FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

芝浦名物モルガランチ。「インド料理 ラフィー」(田町)

芝浦の「ボンディ」に行こうとしたら、隣のインド料理屋さんが何やら普通じゃない感じ。

「インド料理 ラフィー」

いわゆるインネパとは違う空気感・・・

実はここ、ムスリム系のインド料理店でした。
お昼過ぎのこの時間、店の奥の小さなスペースでちょうど、店員さんが礼拝中。
小ボリュームながらコーランが聴こえてきます。

メニューを見ればいわゆるナン&カレーセット以外にもあれこれ。


ビリヤニもあるし、ムスリムらしいビーフカレーも。

けれども迷うことなくこちらをオーダー。
どうやらお店の看板メニューっぽいです。

★モルガランチ ¥1480
・フルレッグカリー
・サフランサイズ
・キャベツソティー
・メスポテト
・ドリンク


モルガ?ムルギ?
聞けば「ムルギは雌鶏、モルガは雄鶏。」とのこと。

カタカナ表記の揺れはあれどたぶんウルドゥ語、モルグ・マッカーニーの「モルグ」と同じでしょう。

店主のラシドさん、「ナイルレストラン」名物のムルギーランチ(こちらはヒンディー語ベースでしょう)はもちろんご存知、というか構成的にも意識してる感じ。
メスポテト(マッシュポテトですね)を添えていたりね。
曰く「向こうは日本の米、うちインドの米」とのこと。


「向こうは味ないから全部まぜる。これは味あるから一つ一つ食べて。」
・・・めっちゃ対抗心剥き出しですね。


メインのカレーにはチキンレッグが丸々一本。
トマト感がけっこう強いです。
辛さはメニューMAXの5にしたのですが、さほど辛くはありません。
というか、辛くしないとイタリアンのトマトソースっぽくなるかも。


綺麗なバスマティのサフランライス、結構なボリューム。
ペース配分が必要です。


メスポテト(マッシュポテト)はマスタードオイルがっつん。
ん?これってベンガルのアルボッタやじゃないかしら???

ラシドさんに訊いてみたら「違う。うち全部インド料理。ベンガルじゃなくてインド。」とのこと。
まぁ、ベンガルもインドじゃない?なんて思うのですが、多分何かしらプライドの部分なのでしょう。

けど、たぶんベンガル・・・・のような気が・・・

キャベツソティーはココナッツファインたっぷり、マスタードシードも使ってて南インドのポリヤルみたい。
聞いてみたら「ちがう、これココナッツ使ってない、チャットマサラ。」
まぁ、どう見てもココナッツだしチャット味はしないのですが、多分何かしらプライドの部分なのでしょう。

けど、たぶんココナッツ・・・・

「美味しい?美味しかったらネットにアップして!『モルガランチ美味しかった』って。」

グイグイ来ます。

ボリュームたっぷり、満腹にてお会計。

「どう?向こうとどっちが美味しい?」

めっちゃ意識してます。

といっても「ナイルレストラン」のムルギーランチは大昔、カレーライス好きな日本人にインド料理を受け入れてもらうため編み出された歴史的メニュー。
一概に比較はできません。

「こっちのはだいぶインドらしかったです。」

と、巧く答えてみました。

「そう。インドらしい! 向こうは味ない。」

いやはや、揺るぎなきプライドと対抗心。

インドにはまだまだ、我々の理解が届かないメンタリティのバックボーンがあるようです。

刺激的なお店ですね。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

月島に南インドの風とスマイル。「南インドキッチン」(月島)

南インド料理店の競争が日に日に熾烈になる東京。
ここ月島にも、南インド料理の新店が登場です。

その名もずばりストレート。

「南インドキッチン」

「無料体験授業受付中」
・・・いやいやそれは隣の塾。

こちらのオープンは2019年3月25日。
ところが・・・・

あれれ?
この印象的なキャラクター、解像度の限界越えで拡大されたこのおじさんの顔・・・・
オープン一年を経たず先日閉店した五反田「ドーサベル」のキャラじゃないですか。


入店後、お店の方に訊けばやはりそう。
「ドーサベル」を閉めたオーナーが月島に移りオープンさせたのがこのお店だったんですね。

但しスタッフは入れ替わっており、新しいシェフはあの「ダバインディア」で働いていた方だそう。
これは期待です。

店内の壁には手描きの絵があれこれ。


なんとも力作ぞろいです。


インドの神話モチーフのものも。


「私も撮って」とポーズを決めたのは、笑顔が眩ゆいフロア担当のガイレさん。
彼もまた、「ダバインディア」で働いていた一人です。


★マッキントッシュハイ ¥600

まずはインドウイスキーで作ったハイボールから。
あわせたのはこちら。

★チキン65 ¥750

由来が不明なことが有名なチキン65。
お店によって色々なタイプがあるのですが、こちらは食べやすい唐揚げタイプ。
嫌いな人はいないでしょう。

さてメニュー。

前身の「ドーサベル」同様、ドーサは種類豊富。


カレーにはローカリティが付いたものも多く、なかなか迷います。


★オニオンチーズドーサ ¥1460

もうズルい。
美味くないわけないじゃん。
ドーサ自体の美味さは間違いなし、そこに加えてサンバルの美味きこと!香り高きこと!


★明るい農村 ソーダ割り ¥500

インド人店員さんの「明るい農村!」という発声もクリア。
味もクリアな芋焼酎。


★マトンコロンボカレー ¥1250
★タマリンドライス ¥430


カレーは迷いましたよ。
マトンカレーだけで6種もあるんですもん。


こちらマトンコロンボはタミルナードゥ式の骨付きマトンカレー。
とにかく骨と肉の密着度合いが凄くて、噛み切るため下向いて暫し無言になるほど。
けど苦労して食べるだけあって、濃厚な旨味とええ塩梅の辛さが素晴らしい一品。


そして合わせたタマリンドライスも大当たり!
ちゃんと酸味を感じつつ、実に香ばしい、香ばしい。
お値段も手頃で、これは是非試していただきたい。


★マドラス ミルク コーヒー ¥350

南インドの食後はチャイだけじゃありません。
甘いコーヒーが体に沁みます。

と、ここでデザートのサルビス。

★スージーハルワー

セモリナから作った弾力あるスイーツですね。
これは嬉しい!

お料理どれをとっても間違いなしのクオリティ。
笑顔の接客も最高。
席数も多くゆったりできる雰囲気。

まあ、インド料理好きはどんどん集まるでしょう。

あとは、近隣ご家族の方々がどれだけ常連になってくれるかですね。
これは応援したいお店です。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

南インドキッチン



関連ランキング:インド料理 | 月島駅越中島駅八丁堀駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

超絶美味!君はヤクシカの肉を食べたことがあるか?「コマバル」(中目黒)

世界にはまだまだ未知の食材があるものです。
けれど、日本にもまだまだ未知の食材があるのです。

中目黒に潜むジビエバル。

「コマバル」

もともと駒場にあったのが店名の由来。
昼間この場所にカレー店「vovo」が間借りしていることでその存在を知りました。

マスターの裏の顔(表の顔?)はハンター。
新潟に本拠を構える「vovo」のオーナーとはハンター繋がりで、その縁で間貸しが実現したそう。


いわゆる狩猟シーズン過ぎにも拘わらず、酒に合わせるジビエメニューがあれこれ。


桜のお酒を飲みながら、まずはこちらを。


★鹿肉の網焼き山椒風味 ¥780

スパイスジビエですよ奥さん。
ギュッとしっかりした鹿肉に抜ける様な山椒の香り。
確実にお酒が進んでしまいます。

ワインも合いますね。

さて、今の鹿肉は二ホンジカ(ホンシュウジカ)。
けれどもメニューには気になるものが・・・

ヤクシカ!?

そんなん食べられる店聞いたことないですぞ。
ちなみにヤクシカとは、屋久島とその隣の口永良部島にだけ生息する小型の鹿。
エゾジカ同様、ニホンジカの亜種にあたります。

けれど、普通の鹿と味は違うの??

マスター曰く、「全然違います。魚みたいな肉です。」

ええっ??魚みたいな鹿肉?

全く想像がつきませんが、とにかくオーダーしてみましょう。


★ヤクシカのカルパッチョ ワサビ風味 ¥2480

こ、これは!!!
確かに新鮮なカツオの刺身のよう!!


う、美しすぎる・・・・・

早速いただいてみましょう。

・・・・。

語彙を失います。

陸上動物の臭味を感じない、綺麗な味わい。
何も知らずに食べたら、鹿とは気づかないかも。
クジラよりももっと魚寄り。
かといって、肉の旨味はしっかりあるんですよね、そこんとこがうまく表現できない。
とにかく凄い・・・・

全ての肉の中でヤクシカが一番美味い、という人がいるのも納得なのです。

ヤバいな。

〆はこちら。

★猪肉入り焼そば ¥800

これもちょっと意外な一品。
猪肉がタップリ入って、というのではないのです。
なんとこれ、猪肉の脂で炒めた焼きそば。
麺自体に肉の旨味が沁みわたっているんですね。
いやぁ、一本取られました。

中目黒にこんな凄い店があったなんて。

と、思ったらマスターから衝撃のお知らせが。

なんとこの「コマバル」、2019年4月いっぱいでクローズしてしまうのだとか。

5月からは夜も「vovo」に委譲し、昼夜共にカレー屋に。
そこでは「コマバル」で出していたジビエを取り入れる予定もあるそうで、それはそれで超期待なのですが、
果たしてヤクシカの肉まで受け継がれるかどうかは未知数。

ヤクシカの味を確かめたいという方は、4月中に駆け込んでおいたほうが良さそうです。


ヤクシカを胃におさめた後は、目黒川の花見散歩。


あ、ポルナレフさん。
お元気でしたか。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

コマバルサンマルサンキュウ



関連ランキング:その他肉料理 | 中目黒駅代官山駅恵比寿駅


新大久保に登場!完全現地式インドネシア料理にノックアウト。「ジャワ料理 モンゴ モロ」(東新宿/新大久保)

新大久保に、魅惑のインドネシア現地式レストランが誕生!

「ジャワ料理 モンゴ モロ」

2019年3月31日オープン。
「アリババ786」「ケバブビリヤニハウス」などハラール系食堂が続いてきたあの場所です。

お店の奥には料理がズラリ。

ここから好きなおかずを選び、ライスと盛り付けてもらう「ナシ チャンプル」方式。
(ナシ=ご飯 チャンプル=ごちゃ混ぜ。 ちゃんぽんや沖縄のチャンプルーに繋がりますね)

料金は基本1200円から、盛りによっては1600円くらい。


料理の内容は日替わり。
かなり種類が多く迷うので、ひとまずは「おまかせ盛り」で。


★おまかせナシチャンプル ¥1200

うぉぉ・・・これは素晴らしい。


眩しい。


神々しい。


フィンガーボウルが標準装備なんて、東京で他にあるかしら。
あ、これ飲んじゃいけませんよ。
手食した指を洗うためのレモン水なんです。


骨付き鶏肉が贅沢なカリ・アヤム。
指でほぐし、ライスとともにいただきます。

ココナッツミルクを用いたこのカレー、日本でいただくとポヤッと円やかな場合が多いのですが、ここのは辛さもビシッと決まりシャープな味わい。

他のおかず達も辛さや旨みに手加減なし。
ちょっと素晴らしすぎます。

特に驚いたのがこちら。

ホタルイカ?
日本の季節食材を活かしているんだ、と思ったら大間違い。
訊けば「インドネシアから仕入れたチュミ(イカ)」だそう。
え、インドネシアにホタルイカがいるのか?
調べたらいるみたいです。
日本のとは別種ですけれども。

ともあれこのチュミ、辛く濃厚なサンバル風味で激烈な旨さでありました。


食後のコーヒーは「甘いの」と「甘くないの」が選択可。
熱帯気分を楽しむならもちろん「甘いの」!

東京でいただくとどうにも穏やかすぎてテンションが上がりにくいインドネシア料理。
けれどもこの「モンゴ モロ」には痺れました。

まだオープン間もないこともあり、知られていないのかと思いきや、店内はインドネシア人!インドネシア人!インドネシア人だらけ。
すでに評判となっているようです。

インドネシア料理好きはもちろん、そうでない方もぜひ、行くべき価値のあるお店ですよ。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell
●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

MONGGO MORO



関連ランキング:インドネシア料理 | 東新宿駅新大久保駅大久保駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

神谷町ランチにスパイスカレーという選択肢。「スパイスカレー新海」(神谷町)

神谷町でスパイスカレーの看板発見!


「スパイスカレー新海」


夜は「BAR新海」、昼はカレー屋「スパイスカレー新海」という二毛作のお店です。


なかなか居心地良い空間。
これは夜にも来たくなります。
BARがランチをやるメリットは、こういう下見効果にありますね。

卓上には色とりどりのピクルスが。

こちら食べ放題のようですが・・・あれ?
どこかで見たような?

やっぱりそうでした。
こちら「麻布十番薬膳カレー」と同じ系列のお店。
昼カレー屋、夜はBARという業態も同じですよね。


「麻布十番薬膳カレー」では数種あるカレー、こちらではチキンとキーマの2つに絞り込まれています。


★2種の合いがけスパイスカレー(普通盛り) ¥1200
・パクチートッピング +¥200


となればやはり、合いがけで。


◉チキンスープカレー

サラッとスリランカ的なカレー。
挽いたスパイスの舌触りも心地良く、内側から温まるカレーです。


◉ポークキーマカレー

こちら麻布十番ではいただいたことなかったのですが
あら美味しい。
カルダモンが香り、じんわりとくる辛さは、アークヒルズ時代の「FISH」を髣髴。
オマージュじゃないかと思うほどです。

普通盛りはカレー150gに対しライス200gと気持ち少なめ。
サラッとランチにはちょうど良いですね。

聞けば夜のBAR営業でもカレーを提供しているそう。
神谷町飲みはここで決まりですね。

●「カレー細胞」Facebookページ https://www.facebook.com/CurryCell
●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

FC2Ad