カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】※最近、丸パクリサイトが見うけられます。写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

転生するシンガポール料理名店。「大地の木」「ラムリ」ときて「ラヤンラヤン」(大塚)

かつて高田馬場で圧倒的支持を得ていたシンガポール料理店「大地の木」。
2014年に惜しまれながら閉店したのち、2016年6月大塚駅南口に「ラムリ」として転生。
さらに2018年、「ラムリ」も閉店かと思いきや、更なる転生!


「ラヤンラヤン」

大塚駅北側に2018年4月1日オープン。

アットホームながら、ゆったり広々としたお店に生まれ変わりました。

「大地の木」「ラムリ」の真子店長のもと、スタッフもさらに充実。

大塚界隈の中華系&華僑系グループ客が集い、なかなか賑やかです。

そう、こちらはシンガポール・マレーシア料理店なのですが、メニューは比較的華僑寄り。
麺料理のほか、点心などの中華もあるんです。
(実は大塚の中華料理店の多くは東南アジア系華僑によるもの)


★ラムリビール ¥500

こちら「大地の木」時代から人気のオリジナルライムビール。
(当時は「大地の木ビール」)
私はコレ、必ず頼むんです。


お通し代は200円。
ピーナッツの塩加減が良くて酒進みすぎ!


★サンバル玉子 ¥380

サンバル王子じゃないですよ、サンバル玉子。
見ての通り、フライドエッグにサンバルをつけていただくシンプルな一皿なんですが。

サンバルの小海老の旨みがまたまた「酒飲めー」と囁きます。


★シンガポールレモンチキン ¥980

現地ローカルの人気料理。
ま、もう写真見ただけで美味いの分かりますよね。

他にも「大地の木」時代からの看板料理、ペナン海老辛麺(なんと伊勢海老の頭で出汁をとっているという!)やら、ナシレマやら、海南チキンライスやら、楽しみいっぱい。

星野リゾートの勢いが話題の大塚ですが、この実力店を忘れちゃなりませんぞ。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

東京最ゆる居酒屋に東京最安(多分)カレー麻婆が登場。「ゆる酒場」(大塚)

たまにここで呑んでます。

ゆるい酒場です。

「ゆる酒場」


巷には1000円で楽しめる「せんべろ」というコトバがありますが、ここは酒とアテで300円から楽しめますからね。
家飲みより安いっす。


ゆるい酒場にはゆるい人たちが集まって、ゆるい空気がいつも漂っているのです。


口がゆるい人、お腹がゆるい人・・・・



ゆるい人にはパラダイス。
ゆるくない人には・・・・そんなこと考えるのも不要。


眼の前のお皿に小銭をチャージ。


★ライムサワー ¥250

ゆるいんだけど、たっぷり飲めます。


★焼きそば ¥200

案外旨い焼きそば。結構頼んでます。

・・・と、いつもこんな風に呑んでるのですが、なんぜ今更記事にするかと言えばですね・・・・・


あ、いつの間にかカレー麻婆があるやん!!

まさか、今年、麻婆カレーが来るという記事をマスターがチェックしていたのか・・・いや、そんなことはなくたまたまらしいんですけど。
前日にできた新メニューらしく、さすがのタイミング凄い。


★マーボー豆腐 カレー味 ¥200

いやー、200円ですよ。笑みがこぼれますね。


んでこれが、問題なく美味いんです。
ノーマルの麻婆より、カレー麻婆のほうがさらに濃厚で美味い。
お値段プラス0円でカレー麻婆にできちゃいますから、ゆるさもほどほどにしたほうがええですね。


ちなみに麻婆に投入されているのはこちらのミックスパウダー。
秘伝とか隠し味とかありません、素直に美味いんです。

ちなみに以前はここ、チキンカレーがあったんですが、この日はなし。
ゆるいので、また復活するかもですが。


★クエン酸サワー ¥250

これも飲んどかなきゃね。


★イナゴのつくだ煮 ¥100

え?こんなんあったっけ???


ほとんど見た目、ペット爬虫類のエサですが、しっかり佃煮味でアテにピッタリ。
けれどゆるいので、次来た時にはないかも。

前身の力が抜けるゆるさが心地よすぎるこのお店・・・・と、思ってたら、ん!?

ひょっとして、インバウンド需要狙ってる?

いや、でもきっと、ただのネタでしょう。

ゆるいので。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ


ゆる酒場



関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大塚駅大塚駅前駅巣鴨新田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

巣鴨に驚きの本格ウイグル料理店誕生!「レイハン ウイグルレストラン」(巣鴨)

巣鴨に驚きの本格ウイグル料理店誕生!


「レイハン ウイグルレストラン」

オープンは2017年7月19日。
巣鴨から山手線北側を線路沿い駒込方向へ。
他に店のない住宅地エリアにできた、立派なお店です。


中央アジアの遊牧系民族として、複数の国に住むウイグルの民。
こちらは中華人民共和国の新疆ウイグル自治区からやってきたご夫婦によるお店。

とはいってもウイグルの皆さんの顔立ちはどこかトルコ寄り。
料理もハラール対応のムスリム料理で、いわゆるチャイニーズとは一線を画しています。


★グラスワイン ¥360

ハラール対応のムスリム店といいつつ、お酒が充実しているのは嬉しいですね。


★ラム肉の水餃子(5個) ¥450

中央アジアといえば羊肉。
肉厚モチモチの皮にたっぷりの羊挽肉が詰まっています。
このお値段にしてとても贅沢!


★レイハン特製ラグメン ¥1080

ウイグル名物の麺料理ラグメン。
こちらの麺は注文を受けてからの手打ち。
一本がかなり長~いうどんのような麺の上に炒めた具材をドサッとかけています。
羊肉、キクラゲ、フレッシュトマト、ピーマン、ニンニクの芽、タマネギ・・・

手打ちならではの麺のコシ、流石の羊肉の旨味、
これはかなり美味しいラグメンですよ!!

別バージョンとしていわゆる焼きうどんタイプである「強火焼きラグメン」や、ラグメン以外にも「スイカシュ」「涼面」「涼皮」といった麺料理、ピラフやプラオ的な「ポロ」など本格ウイグル料理がたくさん。

今回いただいたのはほんの一部ではありますが、単に珍しい料理というだけでなく、
レストラン料理としての調理クオリティが非常に高いお店だと感じました。

しかも、豪奢な内装からは意外なほどリーズナブル。
こんな只者ではないお店が、巣鴨の線路沿いに忽然と現れた奇跡。

ここは有難く、その奇跡を楽しみつくすしかありませんね。

・・・ということで皆さん、是非行きましょう。

●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Reyhan's Uyghur Restaurant



関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 巣鴨駅駒込駅千石駅


祝!あのストリートインド料理がついに実店舗に!「ムガルカフェ」(駒込)

昨年、巣鴨の路上に忽然と現れた、日曜限定ストリートインド料理店「ムガルカフェ」が、ついに実店舗オープン!

★ストリート時代の記事はこちら→『遭遇!日曜だけ出現する本気のストリートインド料理。「ムガルカフェ」(巣鴨)』

新たなお店の場所は駒込駅から徒歩10分ほど、染井銀座商店街の中。

「ムガルカフェ」

2017年6月18日グランドオープンです。


お店の手作り感がたまらなく魅力的。


店内の絵もぜーんぶ手描き。


お店への愛がこもっています。


それどころか、こちらのランプも手作りだそう!

この日はオープン直後とあって、店主アクバルさんはメニュー作成の打ち合わせ中。

以後いろんなインド料理が登場予定みたいですが、やはり「ムガルカフェ」といえばストリートフード。

まずは基本から攻めてみましょう。

★マトンビリヤニ(ドリンクつき) ¥750

なんちゃってビリヤニが巷に溢れる中、こちら正真正銘インドの街角ビリヤニ。

骨ごとぶった斬られたマトンがゴロッゴロ。
以前いただいた時は塩気強めの仕上がりだったのですが、今回は塩控えめのヘルシー仕様になっていました。
気候や提供環境に合わせ調整しているのかも知れませんね。

いずれにせよ美味い。
そしてかなりのお値打ち。

だってチャイが付いての値段ですから。

せっかくなのでもう一品、「ムガルカフェ」の名物ともいえるこちらを頼んでみましょう。

★ホットカティロール(エッグチキン) ¥550

日本では他にいただけるところが見当たらない、インド現地式ストリートフード。

小麦粉にヨーグルト、牛乳、塩、油などを加え練った肉厚の生地で、スパイシーに味付けされた野菜、肉、卵をラッピング。
これが何とも言えない旨さなんです。

しかもなんだか、ちょっと懐かしい。

よくよく考えてみたら、あ!あれだ。
浪花名物イカ焼きに似てるんだ!!!
インドと大阪で並行進化したストリートフード、実に興味深いです。

アクバルさんはじめ、インド人店員さんたちは皆、カタカナ手書きの名札を胸に。
なんだか本当に心がこもった良い店です。

これからどんどん人気店になっていくのでしょうね。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

ムガルカフェ



関連ランキング:インド料理 | 駒込


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

Route17沿い、カレーとチーズケーキのお店。「Grand Route 66」(巣鴨)

カレーとチーズケーキのお店。
白山通りは国道17号線、つまりRoute 17。
1966年、この道沿いに開業したハンバーガーショップ、その名も「Route17」。

そのお店を継ぎ、現シェフが1992年に開業したのがこちらのカレー屋さん。


「Grand Route 66」

アメリカに憧れ、ルート66に憧れた父の意志を継いだこの名前、父と子を繋ぐ幹線道路というわけです。


リニューアルに際し、現シェフが選んだ料理はカレーとチーズケーキ。

フレンチで修得した技法を用い、欧風、インド風、そしてアメリカンと、様々なアプローチのカレーを提供。
もう一つの主役、チーズケーキは全て自家製で6種。こちらも見逃せません。

・・・ということでどちらを頼むか?
いや、両方食べたいよなぁ。

そんな気持ちを受け止めるセットもちゃんと用意されています。

★おすすめカレーコース
・キーマ風ひき肉のビーフカレー
・サラダ
・ニューヨークチーズケーキ
・ホットコーヒー
¥1040


カレーとチーズケーキはそれぞれ種類が選べ、チョイスによって値段が少し変わってくるシステム。


◎キーマ風ひき肉のビーフカレー

欧風やインド風のカレーがある中、こちらアメリカンテイストというのに惹かれ注文。
ちなみにセットのカレーはスモールサイズとなります。


ライスにタップリかかった牛ひき肉たっぷりのカレーは、トマトの酸味。
たしかに、テックスメックスのチリコンカンみたいな風情がありつつ、品のある旨みが特徴的です。
きっと、完全オリジナルレシピですね。


◎ニューヨークチーズケーキ

こちらラインナップするチーズケーキ6種の中で一番濃厚とのことでチョイス。
硬さといい、舌触りといい、食後感といい、期待を裏切らない濃厚さ。
水代わりにコーヒーを飲み、口内を潤しながらいただきます。
カレーが無くともしっかり主役を張れるチーズケーキでした。

閉店時間は18時30分とかなり早め。
かわりに通し営業なので、遅めのランチや早めのディナーにどうぞ。
もちろん、チーズケーキでカフェ使いも大いにありですよ。


●「カレー細胞」Facebookページもチェック。
https://www.facebook.com/CurryCell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

グランドルート66



関連ランキング:カレーライス | 千石駅巣鴨駅駒込駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

FC2Ad