全国のカフェマニア達の支持も集める超人気店。
あの「マメヒコ」店主、井川氏のサポートでできたお店だそうです。


そのコーヒーを大自然の中でいただく贅沢といったら・・・

しっかりとした苦みとコクがありながら、エグみがまったくなく爽やかな飲み心地のコーヒーは最高でした。

で、で、その流れで、西国分寺駅前にある店舗の方へと訪問。

ホント駅のすぐそばなんです。


店内はくるみ割り人形をトレードマークにした、オトナコドモな童話の世界。




誰もがワクワクする、実に素敵な異空間です。


そしてこの段々な作り、席に座ってみるとわかるのですが、
他の席と視線が交錯しない絶妙な構造になっているんですね。
とっても知的な遊びを感じます。


★オレダモン ¥700

カフェオレに生姜シロップとカルダモンを加えたスパイシー!!!な一杯。
スパイスマニアはこれ、行っとくべし。


★クルミドレアチーズ ¥500

三種類のチーズをあわせたレアチーズ。
品のある背徳感。


★クルミドケーキクリームりんご ¥520

紅玉半玉を焼きりんごにしてパンケーキでサンド。
シナモンを効かせたホイップクリームにたっぷりのクラッシュピーナッツ。
これまた絶品ですね。


こちらはナチスの拷問具。
・・・ではなくくるみ割り機。

いたるところに楽しんでもらおうという工夫が感じられるこのお店、
人気店にはちゃんとそれだけのホスピタリティがある、そういうことなんですね。

●「カレー細胞」Facebookページはじめました。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

クルミドコーヒー

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:カフェ | 西国分寺駅

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

FC2Ad