FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

ふと入ったラーメン屋のカレーが美味しい時ほど嬉しいことはない。「ふるめん」(六本木一丁目)

なぜか!
いつも前を通り過ぎているラーメン店の前で、立ち止まった私。
スパイスレーダーが反応しています。

「ふるめん」

なんだか和食割烹のようですが、ラーメン店です。

あ、反応したのはこれか。

「シンガポールチキンラーメン」

ラクサか、カリーミーか、ホッケンミーか、それとも?

早速入ってみましょう。

店内もまるで和食割烹のようで綺麗。
ですがオーダーは券売機です。

独特のバランスやね。


★シンガポールチキンラーメン ¥1000

登場したのはラクサでもカリーミーでもホッケンミーでもなく、シンガポール海南鶏飯の蒸し鶏をのせた汁なしそば。
そう、「シンガポール」の「チキンラーメン」ではなく、「シンガポールチキン」の「ラーメン 」というわけです。
これはこれで面白い。


しっかりとした蒸し鶏にかかる、生姜ネギ塩ダレ。
たしかに海南鶏飯っぽい。
麺は細麺で、これまたシンガポールの屋台麺のよう。

なるほど、ラーメン屋店主が遊び心で作った、楽しい一杯でした。

そして、儲けものだったのがこちらのサイドオーダー。

★牛すじと煮豚のカレー 小¥330

なんとキュートな!!


タコさんウインナーの可憐さもさることながら、こちらカレーの味もなかなかのもの。
ラーメンの仕込みスープを用いていると思われる濃厚な旨味に、ほど良き辛さ。
そこに牛すじと、解れたチャーシューが詰まっております。
まさにラーメン店でしか味わえない、ラーメン店にしか作れない、ラーメン店ならではの美味しいカレーライス。

今回は「小」サイズでのオーダーでしたが、周囲にはこのカレーライスをフルサイズで召し上がっている方も何人かおり、人気のほどが伺えます。

いやあ、ふと入ったラーメン屋のカレーが美味しい時ほど嬉しいことはないですね。

ちなみにこの「ふるめん」というお店、実は西麻布の和食屋「ふるけん」の系列。
どうりで雰囲気がそうなわけだ。

昼はラーメン店としての営業ですが、夜は様々な中華料理を提供しているそうです。
今回いただいたカレーも夜は「タコさんウインナーカレー」という名でオンメニュー。
麻婆豆腐もなかなか美味しそうです。
しかも営業は深夜3時まで。

こりゃあ、夜も行くタイミングを見図らねばなりませんね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

多彩なタイのビールとお酒で無限ループ!「タイ料理 コンロウ恵比寿」(恵比寿)

恵比寿、渋谷橋のほとりに見慣れぬピンクの看板。


コンロウ?
って、道玄坂のあの??

やはりそうでした。

「タイ料理 コンロウ恵比寿」

2019年4月16日オープン。

ビルの二階にあるL字型の店内はピンキーで雰囲気良し。
ビルの形状が平たく、渋谷川に面していることもあり、どっちを見てもヌケのいい眺望になっています。
地下にある道玄坂店とは真逆の開放感ですね。

さて、この店で注目したいのはお酒。
とりわけタイのビールの種類がめっちゃ豊富なんです。
シンハー?チャーン?いや、もっともっと。


★Uビール ¥600

こちらあのシンハーコーポレーションから2017年にリリースされた、若者向けのビール。
アルコール度数4.5%と、軽い味わいのオシャレなラガーです。


お通しにもひと手間かかっていますね。


★CONROWポテトサラダ ¥480

直感で、これは良さそう!と思ったポテサラが当たり。
飲むなら頼むべき。


★鶏ひき肉のイサーンサラダ ¥700

わかりやすく表記されていますが、つまりはラープガイ。
いつものように、「イサーン人仕様で辛くして」とお願いしたら、ジューシーながらヒリッと来る辛さにしてくれましたよ。


★フェダブロイ ¥650

おっとこれまた飲んだことないタイビール!やけにラベルがカッコいい!

こちらはチャーンでお馴染みタイビバレッジが贈る高級ラインのビール。
ジャーマンシングルモルトにタイ米を加えており、ドイツビールっぽいけどアジアンな香りという新しい境地を見せてくれます。
これはオススメ!!


★CONROWローストチキン ¥750
・激辛イサーンソース


わかりやすい名前になっていますが、つまりはガイヤーン。
道玄坂でも看板メニューとなっており、頼まない理由はない!

けれどここで注意点が2つ。

まず、焼き上がりに時間がかかるので、入店後即オーダーが吉。
そして、イサーンのガイヤーンに欠かせない辛味ダレ「ナムチムジェオ」はオプション扱い(激辛イサーンソースという名前)なので必ず付けて。
(たぶん、普通にローストチキンとして楽しむ人も多いってことですね。)

皮はパリッと、照り焼きっぽい風合い。
中は脂がしっかり落ちてホクホク。
これにナムチムジェオをつけていただくのですが、この出来がなかなかのもの!
とにかく香ばしい!!
このナムチムジェオのチューニングでシェフの個性が出るんですよね。


★SPYカミカゼ ¥600

甘々なB級テイストで人気なタイのワインクーラーSPYもバリエーション豊か。
こちらはライムを用いた爽やかな味わい、ブルーの色もボトルデザインも秀逸。
個人的に一番好みだけど、日本じゃ置いてるとこ少ないんですよね。

さて、〆の一品は・・・と。
麺にするか、カレーにするか・・・・
と、迷うまでもなく、めっちゃ気になるメニューを発見!!


★ CONROW名物 グリーンカレーリゾット ¥980

タイ本国でもいろいろアレンジされるグリーンンカレーですが、こちらはしっかり炙りが入ったチーズリゾット仕立て。
ビジュアルの魅惑度は満点ですね。
早速いただいてみましょう。

見た目のオシャレさに騙されそうになりますが、想像以上に濃厚なグリーンカレー味。
しかもガッツリしっかりとした塩っ気で、これはお酒が飲みたくなる!


★ホントーンハイボール ¥550

ということで、お酒に戻ってしまいました。
ビールやSPYだけでなく、タイウイスキーも、タイフルーツのサワーも種類豊富なので、次のお酒に困ることはありません。

・・・って、このままじゃ無限ループ!!

危ないお店ですわ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

多彩なインド料理を居酒屋感覚で。「インド食堂 ふたば」(自由が丘)

台風前夜、スパイス蓄積の為、自由が丘のこちらに訪問。

「インド食堂ふたば」

実はここ、近隣の居酒屋「みつばち」の系列店。


他のインド料理店とずいぶん雰囲気が異なるのも、納得です。
厨房にはインド人のシェフがいらっしゃいますよ。


★レモンサワー ¥480

まずは居酒屋として楽しんでみましょう。


酒のつまみになる一品料理はえらい種類豊富。
インド料理好きはこの辺、要チェックです。


★チキン65 ¥680

スパイシーなグレービーを絡めたインドの鶏唐揚げ。
お店によっていろいろなタイプがありますが、ここのはニンニクがガッツリ効いた呑兵衛仕様。
流石ですね。


カレーのメニューも数ページにわたり、えらい豊富。
これは迷います。


★マトンララ ¥900

ちょいと浮かれた名前ですが、こちら羊もも肉と挽き肉を煮込んだカレー。

口の中が、挽いてるの?挽いてないの?的グルーブ感に包まれて面白いカレーであります。
汁気が非常に少ないドライタイプで、酒のつまみとしてもイケますね。


さらに、合わせるナンの種類もえらい豊富。
複数人ならいろいろシェアしたいところ。


★バジルチーズナン ¥550

こりゃ旨ぇ!
ベースになるナン自体が巷に溢れる、お腹に溜まるなんちゃってナンじゃなく、しっかりミッシリした上質仕様。そこにたっぷり贅沢に伸びまくるチーズ、惜しみないバジルの香り。
オススメです。


★にごり梅酒 ¥530

最後はなごり雪的に、もう一杯。

お、わかってるね!ってなインド料理のラインナップを揃えつつ、トータルでは居酒屋ダイニングとして楽しめる。
自由ヶ丘にこんな場所があるなんて、ちょっと嬉しいですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

六本木一丁目、駅直結のランチビリヤニ。「ディップパレスヘリテイジ 六本木店」(六本木一丁目)

2016年、六本木一丁目駅直結で新装オープンした、泉ガーデン。
その一階でインド料理ランチ。

「ディップパレスヘリテイジ六本木店」

都内に展開する「ディップマハル」系列のデラックスラインである「ディップパレス」、こちらはさらに「ヘリテイジ」と付くはじめての店舗。


気合い入ってますね。

こちら駅直結の立地に加え、ランチが11時から16時30分までやっているという有り難さ。
しごが不規則なマスコミ関係者の多い立地にしっかり対応しています。

他の「ディップパレス」同様、メニューはインド料理、タイ料理の二本立て。
厨房にはネパール人だけでなくインド人、タイ人両方のシェフがいました。
このあたりが上級ラインの余裕ですね。

この日オーダーしたのはこちら。

★チキン ビリヤニ プレート ¥1250
・ハイデラバディ チキン ビリヤニ
・プレーン ヨーグルト
・カレー1種
・ソフトドリンク


昼から南インド・ハイデラバード式のビリヤニ。
カレーも付いてこのお値段は良心的ですね。

バスマティ使用でパラッとフワッと仕上がったビリヤニ。
鶏肉にもしっかりと味が染み渡っており、これは予想以上に美味い!

カレーは日替わりの「アスパラとチキン」を辛口オーダー。
親しみやすい味で、なるほど「ディップパレス」。

今回の訪問に限って言えば「ディップマハル」「ディップパレス」系列の中で一番美味いんじゃないかしら。
「サイーファ」「DIYA」「スワガット」など、何気にビリヤニ提供店が多い六本木ですが、ここは選択肢に加えて良いと思いますよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

孔雀のようにめくるめく、イタリアと印度の融合。「パヴォーネ インディアーノ」(幡ヶ谷)

イタリアン×インディアン×お酒。
好奇心と創造性溢れる小粋なお店。



「パヴォーネ・インディアーノ」

店名はイタリア語で「インドクジャク」の意。
インドのスパイス料理にイタリア料理の技法を加えた華やかな料理を、多彩なお酒と楽しむ。
このお店にぴったりの名前です。


店内は手前がカウンター席。
奥の半個室にテーブル席があります。


黒板メニュー。
料理もお酒も魅惑的、目移りするものばかり。
全部興味あります。


★モレッティ ¥700

イタリアの超定番ビール。
いろんな先入観抜きに味わうと、青島ビールに味が似ていると思っているのですが!


★蛸とアボカドのアチャール ¥800

蛸とアボカド、そこにクラッシュしたクルミも加わり、食感の差分が楽しめるスパイシーな肴、これは良いですね。


★黒牛もも肉のタリアータ スイートマサラソース ¥1400

そしてこちらも大ヒット。

表面はしっかり、内側は肉汁たっぷり、絶妙に焼かれた肉。
そこに単なるバルサミコではなく、スパイスを交えたソース。
付け合わせには立派な春菊。
肉料理としてディナーのメインを張れる一品です。


★スーズ ¥650

フランス原産のリンドウの仲間「現地アナ」もとい「ゲンチアナ」の根から作る薬草酒。
ソーダ割りでいただきましたが、野性味溢れる「草」の癖ある苦味が最高です。


★自家製スパイスレモンサワー(ジン)Ver.1 ¥800

続いてこちら、レモンに加えクローブやスターアニスがガッツリ漬け込まれた一杯。
とろみすら感じる濃厚さで、これはリピート必至の逸品です。

と、ここでそろそろカレー。
そもそもイタリアン系のお店でカレーを出すところ自体、非常に少ないのですが、こちらはカレーも本気です。

★レモンチキンカレー ¥1000

しっかりした鶏手羽元に絡みつく、玉ねぎのとろみとレモンの酸味。
これはごはんに合いすぎな味。


★香草ラムキーマカレー ¥1000

ミント、パクチー、ライム・・・
イタリアンにはハーブがよく合います。
けれど爽やかというより濃厚さが印象的。


★チーズフォカッチャ ¥600

こちらカレーに合わせようと頼んだのですが、添え物では終わらない逸品でした。
というかヤバすぎました。

サクッと小気味良い歯ごたえのフォカッチャ生地にはそっと岩塩が。
サンドされているのはとろーりゴルゴンゾーラチーズ。
これだけでワイン一杯いただきたいほどの完成度です。


★ホットバタードラム ¥850

食後の〆はあったかーい、お酒。
インドのラム「オールドモンク」を用いています。
とろけひろがるバターとラムが、カラダを芯から温めてくれます。いろいろな意味で。

インドとイタリアの料理を融合させる、好奇心と創造性。
そこに溢れるクリエイティブセンスは、店内のそこかしこにも見てとれます。
アレを模した仮面に、狼のお札、それから・・・・・

お店を出れば、季節はもう涼しげな秋。
まだいただいていないお酒や料理のことを思いながら、満腹の想いで帰路についたのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

●カレーは読み物!HOUYHNHNM(フイナム)にて『Curry Flight』連載中!
Curry Flight 第3便:カレーに合うお酒【ビール編】 文・写真:カレー細胞 | COLUMN | HOUYHNHNM(フイナム)

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ