カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

今、求めているものがここにある。「ニューラホール竹町店」(新御徒町)

新御徒町駅からアーケードの佐竹商店街を通り抜けた場所に鎮座する、存在感アリアリのカレー屋さん。

「ニューラホール竹町店」

秋葉原~上野界隈を中心に展開する「ラホール」系の一店です。


極太マッキーで書いたような看板がナイス。
その上には「今、求めているものがここにある」の文字。

実はこの店舗、カレー以外にもステーキやハンバーグ、生姜焼きなど、洋食メニューも充実。
さらにカレー以外を頼んだときも、ライスにカレーをかけることができるんです。
たしかに、求めているものがある確率は高いですね。


オーダーは券売機で。
トッピングや辛さアップ、カレーの「追加ルー」は席についてのオーダー。


卓上メニューには辛さ3までしか書かれていませんが、実際には100辛までオーダー可能みたい。
(追加料金はかかります)


嵐のメンバーが100辛に挑戦したってこともアピールしてます。


★インド風 ほうれん草カレー ¥750
★4辛 +¥50


さて、私の「今、求めているもの」は「カレー」でした。(そりゃそうだ)

カレーは日本風とインド風が選べ、インド風を選ぶとラホール名物・・・
というか「デリー」のカシミールカレーをカジュアルにしたような「ブラックカレー」が出てきます。


で、このブラックカレー、辛さはアップしたほうが絶対美味い。
この日は穏やかに4辛でしたが、辛いもん好きなら10辛くらいがビシッと決まると思う。
ま、少なくとも4辛ってとこでしょうか。

どちゃっとぶっかけられたほうれん草、大ぶりカットのジャガイモ、ニンジンにシャバシャバの「ルー」。
そして辛さが数字で選べるなど、「エチオピア」「夢民」が東京カレーのトップランナーとして
ガンガン行ってた頃の時代を思い出すような味。

いわば、ニューノスタルジックな味わい。

ふっと、食べたくなるような味です。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

関西的東京カレーライス。「日乃屋カレー 九段下店」(九段下)

九段下、こんな場所にも日乃屋ができたんだ。


「日乃屋カレー 九段下店」

神田カレーグランプリで優勝し、初の殿堂入り。
そこから一気に名を馳せ、今や東京で最も勢いのあるカレーチェーンとなった「日乃屋カレー」。

優勝したお店がチェーン化したり、もともとチェーン店だったお店が優勝したりする神田カレーグランプリ。
これに関してはいろいろな意見があるかと思いますが、神田カレーグランプリの集計は一般来場客が会場で複数店舗を食べ比べた結果の投票方式。
つまり、
・一度に複数店舗のカレーを食べ比べるため、はっきりして濃い美味さのカレーが有利。
・得票数によって順位が決まるため、コアなマニアに熱烈支持されるカレーより、最大公約数の美味さを担保するカレーが有利。
・そもそも食べてもらわなきゃ検討されないので、当日の呼び込みのキャッチーさ、わかりやすさが大事。
ということなんですね。

言い換えれば、神田カレーグランプリは、「カレー通たちが希求する至高の一皿」を決める戦いではなく、「誰もが食べたいと思い、誰もが美味しいと思えるベストな一皿」を決める戦いであるともいえるでしょう。

ですからそこで優勝したカレーというのは、まさに「チェーン化に相応しい美味さ」であるのは当然と言えるし、最大公約数の味覚平均ってのは1年や2年で激変するわけもないですから、優勝店は殿堂入りさせていかないと、毎年予想通りの結果しか出ない、なんてこともあり得るわけです。

そんな中で優勝、殿堂入りを果たしたこの「日乃屋カレー」はまさに、最大公約数の人々の味覚ニーズに応えた、東京カレーライス文化を担う存在であるともいえるでしょう。


★日乃屋カレー生玉子 ¥730

日乃屋のカレーの特長は、「はじめ甘くて、後から辛い」味の奥行きにあります。
そう、どこかで聞いたことありますよね。
実は、大阪を代表するカレーチェーン「インデアンカレー」に似たアプローチなんです。
カレーの上に生玉子を乗せるのも実に関西的。


誰もが楽しめて、飽きることのない美味しさの、関西的東京カレーライス。

この味が、東京カレーライスのスタンダードになる日はそう遠くないかもしれません。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

都電沿いにネパール料理期待の新店登場。「ヒマラヤンキッチン」(宮ノ前)

都電荒川線宮ノ前駅。

まぁ、よっぽどのことがない限り降りることのない駅だよなぁ・・・と思いつつ、よっぽどのことがあったので降りてみました。


「ヒマラヤンキッチン」

2017年1月22日オープン。
メシコレのキュレーター仲間braxさんから、いい感じのネパール料理店がオープンしたとのタレコミをいただいての訪問です。


スタイリッシュさとアンティークさのバランス、センス良いです。
ゴテッとしたエスニックアピールもなくて、ホントいい雰囲気ですね。

この日は早めのディナー訪問。
出てきたメニューは単品アラカルトがメインだったのですが、セットもありました。


★ディナー ヒマラヤンセット ¥1500

おぉ、真鍮のネパール食器が綺麗ですね!
こちらはいわゆるネパールのダルバートに加え、ナン、サラダ、チキンティッカが付いた、インド×ネパールの贅沢セット。

全体構成は、
・カレー二種
・ダルスープ
・サグブテコ(ほうれん草炒め)
・アチャール
・サラダ
・チキンティッカ
・ライス
・ナン



カレー二種は、山羊と豆をチョイスしてみました。
そう、山羊カレーがあったんです!

豆を選んだのは、「豆がなかったらダルバートにならない」のが理由だったんですが、ちゃんと別にダルスープもついていたので、
豆二種になっちゃいました(笑)

でもいいんです。
ドロッとした豆カレーとサラサラのダルスープ、完全に別物ですから。


山羊カレーの山羊は群馬から仕入れたもの。
仕入れの状況でいつもあるわけではないみたい。
こちらは完全にネパール仕様のカレーで、サラッと、結構すっきりした仕上がりになっています。

もう一品、ネパール料理を追加注文してみました。

★チョエラ ¥450

野菜たっぷりバージョンでお肉はチキン、味付けは酸味推し。
ちょっと独特のチョエラですね。

巷にネパール人経営ながらインド人っぽく見せかけたインド料理店が多い中、ネパール料理を前面に押し出した気概ある姿勢。
最近は新大久保エリアや、池袋~日暮里エリアに増えてきたネパール料理店ですが、何故また宮ノ前に??

スラッと爽やかな好青年オーナー、ゴウタムさんはもともと青山、丸の内でイタリアンシェフをされていた方。
日本の人々にネパールの味を知ってほしい、とこの店をオープン。

なぜこの地に?ということに関しては、建物的につながっているお隣のお好み焼き屋さんが、実は奥さん家らしいんですよね。
なるほど納得です。

やっぱり多くの客が欲しがるためナンを置いていたりもするけれど、
(ネパール料理じゃないけど。日本に来て初めてたべたけど。)
オーナーの柔軟なアイデアで新メニューもいろいろ登場しそう。

ちょっと注目しておきたいお店ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

渋谷でも、朝まで飲めるオリエンタルビストロ。「AGALICO渋谷店」(渋谷/神泉)

夜通しやってる池袋の大人気オリエンタルバル「アガリコ」。
最近は店舗も増え、ますます絶好調のようですね。

こちらは渋谷、NHK西口近く。
ネパール系バル「ポカラ」の居抜きで登場した「アガリコ」。

「AGALICO渋谷店」

池袋同様朝まで営業が有難いです。


テーブル席、ソファ席、テラス席と選べる店内はミーティングからイチャイチャまで幅広いニーズに対応。


★ビンタンビール ¥500
★お通し(えびせん)+¥300


お通し代はありつつ、お酒自体はかなりリーズナブル。
何杯も飲む人には結構おトク。


しかもお通しのえびせん、お代わり自由ときた!
ビール一杯でえびせん無限お代わりすれはリーズナブルにお腹いっぱいに・・・とかそんなこと言っちゃダメ!!


★プリプリ海老トースト ¥650

こちらタイでいうところのカノムパンナークンですね。
一般的なものと比べかなりガーリックがガツンと効いていて、海老ガーリックトーストといった印象。
否が応でも酒が進みますよ。


★シャンドン ブリュット スパークリング ¥500

こちら「都内最安値」の謳い文句。
ちょっと凄いです。

グラスなみなみで有難てぇ!!


★スパイシー旨辛炒め麺 ¥980

こちらバリ風のミー・ゴレンですね。
具材は挽き肉と干し海老。
アガリコらしくパキッとはっきりした味付けでなかなかの満足感。

全体的に味はわかりやすく濃厚、お酒がガンガン進む味。
それでいてお酒はかなりリーズナブルで良心的。
営業は朝まで。

そりゃあ需要もあるわな~って感じで、
ひょっとしたら90年代の「モンスーンカフェ」的立ち位置になってもおかしくないこの「アガリコ」。
まだまだ勢いは続きそうです。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

自由ヶ丘デパート内の小さなインド。「アーサ インドレストラン」(自由ヶ丘)


自由ヶ丘駅前、自由が丘デパートの二階にあるインド料理店。


「アーサ インドレストラン」

こういうカジュアルな雰囲気のインド料理店のほとんどはネパール人経営(もしくはバングラデシュ、パキスタン人経営)だったりするのですが、こちらはインド人の皆さんによるお店。

つまり、店内にエベレスト写真もなければメニューにモモもないってことです。


★ランチCセット ¥1300
・カレー2種
・ナンorライス
・タンドリーチキン
・シシケバブ
・ミニサラダ
・ドリンク


お、構成的にはベーシックでありつつ、随所からインド本国の香りがしますよ。


サラダにはよくあるドレッシングではなく、ヒリッと辛いアチャールがオン。
そう、「アジャンタ」とかで出てくるアレです。


カレーはキーマとマトンを辛口でオーダー。
クリーミーでトマトが効いたキーマ、カルダモンとジンジャー強めのマトン、ちゃんと味の方向性も変えてあり好感が持てます。
肉質は特筆すべき感じではなかったですが、充分な満足感。


タンドーリ料理は別皿。
シェフの得意料理というシシケバブ(インド読みだとシークケバブ)は、粗挽きのチキンをベースに、タマネギなどの野菜が大振りカットでミックスされた極太仕様。

タンドリーチキンはしっかり火が通っておりドライで味付けも濃厚。
チャットマサラがパサッとかかっており、いかにもなインドのタンドリーチキン。


食後にはチャイをいただきました。

この場所に以前入っていたネパール系のお店がかなりアレだったので、
ミニマムな期待値で伺ったのですが、なかなかどうしてちゃんとしています。
カジュアルな駅前インド料理店として、便利に使えそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad