FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

真夜中のクラフトビール、真夜中のスパイスライス。「The Public Six」(六本木/麻布十番)

六本木と麻布十番の間あたりって、意外と真夜中スパイス補給できる場所がなかなか無く・・・・

とずっと思っていたのですが、見つけました。やっと。

夜中2時頃の、貴重な発見です。

「The Public Six」

木製巨大ロボの顔のような外観。
中は見えず、一瞬躊躇する感じではありますが・・・

店内は意外に広く、抜け感がありつつも独特の世界観。
あ、これ好きな感じかも。


カウンターに陣取ります。
お酒はあれこれあるのですが、特に日本の酒に力を入れている様子。
土地柄、海外の方も多いですからね。

料理やカクテルにも和の食材をかなり意識的に取り入れています。

そして嬉しいことには、やたらスパイス系のメニューが多いこと。
うんうん、土地柄、刺激を求める人が多いですからね。


★国産生姜のスパイシーモスコミュール ¥900

私がバーで最初に飲むカクテルは九割方モスコミュール。
ちゃんと銅のジョッキで提供です。
ベース甘めですが、生姜がキリッと効いて好感触。


★スパイスラムチョップ~薫る江戸前七味~ 1本 ¥800

オリジナルソースでマリネし12種のスパイスと合わせた衣で揚げたラムチョップ。
スパイシーにしてジューシー、仕上げに振りかけられた江戸前七味も香ばしく、これは良き深夜酒のお供ですぞ。


★オリジナルクラフトビール(THE PUBLIC ALE) ¥850

10以上のタップがあるこのお店ですが、こちらはオリジナル。
フルーティな苦みで、一杯目にも良いクラフトビールですね。

そしてさて・・・メニューの「RICE &NOODLE」という項目に刮目。
「カレー」という文字はないのですが・・・・

なんとラクサが二種類も!
そして「スパイスライス」なるものが気になりすぎる!早速オーダー。


★PUBLICスパイスライス ¥880

あ、ああ、これはもう、めたくそドライカレーですやん。最高。

ミックススパイスにソーセージ、刻んだハラペーニョの酢漬けなどを混ぜ込んだご飯を炒め、表面ブワッと炙りを入れた一品。
ちょっとジャンバラヤ的な雰囲気もありますね。
炙りが入った米のカリッと感と、上に乗った卵黄のマッチングも素敵です。

量は控えめで、〆に丁度良いサイズ。
これは助かる、ホント助かる。

いままで、どれだけ真夜中の麻布十番をさ迷ったことか。
そして、いったい何度、「麻布ラーメン」に流れ着いたことか。

これからは時々、真夜中に寄ることになると思います。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第2便 ドライカレーの世界。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大阪から浅草へ。香り高き西インドの味。「西インドスパイス ガヤバジ」(浅草)

大阪天満に「西インドスパイスカレー」のお店ができ、行こう行こうと思っているうちに閉店。

残念・・・なんて思ってる間に、気がつけば浅草に移転オープン!?

これは嬉しい!


「西インドスパイス ガヤバジ」

2019年6月29日オープン。
つくばエクスプレス浅草駅からすぐ、河童橋の路地にお店はあります。

ご主人は別のお仕事を持っており、営業は土日のみ。
今回の東京移転も転勤などが理由だったそうです。


夜はシーシャバーになるというこの場所。
雰囲気も居心地も最高です。



シェフは西インド・プネ出身(レカママと同郷!)の女性、ガヤさん。
西インド直輸入のフレッシュスパイスを使ったカレープレートがこの店の魅力です。


カレーメニューはセット2種。

◎Aセット \1000
チキンキーマ、ダール、サブジ、アチャール、パラタ、バスマティクミンライス、ライタ
◎Bセット \1300
チキンキーマ、ダール、サブジ、アチャール、パラタ、バスマティクミンライス、ライタ、チキンティッカ、マサラエッグ


要はAセットにチキンティッカとマサラエッグを加えたのがBセットというわけですね。


★生ビール ¥600

料理ができるまでの間、ちょっと昼のみ。
あ、このビール、クラフト系のアレやん。


★Bセット ¥1300

せっかくなので全部入りのBセットを選択。
流石は大阪発、盛り付けが美しいですねー


まず特筆すべきはダールとチキンキーマがとにかく美味いこと。
辛さ控えめで優しい味わいながら、香りが豊か。
基本軸がとてもしっかりしています。

小麦の味わいを楽しめるパラタも実に素晴らしいですね。

そして、Bセットならではのチキンティッカとマサラエッグ、これはいずれもしっかりとしたスパイス感で良いアクセント。
これは絶対付けるべき!

そして、満足感がありながら、食後感は重くなくスッキリ。
油少なめで、きちんとちゃんと作ったホームスタイルのインドカレーやスリランカカレーってそうなんですよね。
これなら毎日食べられる。
土日しかやってないけども・・・・

土日は観光客で賑やかな浅草ですが、ここは中心地から少し離れていることもあり別世界。
西インドの、ゆったりながれる優し気な風に身を委ねる食体験。

実に良いものです。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

美味しくリーズナブルな大衆居酒屋、その秘密は店名逆さ読み。「まるび」(大井町)

大井町北口、街角に輝く居酒屋の看板。

「まるび」

けれどここ、普通の居酒屋じゃあありません。
試しに看板を逆から読んでみましょう。

「まるび」→「びるま」

そう、実はここ、ビルマつまりミャンマー人による、ミャンマー料理がいただける居酒屋なんです。

早速入店してみましょう。

店内はもう、完全に居酒屋。
近隣の務め人と思われる方々が一杯ひっかけに集まっています。
「ここの料理、ほんっとに美味いから!」
なんて嬉しそうに語る皆さんを見ていると、国籍とか抜きにして愛されている居酒屋なんだなぁと実感。


★ミャンマービール ¥550

日本のビールもありますが、ミャンマービールもあります。


お通しはカツ煮。
味がしみていて何気に旨い!


★ミャンマーエビサラダ (プズントゥ)¥600

定番の流れではまずラペットゥ(お茶の葉サラダ)ですが、あえて海老から。
サッパリ甘辛くてスターターにピッタリ。


★角ハイボール ¥250

この日のサービス価格だったのですがとにかく安い!そして濃い!


★カレーポテト ¥380

ミャンマー系以外にもカレーメニューがあります。
思った以上にカレー味、そして思っていた3倍ほどの量!
このお店のお値打ち感、凄いですね。


★ホタテバター焼き ¥450

いやぁ、味濃くて酒が進むわー。
確かにここ、普通の居酒屋メニューが美味しいです。
そして安い。


★チキンじゃがいも煮(チェッターヒン)¥600

さて、ミャンマー料理に戻りましょう。
「ミャンマーカレー」として知られる「ヒン」、そして「ミャンマーチキンカレー」と訳されることもある「チェッターヒン」。
ですが実は「ヒン」は「煮込み料理」という意味で、実に様々なタイプがあるんです。

こちらのヒンは、汁気のない完全ドライタイプ。
ニンニクたっぷり、塩と油が強めで、カレーというよ生姜焼きに近い雰囲気ですね。
そのままだと結構味濃いので、キャベツがどんどん進みます。

そして、お酒もどんどん進みます。


★ラペッタミン

〆はお茶の葉チャーハン。
メニューにないけど、快く作ってくれました。
独特の風味が面白いですよ。

ミャンマー料理も民族や地方によっていろいろだけど、この店の料理の味の濃さ、油の使い方、雰囲気・・・ヤンゴンっぽいかなぁ。
なんて思って聞いてみたらズバリ、お店の方はヤンゴン出身でした。

ミャンマー料理好きかどうかにかかわらず、酒飲みならめちゃ楽しめるお店ですよ。



●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

徹夜明けの朝そば&朝カレー。「信州屋 渋谷店」(渋谷)

徹夜明け、渋谷で人気の立ち食い蕎麦屋で朝カレー。


「信州屋 渋谷店」

オーダーは券売機・・・いや、券売機役のおばちゃん。
オーダーを伝え前会計すると、横にいる厨房スタッフに伝言してくれます。
なかなか通らなかったけども。


★半カレー丼セット もり ¥620
★いか天 ¥170



角の立ったコシのあるお蕎麦。
リーズナブルな立ち食いの土俵を超えています。
石臼挽きの蕎麦粉を用いているそう。

なるほど、人気があるのもわかりますね。


カレーはとろみあるベーシックタイプ。
仄かな出汁感は蕎麦屋ならでは。
タイミングが悪かったのかご飯がイマイチだったので蕎麦つゆを少し加えたら、カレーの出汁感もアップしちゃぃました。

そして良かったのがいか天。
サクッとした歯ごたえの衣が嬉しい。
どうやら渋谷店限定で天ぷらの揚げ立て提供をしているのだとか。

徹夜明けで座りたい!という苦悶は別として、悪くない朝食処ではないでしょうか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

恵比寿の夜に、宮崎ご当地グルメと〆カレー。「ヒムカテラス 宮崎ダイニング」(恵比寿)

恵比寿、駒沢通り沿いに何やら新しいお店が。
なんだか気になって入ってみました。

「ヒムカテラス 宮崎ダイニング」

2019年7月9日オープン。
同じ恵比寿にある宮崎料理「てにゃわん」の系列店だそうです。
店内を飛び交うのはゴリゴリの宮崎弁。これだけで宮崎出身者は和むのではないでしょうか。


この日はお一人様、木のカウンター席に陣取りました。
他に4人掛けのボックス席、掘りごたつ式のお座敷席もあって用途は多彩ですね。

まずは、宮崎ならではのお酒から。

★日向夏サワー ¥600

暑い日は酸味!酸味が最高!

お通しは宮崎産小松菜のおひたし。

炙りが入ったお揚げがとてつもなく香ばしくてビックリ。
これはみんな真似したほうが良いですね。

料理は宮崎名物料理から、居酒屋定番メニューまであれこれ。
せっかくなのでスパイシーなものから頼んでみましょうね。


★MSC マキシマムスパイシーグリルチキン(ハーフ)

宮崎の鶏を宮崎民ご用達「マキシマムスパイス」で調理した一品。
お一人様ということで、ハーフサイズで作っていただけました。
こういう柔軟な対応はとても有難いですね。

「マキシマムスパイス」ってのは初耳なのですが、宮崎では
「どんな料理にでもかけるとプロの味になる、魔法のスパイス」として人気のようですね。

(ちなみにAmazonにも売っていました。)

原材料は食塩、ごま、野菜粉末、しょう油、ナツメグ、パプリカ、カツオエキス、クミン、ローレル、唐辛子・・・
なるほど、辛さと香りに加え旨みも入っているわけだ。

ということで、このマキシマムスパイシーグリルチキン、期待を裏切らない味。
決して辛い!というほどではなく、大人から子供まで美味しくいただけます。


★スコールサワー ¥600

あの「愛のスコール」は実は宮崎発祥。
カルピスソーダにも先行した、乳性炭酸飲料のはしりです。
発酵ブームの今だからこそ、再評価したいところ。
お味はもちろん甘酸っぱい「初恋の味」ですよ。

・・・さて、先ほどのチキンをハーフにしてもらったのには理由があります。
だって、カレー食べたいんだもん。

★牛すじカレー ¥950

宮崎産牛すじを用いた手作りカレー。
深めのお皿にたっぷりサイズです。

そしてこれがもう、牛スジの旨味がカレーのコクとなって味わい深いのですが、意外に重くなくサラリ。
なるほど、これは飲みの締めとして3、4人でシェアするのに絶好のチューニングではないでしょうか。

お食事は22時30分ラストオーダー、お酒は24時まで。
料理もちゃんと美味しいし、カレーもある。
他に宮崎のお酒もあれこれあったので、こんどはちゃんと飲みに来たいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第1便:麻婆豆腐はカレーか否か。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)
curry_Brand_2400_1300.jpg



ヒムカテラス



関連ランキング:郷土料理(その他) | 恵比寿駅代官山駅中目黒駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ