FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

フレンチシェフが丸の内でドライカレーを創ったら。「o/sio」(二重橋)

代々木上原のフレンチ「sio」がカジュアルビストロ業態の新店をオープン。

場所は二重橋「丸の内ブリックスクエア」の地下一階。
スープカレー「SUAGE丸の内店」のちょうど隣。


「o/sio」

オープンでカジュアルな雰囲気でありながら、洗練度は抜群。
さすがであります。


興味深いのがランチメニュー。

ほっけ定食に唐揚げ定食、カレーにナポリタン。
ニッポン庶民のDNAに染み渡るメニュー構成です。
しかも価格設定も大衆食堂のそれ。
これらをフレンチアプローチで解釈するとどうなるのか・・・

ドライカレーを頼んでみましょう。

★シェフのお父さんのドライカレー ¥1000

トレイで出てくるあたりが街の食堂シフト。
メニュー名はほっこりだけど、カレーが醸し出すオーラは只者ではありません。


口の中でザックザクに弾けるコリアンダーシード、カルダモン、ツンと香るクローブ、ブラックペッパー。
なかなかにスパイスフルなドライキーマカレーですね。


そこに細かなフライドオニオン&削りチーズで風味、食感をディテールアップ。


さらに温玉をとろーり崩せばまろやかに味変。

同じ丸の内には、ライスにキーマを載せたスタイルの元祖といわれる日本郵船式ドライカレーを提供する「ポールスター」もありますが、そこからさらにアレンジが入った一品。
かなりレベルの高いドライカレーです。
シェフのお父さん凄いなぁ。

流石「sio」、フレンチから離れニッポン大衆食を手掛けても再解釈と再構築のセンスが素晴らしい。

それでいてこの価格設定。
本来の意味でのコスパ=コストパフォーマンスが凄いお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

渋谷スクランブルスクエアに独自コンセプトのスパイスカレー店。「寝かせ玄米とカレー&スパイス nuka」(渋谷)

ついにオープンした渋谷スクランブルスクエア。

メトロ直結の地下一階、東急フードショーエッジに登場した、テイクアウト&イートインのカレー店。


「寝かせ玄米とカレー&スパイス nuka」

「寝かせ玄米」をテーマに様々な店舗展開を行う株式会社結わえるによる、寝かせ玄米×カレーのお店です。

「寝かせ玄米」とは、炊いた後数日寝かせることでもちもちの食感にした玄米のこと。
今回カレーと組み合わせるにあたり、渋谷観光大使でありカレーマニアとしても知られる小宮山祐飛さんがアドバイザーを担当しています。

イートインは7席。
店頭レジでお会計を済ませてから席につきます。


待っている間は卓上の説明書きを読みましょう。

こちらのカレーに用いられている「寝かせ玄米」は、玄米を圧力釜で炊いた後、数日熟成させ、胚芽押し麦をブレンドしたものだそうですよ。


★ポーク&バターチキンの合いがけカレー ¥1380

せっかくなのでやはり合いがけ。
色とりどりの副菜にも目を見張るものがあります。

いやあもう、とにかく「寝かせ玄米」がモッチリしてて美味い!
ポークカレーもバターチキンも、トロみすぎずシャバすぎずな絶妙さでこの米にベストマッチ。
優しいのにまた食べたくなる味わいです。

そして卓上には味変用に青唐辛子ナンプラーとレモン酢が用意。

いやもうズルいです(笑)
極論、青唐辛子ナンプラーと玄米だけでもどんどん食えちゃいますから!

場所柄、有難い通し営業。
冷蔵庫には、私が常々「カレーに合う」と主張しているネストビールもスタンバイ。
平日夕方、夜、週末と、カレーの選択肢が少ない渋谷に心強い場所ができましたね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第5便
カレーとハラール。文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

寝かせ玄米とカレー スパイス nuka 東急フードショーエッジ店



関連ランキング:カレーライス | 渋谷駅神泉駅

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷でタイのスパイシー秋の味覚。「クルン・サイアム渋谷文化村通り店」(神泉/渋谷)

他店舗展開しても安定クオリティの底力を誇るタイ料理店「クルンサイアム」。
(「タイ料理研究所」「オールドタイランド」なども同系列です。)
その文化村通り店へGO!!

「クルン・サイアム渋谷文化村通り店」

BUNKAMURAからユーロスペースやO-EAST、そしてホテル街に向う坂道の左側に輝くお店です。


入り口にはトゥクトゥク。


トラディショナルとポップの融合がいい感じです。

そして「クルンサイアム」各店のなかでもこちらは特に、タイのポップカルチャー色が濃厚。

タイの人気ミュージシャンのCDに、


漫画や書物。

とりわけ日本でも「タム君」の愛称で人気の漫画家ウィスット・ポンニピットの作品が店内いたるところに。


うちにあるものもあるなぁ。

さて、「クルンサイアム」といえば定番タイ料理からイサーン料理、カオソイまでハズレなしなのですが、この日は秋限定メニューがあったので、即オーダー。


★マクアパッチャー麻辣 ¥1280
★ジャスミンライス(小)¥180


秋の味覚といえばマクア、つまり茄子ですよねー。
こちらは茄子と豚肉を麻辣仕立てで炒めた、旨くないわけがない一皿です。

いやぁ、とにかく茄子がたっぷりで嬉しい。
そのジューシーさが濃い目の味付けの肉にこれまた合いますわ。

これ、今月までなのかなあ?
食べたい方はお店に要確認ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

学大カレー最後の砦。「かしわや学芸大店」(学芸大学)

いつだって、最後の砦は用意しておいたほうが良い。

学大でカレー食いたい時の、最後の砦がここ。


「かしわや学芸大店」

三軒茶屋そして神奈川方面にもある立ち食い蕎麦&カレー屋さんですが、こちら学大のお店はなんと24時間営業。

深夜でも、徹夜明けの朝でも、カレーライスがいただけるのです。


支払いは券売機、ピックアップはセルフ。
座りカウンター席もあります。


★カツカレー ¥640

ワンコインを切る価格のカレーにカツを乗せた(この店では)なかなかの贅沢メニュー。


辛さ調節もセルフです。


カレーはとてもベーシックな日本カレー。
想像通り、に応えてくれる味。
カツはまぁ、お惣菜コーナーのものと思っていただければ。

そして、S&Bの辛味スパイスの優秀さよ・・・・
なんの違和感もなく、カレーをええ感じの辛さに導いてくれます。


★缶ビール ¥300

この世界観なら、生じゃなくて缶ですよね。

とまぁ、究極の日常使いなお店なのですが、なんと芸能人来店歴が。

石ちゃん、戸田恵梨香さん、そしてEXILE岩ちゃん。
岩ちゃんがこの近くに住んでいた時、よく来ていたお店だそうですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

回る回るよセクワマシーン。有能なネパール串焼き居酒屋。「セクワガル」(大久保)

大久保・新大久保の同胞向けネパール料理店といやぁ、我々にとっても優良な飲み屋であることが多いですよね。
大久保駅北口から中野方向へスキップして3分。

「セクワガル」

オープンは2019年10月1日。
近隣には「Newガウレレストラン&セクワガル」「バジェコ セクワガル」と2つの類似した名のお店があり、混同必至です。


「セクワ」とはネパールの串焼き、「ガル」は家というような意味ですから、日本で言えば「串家」みたいな店名。
その名に恥じぬ、まだピッカピカな排煙設備が立派です。


さて、この日もまだまだ日本人客は他におらず。
まずは一杯と行きましょう。

★ネパールアイス ¥700

ネパールビール数あれど、最近ネパールアイスが増えましたよね。


サービスでムラコアチャール(大根アチャール)が付いてきました。
味濃くて酒飲みには嬉しいです。


★ジブロフライ ¥650

こちらは羊舌のスパイス炒め。
コリっとした独特食感にめっちゃ濃厚な「カレー味」でこれまた最高のつまみ!


★ ダックチョイラ ¥650

ネパールの超定番スパイスマリネ「チョイラ」ですが、こちらは鴨バージョン。
鴨特有の風味と、フェヌグリークの苦みがよく合ってこれは美味いですねー。


★ククリラム ソーダ割り ¥450

割と好きなネパールのラムをお得な価格で。

と、そろそろお店のウリであるセクワを頼むとしましょうか!


★セクワ盛り合わせ ¥900

一本200円ほどと、単品でもリーズナブルなセクワですが、せっかくなら一通り食べたい!
こちらはポーク、チキン、ダック、羊、ニンニクの5本セットです。

そして・・・・自動セクワマシーン起動!
これはぜひ動画で見ていただきたい!!


さぁ、口ずさみながら動画をご視聴ください。

「ゲロンパ!ゲロンパ!ライクア・セクワマシーン!」

なるほどこうやって回転することで火を通し、脂を落としていくわけだ。
そういや近くにある延辺料理「千里香」でも似たようなマシーンがあったなぁ。

当然ながらお味は抜群。
炭焼の香ばしさと相まって、これまた酒が進みます。


★ククリラム コーラ割り ¥450

最後はやはり、いつものククリラムコーク。

店名通り、串焼き居酒屋としてとっても有能なお店。
ネパール店であることを伏せつつ、「串焼き行きましょうかー!」なんて一般の方を連れてきても、きっと満足できちゃいますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第4便
この頃、地方のカレーがアツすぎる。 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ