FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

田園調布に待望の薬膳カレー専門店。「カフェ ヴェルバ」(多摩川)

長きに渡りカレー不毛地帯であった田園調布に、待望の薬膳カレー専門店登場!


「カフェ ヴェルバ」(Cafe Velba)

オープンは2018年6月。
最寄駅多摩川から徒歩5分ほどの住宅街にあります。


お店の奥にはドラムセット。

漢方的なアプローチで、胃にもたれずヘルシーなカレーを手作りしています。

カレーのラインナップは薬膳チキンカレー、薬膳キーマカレー、そしてカレーちからうどん。

せっかくなので全要素入れちゃいますか。


◎セットサラダ
フレッシュ野菜に加えひよこ豆にラジマダル。
ドレッシングは自家製出汁ポン酢にオリーブオイルを加えたもの。


★薬膳ハーフ&ハーフカレー ¥800
・焼いたお餅トッピング +¥100
・お食事セット(サラダ・ドリンク・ミニデザート)+¥200


ランチ限定のハーフ&ハーフセットにお餅を加えてみましたよ。完璧。


お餅インパクト・・・

薬膳チキンカレーは手羽元まるまる一本入り。
スッキリした食べ心地ながら、スパイス感はしっかり。
薬膳キーマカレーは鳥の旨みが濃厚ながら、油少なく爽やか。
このカレーに餅をつけていただくと・・・なんだろう、西アフリカ料理っぽい(笑)


後半戦は卓上スパイスで調味味変。
個人的にはジンジャー加えるのがオススメであります。


食後はセットのコーヒーとミニ杏仁豆腐。

しっかりまじめに手間暇かけた手作りカレーのお店。
漢方のイベントなんかもやってるそうです。

これを機に田園調布でも外食カレーが浸透するといいなぁ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カフェ ブェルバ



関連ランキング:カフェ | 多摩川駅雪が谷大塚駅田園調布駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

自由が丘名物ジジセラカレーを継承する新店。「usubane」(自由が丘)

2017年3月に閉店した自由が丘の老舗カレー店「ジジセラーノ」(通称ジジセラ)。
しかしその後にできたお店が「ジジセラーノ」のカレーを継承、提供していると聞き、早速行ってきました。


「usubane」(ウスバネ)

2017年5月オープン。


経営が変わり、雰囲気は今風ブルックリン風なコーヒーショップに。


穴倉のような店内も随分雰囲気が変わっています。


メニュー。
「ジジセラーノ」名物だった焼きカレーはじめ、カレーが各種。
牛スジカレーやスープカレーなどはメニューから外れているようですね。


カレーについてくるサラダも丁寧。
「東京産無農薬無化学肥料のルッコラ、カーリーケール、ベビーリーフとトマト、リンゴと甘酢のドレッシング」
野菜の味が濃いです。


メンチカツカレー ¥1300

おお、「ジジセラーノ」のカレーがモダン食器にアップデート!


フルーティかつピリッとした甘辛テイストのジジセラカレー、改めていただくと完成度高いですね。
カツもサクッとジューシーかつボリュームたっぷり。
満足度はかなり高いです。


★ホットコーヒー +¥200

こちらコーヒーもなかなか美味いです。
食事以外にコーヒー一杯でも立ち寄れる雰囲気が嬉しいですね。

時々「ジジセラーノ」時代のオーナーも手伝いに来られるとのことで、次の世代へ受け継がれていく自由が丘の文化に、ちょっと温かい気分になるのでした。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

usubane



関連ランキング:カフェ | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

自由が丘に現れた、独特スパイスカレー。「カレー★スーパースター」(自由が丘)

2016年5月、自由が丘にオープンした、スパイスカレーのお店。

「カレー★スーパースター」

店内には、カレーインスタグラマーにはお馴染みNBAのスーパースター、ステフィン・カリー選手(#curry でタグると混じって出てくる彼です)のユニフォームが。

店名の由来でしょうか。


カレーメニューはシンプルに3種。
・オリジナルチキンカレー
・キーマカレー
・スラキチカレー


それぞれを合いがけしたり、トッピングしたりが選べます。


★ダブルのせカレー(オリジナルチキン+スラキチ)¥1400
★練り青唐辛子 ¥100



こちらがオリジナルチキンカレー。
しっかり筋肉質な大山鶏ムネ肉を使用。
辛口とのことでしたが、デフォルトでは割と甘みを感じます。
サラッとスッキリ、食べやすい定番カレーですね。


こちらがスラキチカレー。
スリランカ風、キャベツと切り干し大根、大山鶏のもも肉を用いたカレーとのこと。
ベースはアサリなどの魚介出汁とジャージー牛乳。

辛さ控えめのヘルシーカレーなんですが、ココナッツミルクではなくジャージー牛乳を用いているところが強烈。
スリランカでも牛乳を用いることはあるみたいですが、何せジャージー牛乳は味が濃い。
カレー全体を支配するほどの濃さで、むしろ野菜と鶏と魚介出汁が入った牛乳料理といった感じであり、かなり個性的であります。


付け合わせには浅漬け、ヨーグルトに加え、タマリンドやアチャールがわりの練り梅。
追加した練り青唐辛子はなかなかのボリュームで、カレーに混ぜ込むとかなりの味変。

ちなみに用いている米はあきたこまち、炊き加減も含め、かなり美味かったです。

日本人のシェフと、アメリカ出身の奥さん、その睦まじい雰囲気が印象的なお店でした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カレー スーパー スター



関連ランキング:カレーライス | 自由が丘駅九品仏駅奥沢駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

自由ヶ丘デパート内の小さなインド。「アーサ インドレストラン」(自由ヶ丘)


自由ヶ丘駅前、自由が丘デパートの二階にあるインド料理店。


「アーサ インドレストラン」

こういうカジュアルな雰囲気のインド料理店のほとんどはネパール人経営(もしくはバングラデシュ、パキスタン人経営)だったりするのですが、こちらはインド人の皆さんによるお店。

つまり、店内にエベレスト写真もなければメニューにモモもないってことです。


★ランチCセット ¥1300
・カレー2種
・ナンorライス
・タンドリーチキン
・シシケバブ
・ミニサラダ
・ドリンク


お、構成的にはベーシックでありつつ、随所からインド本国の香りがしますよ。


サラダにはよくあるドレッシングではなく、ヒリッと辛いアチャールがオン。
そう、「アジャンタ」とかで出てくるアレです。


カレーはキーマとマトンを辛口でオーダー。
クリーミーでトマトが効いたキーマ、カルダモンとジンジャー強めのマトン、ちゃんと味の方向性も変えてあり好感が持てます。
肉質は特筆すべき感じではなかったですが、充分な満足感。


タンドーリ料理は別皿。
シェフの得意料理というシシケバブ(インド読みだとシークケバブ)は、粗挽きのチキンをベースに、タマネギなどの野菜が大振りカットでミックスされた極太仕様。

タンドリーチキンはしっかり火が通っておりドライで味付けも濃厚。
チャットマサラがパサッとかかっており、いかにもなインドのタンドリーチキン。


食後にはチャイをいただきました。

この場所に以前入っていたネパール系のお店がかなりアレだったので、
ミニマムな期待値で伺ったのですが、なかなかどうしてちゃんとしています。
カジュアルな駅前インド料理店として、便利に使えそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

アーサ インド レストラン 自由が丘



関連ランキング:インドカレー | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

俺のキッチンはタイ・インド料理。「マイキッチン」(都立大学)

カレー屋がほとんどなかった都立大学の地に、ちょうど一年前に登場したお店。

「マイキッチン」

「タイ・インド料理」を謳っている通り、ネパール人による複合アジアンインド料理店(いわゆるインネパ店)なのですが・・・

ワインバル的な雰囲気がちょっと面白いです。
「NO SPICE NO LIFE」とか書いてあるし・・・・

ランチメニューはタイ料理とインド料理が半々という潔さ。
なんとなく焼き物が食べたい気分だったのでこちらを注文しました。

★マイキッチンターリー ¥1150

カレー2種とタンドリー料理がついたいわゆるインド料理のスペシャルセット。
カレーは「チキン」と「ほうれん草海老」、辛口でお願いしました。


カレーはネパール人シェフらしくニンニク強め。
個人的には嫌いじゃないです。ワインや焼酎に合いそうです。

タンドリー料理はそつない仕上がり。こちらはビールに合いそうですね。

食後、お会計を済ませ帰ろうとしたところで、ネパール人店員さんの元気な挨拶。

「ハイアリガトゴザイマス コップンカー マタドーゾ」

あ・・・そこ、ナマステじゃないんですね。

インド料理をいただいて、タイ王国気分で帰途についた昼下がりでした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マイキッチン タイ インド エスニック



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 都立大学駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ