FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

めくるめく昭和エロスへの誘い。「ニュー秘宝館」(大塚/巣鴨新田)

大塚に突如現れた、淫靡な癒しスポット。


「ニュー秘宝館」

2019年4月、大塚のカラオケスナック跡地にオープン。


新宿ゴールデン街の住人であり、秘宝館の土産を製作、卸していた女性、蕃登(ほと)さんによるお店です。

ほと・・・火戸・・・なるほどですね。

店内はまさにエロスの楽園。

全国で閉館が相次ぎ絶滅寸前の秘宝館。
ここには全国6つの秘宝館を作った東京創研の社長から譲り受けた貴重な昭和遺産が溢れています。



めくるめく珍宝の数々。
エロティックでありながら、決して淫靡ではない世界観は、女性1人で来ても溶け込める雰囲気。

ひとえに、秘宝館という文化への愛ですね。

(実ははじめ、当記事のタイトルを「昭和エロスへの淫靡テーション」と書こうとしたのですが「いや、違うよな」と。)


お酒のメニューはこちら。


★すみれサワー ¥850

「すみれと聞いて思い出す季節は?」
5月じゃなく9月と答えたあなた、世代がバレていますよ。

お通しはこちら。

白カビサラミ「フエ」の濃厚な味が、なんともエロティック。


それぞれの展示についてお話を伺うだけでもお酒が進んじゃいますね。


★Hなおかし盛り合せ ¥300

チョコ好きエロ好きなら頼んでみてください。
袋を開けるたび話が弾みますよ。


★みりんロック ¥700

金宮から出ている味醂を使用。
金宮といえば亀甲印、亀甲といえば・・・ロックですがな。

あ、そうそう、辛いもの好きスパイス好きにぴったりのメニューも誕生しました。

★マーラー電気サンド(勝手に命名)

花椒がビリリと香るホットサンド。
この空間でいただくマーラー、そして電気の痺れ。
格別に美味しくいただけますね。


バーやスナックの魅力って、店主が提示した世界観に惹かれた人々が集まり、客とお店の間に文化が生まれていくことだと思うんです。

ズバリ大塚に輝く「ニュー秘宝館」。
ここからどんな新しいエロ文化が生まれるのでしょう?


トイレも必見ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

田園調布に待望の薬膳カレー専門店。「カフェ ヴェルバ」(多摩川)

長きに渡りカレー不毛地帯であった田園調布に、待望の薬膳カレー専門店登場!


「カフェ ヴェルバ」(Cafe Velba)

オープンは2018年6月。
最寄駅多摩川から徒歩5分ほどの住宅街にあります。


お店の奥にはドラムセット。

漢方的なアプローチで、胃にもたれずヘルシーなカレーを手作りしています。

カレーのラインナップは薬膳チキンカレー、薬膳キーマカレー、そしてカレーちからうどん。

せっかくなので全要素入れちゃいますか。


◎セットサラダ
フレッシュ野菜に加えひよこ豆にラジマダル。
ドレッシングは自家製出汁ポン酢にオリーブオイルを加えたもの。


★薬膳ハーフ&ハーフカレー ¥800
・焼いたお餅トッピング +¥100
・お食事セット(サラダ・ドリンク・ミニデザート)+¥200


ランチ限定のハーフ&ハーフセットにお餅を加えてみましたよ。完璧。


お餅インパクト・・・

薬膳チキンカレーは手羽元まるまる一本入り。
スッキリした食べ心地ながら、スパイス感はしっかり。
薬膳キーマカレーは鳥の旨みが濃厚ながら、油少なく爽やか。
このカレーに餅をつけていただくと・・・なんだろう、西アフリカ料理っぽい(笑)


後半戦は卓上スパイスで調味味変。
個人的にはジンジャー加えるのがオススメであります。


食後はセットのコーヒーとミニ杏仁豆腐。

しっかりまじめに手間暇かけた手作りカレーのお店。
漢方のイベントなんかもやってるそうです。

これを機に田園調布でも外食カレーが浸透するといいなぁ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カフェ ブェルバ



関連ランキング:カフェ | 多摩川駅雪が谷大塚駅田園調布駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

北海道の行列店、ついに東京進出。「北海道スープカレー Suage渋谷店」(渋谷)

2007年札幌で創業、行列の絶えないスープカレー店として有名な「Suage」がついに東京進出!


「北海道スープカレー Suage渋谷店」

2019年5月27日グランドオープン。
初日ランチに訪問です。


東京進出を皮切りに、全国出店を目指しクラウドファンディングを行うなど、オープン前から話題作りもバッチリ。


北海道産の食材に極力こだわるほか、スープも北海道から直送。
札幌本店そのままの味を渋谷で提供するスタンスです。


オーダーはベースとなるスープ、具材、辛さ、ライスの量、トッピングを選んでいくカスタマイズ方式。
北海道スープカレーで一般的なスタイルです。


オーダーを受けてから野菜を「素揚げ」するため、提供には多少時間がかかる様子。

ドリンクを飲みながら待ちましょう。

★ガラナ(ランチタイム +¥150)

北海道といえばこれ、の炭酸飲料ですね。
南米のガラナを用いたドリンクがなぜ北海道名物なのか。
実はあのコカコーラが日本に進出する際、国産の対抗商品として開発されたのがこのガラナドリンク。
その努力虚しく、コカコーラは日本全土で一気にシェアを奪っていくのですが、北海道だけ進出のタイミングが少し遅れ、その間にガラナドリンクが普及したのだそうです。

・・・あ、そうこうしているうちにスープカレーがやってきましたよ。

この日はオーダーから提供まで45分。
まだ初日なのでこの辺りは改善されると思いつつ、
ひとまずは時間に余裕をもってくるのが良さそうです。


★道産せせりの塩麹漬けカレー ¥1250
・イカスミスープ +¥150
・6 超辛
・中ライス(200g)


道産せせり、じゃがいも、ニンジン、かぼちゃ、なす、水菜、ゆで卵、オクラ、ブロッコリーという具材構成。
じゃがいも、ニンジンは串を通しています。


スープはイカスミスープを選択。
少し辛さが円やかになるとのことで辛さをちょい上げてみました。

まず第1印象。
このスープがかなり美味いですね。
濃厚な香りと旨味がありながら、変なベタつきもない。
流石の人気店です。


そしてプリッとした道産せせり。
これがまたヤバい。
塩麹漬けの濃密な味わいは、このままビールの肴になりそう。
さらに可能な限り北海道産にこだわった「素揚げ」野菜たち。
丁寧かつ、手数の多い贅沢な一杯であります。

これは近いうちに行列店となりそう。

一昔前までカレーの多様性に乏しかった渋谷、どんどん面白くなってきました。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

北海道スープカレー Suage 渋谷店



関連ランキング:スープカレー | 渋谷駅神泉駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

路地裏にブラッド・ピットとカレーもんじゃ。「もん吉」(月島)

月島といえばもんじゃ。
東京を代表するコナモノですね。

月島駅7番出口から伸びる西仲通り、通称「もんじゃストリート」には500メートルほどの通りに約80軒のもんじゃ屋が並ぶという密集ぶり。
正直、違いを見極めるのも至難の技です。

となれば有名店、人気店に人が流れるのも摂理。
私の一番のお気に入りはこちら。

「もん吉」

「路地裏もんじゃ」を名乗るとおり、もんじゃストリートから脇に入った路地に店を構える人気店。
通り沿いにも支店がありますが、その手前の路地を入ったところが本店です。

ほどよい隠れ家感と風情で昔から多くの芸能人・有名人が訪れる店としても知られており、あのブラッド・ピットもフラット訪れたそう。

店員さんは「なんか外国人」くらいで気づかなかったそうですけども。

この日は私自身、10年振りの訪問。

あれ?路地の右側?左側じゃなかったっけ??
記憶には自信あるんだけどなぁ・・・・

なんて思っていたら実は、老朽化に伴う改装で道の反対側に移動したそう。
現在は元の場所も改装完了し、両方稼働しているとのこと。


新しいほう(といってもすでに雰囲気出てますが)もなかなかの大箱。


平日夜もなかなかの大賑わい。
訪問時は予約必須ですね。


さて、「もん吉」の魅力といえば、もんじゃのバリエーションの多さ。
カマンベイビー(カマンベールチーズとベビースターラーメンのもんじゃ)なんかも好きなのですが、今回はこちらから。


★明太もちチーズ ¥1700

焼きは店員さんにお任せします。


リズミカルなヘラ捌き、見ていて楽しいんですよね。

お味はもう、明太もちチーズという名前通りの魅惑。
最高です。


★デラックスカレーもんじゃ ¥1600

そう!実はこのお店、カレーもんじゃがあるんです。
デラックスはコンビーフ、ポテト、もち、チーズ、桜エビ入り。



決して・・・決してインスタ映えはしませんが、安定した美味しさのカレーもんじゃであります。

そして「もん吉」の〆といえば、今も昔もあんこ巻き。
もんじゃの生地を薄く焼いて餡子を巻いたデザートです。

なんと、その抹茶バージョンがありました。


★抹茶あんこ巻き ¥800

あぁどことなくインドのティファンのようですね。
ほのかな抹茶の香りが素敵です。

種類も豊富でカレーもデザートもあって。月島で迷ったらやはりここですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

もうひとつのウミネコカレーは焼きカレー。「KISSA BOSSA UMINEKO」(祐天寺)

祐天寺で、もうひとつのウミネコカレー発見!

「KISSA BOSSA UMINEKO」

ウミネコカレーといえば西永福から幡ヶ谷に移転した「ウミネコカレー」が有名ですが、こちら「UMINEKO」の名物カレーもウミネコカレーというみたいなんです。


半地下にある不定形のハコ。



ボサノバのレコードが所狭しと並ぶ、ボサノバ喫茶です。

この日は15時ころの訪問。

ありがたき通し営業です。


★ UMINEKOカレー ¥1100

なんとこちらのウミネコカレーはライス別盛りの焼きカレー。

早速いただいてみましょう。

うおっ、これはなかなかしっかりとした欧風カレーですね!
かなり旨み濃厚で、しっかりスパイシー。
ライス別盛りだからこそ、その濃さを楽しむことができます。
具材はレンコン、ブロッコリーといった野菜に鶏肉と玉子。
ボリュームは控えめながら、充分な満足感を与えてくれます。

メニューを見る限り、コーヒーにもこだわっている様子。
何気にコーヒー専門店が増えている祐天寺、時間余裕あるときに一服しにきたいですね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad