カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック!

自由ヶ丘デパート内の小さなインド。「アーサ インドレストラン」(自由ヶ丘)


自由ヶ丘駅前、自由が丘デパートの二階にあるインド料理店。


「アーサ インドレストラン」

こういうカジュアルな雰囲気のインド料理店のほとんどはネパール人経営(もしくはバングラデシュ、パキスタン人経営)だったりするのですが、こちらはインド人の皆さんによるお店。

つまり、店内にエベレスト写真もなければメニューにモモもないってことです。


★ランチCセット ¥1300
・カレー2種
・ナンorライス
・タンドリーチキン
・シシケバブ
・ミニサラダ
・ドリンク


お、構成的にはベーシックでありつつ、随所からインド本国の香りがしますよ。


サラダにはよくあるドレッシングではなく、ヒリッと辛いアチャールがオン。
そう、「アジャンタ」とかで出てくるアレです。


カレーはキーマとマトンを辛口でオーダー。
クリーミーでトマトが効いたキーマ、カルダモンとジンジャー強めのマトン、ちゃんと味の方向性も変えてあり好感が持てます。
肉質は特筆すべき感じではなかったですが、充分な満足感。


タンドーリ料理は別皿。
シェフの得意料理というシシケバブ(インド読みだとシークケバブ)は、粗挽きのチキンをベースに、タマネギなどの野菜が大振りカットでミックスされた極太仕様。

タンドリーチキンはしっかり火が通っておりドライで味付けも濃厚。
チャットマサラがパサッとかかっており、いかにもなインドのタンドリーチキン。


食後にはチャイをいただきました。

この場所に以前入っていたネパール系のお店がかなりアレだったので、
ミニマムな期待値で伺ったのですが、なかなかどうしてちゃんとしています。
カジュアルな駅前インド料理店として、便利に使えそうですね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

俺のキッチンはタイ・インド料理。「マイキッチン」(都立大学)

カレー屋がほとんどなかった都立大学の地に、ちょうど一年前に登場したお店。

「マイキッチン」

「タイ・インド料理」を謳っている通り、ネパール人による複合アジアンインド料理店(いわゆるインネパ店)なのですが・・・

ワインバル的な雰囲気がちょっと面白いです。
「NO SPICE NO LIFE」とか書いてあるし・・・・

ランチメニューはタイ料理とインド料理が半々という潔さ。
なんとなく焼き物が食べたい気分だったのでこちらを注文しました。

★マイキッチンターリー ¥1150

カレー2種とタンドリー料理がついたいわゆるインド料理のスペシャルセット。
カレーは「チキン」と「ほうれん草海老」、辛口でお願いしました。


カレーはネパール人シェフらしくニンニク強め。
個人的には嫌いじゃないです。ワインや焼酎に合いそうです。

タンドリー料理はそつない仕上がり。こちらはビールに合いそうですね。

食後、お会計を済ませ帰ろうとしたところで、ネパール人店員さんの元気な挨拶。

「ハイアリガトゴザイマス コップンカー マタドーゾ」

あ・・・そこ、ナマステじゃないんですね。

インド料理をいただいて、タイ王国気分で帰途についた昼下がりでした。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

マイキッチン タイ インド エスニック



関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 都立大学駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

老舗のカレータンメンに組み合わせるのは・・・?「仙花」(自由ヶ丘)

23時過ぎの自由が丘。
カレー屋はみんな閉まってるよなぁ・・・
ラーメンでも食べようかなぁ・・・
なんて考えてたら目に飛び込んできた文字。

「ラーメン屋の辛いカレー」

ほうほう、呼んでますね。
そういうことなら、入るしかありません。


「仙花」

自由が丘に昔からある、タンメン推しのお店です。

野菜1日分350g以上が入ったタンメンは、塩、味噌、醤油、カレーの4種類。

ま、普通ならカレータンメン一択なところなんですが・・・困ったことに先ほどの「ラーメン屋の辛いカレー」こと、カレーライスもあるんですよね~

ま、迷ったら両方!の気高き精神に則って、ベストな組み合わせで挑みましょう!

★カレータンメン+ミニカレー

・・・で、でかい。

ミニカレーもさほどミニじゃなく、お茶碗一杯分ガッツリ。
そして、そのお茶碗をミニと呼ばせるだけのタンメンのデカさ!

インデペンデンスデイ級!!


★カレータンメン ¥870

直径30cmはある器。
中太の縮れ麺は、富山県五箇山からの直送だそうです。

ほど良きトロミのカレースープはリンゴとトマトが入ったピリ辛仕様。
最初はちょっとアッサリめに感じたのですが、炒め野菜の旨味がじんわり染み出すことで、時間が経つにつれカレースープの美味さがグングン増してゆきます。

これは良いですね~!


★ミニカレー ¥250

さて、こちらが「ラーメン屋の辛いカレー」。
当然ではありますが、カレータンメンよりもカレーライスのほうがよりトマトの酸味、リンゴのフルーティさ、そしてヒリッとする辛さが感じられます。

なるほど、確かにおうちカレーと比べれば刺激強めの美味さですね~。

ちなみに料理を待っている間、スマホで検索したら、餃子の人が餃子を、焼きそばの人が焼きそばを褒めていました。
次回はカレーライスに餃子、もしくは焼きそばにミニカレーという組み合わせを試してみましょうか!

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ラーメン仙花



関連ランキング:ラーメン | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

西麻布の人気カレーつけ麺、等々力に進出!「しゅういち 等々力店」(等々力)

西麻布深夜のみ営業のカレーつけ麺屋「しゅういち」。
ランチ営業のある「恵比寿店」に続く3号店は、なんと等々力!!


「カレーつけ麺専門店 しゅういち 等々力店」

2016年3月11日オープン。


店内はカウンター席、テーブル席に加え・・・


お座敷席も完備。
学生の多い街らしく、奥の本棚にはマンガがズラリ!

メニューは本店同様、カレーつけ麺の他、カレーラーメン、カレー油麺というラインナップ。
お酒も色々置いてあって、夜もなかなか寛げそうですね。


★特製カレーつけ麺 ¥980

お店の看板メニューであるカレーつけ麺。
特製はチャーシュー・玉子・のり各2枚、ほうれん草、ワンタン入りと豪華バージョンになっています。


麺は浅草開花楼。
ツルッとモチッとした平打ち縮れ麺です。


グツグツ煮立って登場のカレースープ。
豚骨と鶏から取ったスープに各種スパイスとミルクを加えており、麺によく絡みながらも喉ごし爽やか。
本店そのままの美味さで、店名通り週一で食べても飽きることはありませんね。

最高です。

ところで・・・「なぜ等々力なのか?」が気になるところですが、何せラーメン屋とカレー屋に乏しい等々力の地。
「ある種賭けみたいなところがあります」とお店の方はおっしゃっていましたが、
この「しゅういち」の味をもってすれば「地元ナンバーワンの人気店」に登りつめる可能性は大。

等々力はもう、カレー不毛の地と呼ばせませんよ。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

しゅういち 等々力店



関連ランキング:ラーメン | 等々力駅尾山台駅上野毛駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

端正な、昭和の最強カツカレー。「とんかつ ミカド」(奥沢/田園調布)

実に田園調布というのは不思議な街で、駅から半径800mの範囲にはカレー屋が一軒も無いのである。
松屋ですら、ない。
まるで、田園調布の気品に、カレーという食べ物は似つかわしくない、と言わんばかりに。

となれば少し、歩かねば。
奥沢方面に少し歩けば、美味しいカツカレーにありつけるのだから。



「とんかつ ミカド」

創業1939年(昭和14年)。
地元の方々のみならず、有名人にも多くのファンがいるお店。

吉本ばなな氏がエッセイ「自由が丘の贈り物」の中で、

「この人生であと何回あのカツカレーが食べられるかしら? と思うと切なくなるし、
あんなすてきなものがあるなんて、この世は捨てたものじゃない、
まだまだ生きていこう! と私は単純に思うのです。」


と書いた「あのカツカレー」こそが、このお店のカツカレーなんです。

店内には、読売巨人軍往年の選手たち、さまざまな芸能人たちのサインが。
もちろん吉本ばななさんのサインもあり、「カツカレー最強」との一言が添えられていますよ。

ランチには食前にサラダの提供が。

甘い自家製マヨネーズをつけていただきます。
これが独特。


★ヒレカツカレー ¥920

ええ、これがかの「最強カツカレー」。
昭和的な温かみと、手仕事の端正さが伝わってきますね。


サラサラのカレーは、程良き辛さと玉ねぎの甘みのバランスが絶妙。
挽き肉がアクセントに入っています。


そしてヒレカツ、これが素晴らしい。
薄めながらカラッと食感の良い衣。
ほんのりピンク色を残した肉の弾力!
まさに職人技ですよ。

確かにこれは美味い、癖になる美味さです。

カツカレーって、カツが主役でカレーが添えものになっていたり、カレーが主役でカツが貧弱だったり、
カツとカレーの主張がぶつかってズッシリヘヴィな一皿になっていたりと、なかなかバランスが難しい食べ物。

そこにきて「ミカド」のカツカレーは、カレーがカツの美味さを引き立てる良きソースとなると同時に、
カツがカレーの良き具ともなっているという、互いが互いを引き立てあう稀有な仕上がりとなっているんですね。

決してド派手なインパクトはないけれど、また食べたいと思わせる美味さ。
全体に、量は控えめなこともあり、心地よき食後感に包まれるのも良いですね。

ちなみに食いしん坊さんには、キャベツやライスが追加可能。
その辺も心配なしです。

カレー屋不毛地帯の田園調布エリア。
けれど、このカツカレーがあれば大丈夫だ。

ちょっと安心しました。


⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへブロぐるめ! 食べ歩きポータル

ミカド

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:とんかつ | 奥沢駅田園調布駅緑が丘駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad