FC2ブログ

カレー細胞 -The Curry Cell-

あらゆるカレーを紹介し続けるプロジェクト。 時々、珍生物記事もアップするのでマニアは要チェック! 【禁無断転載】写真、文章を転載希望の方はコメント欄などでご連絡ください。

力士の街の南海は、ドカ盛り南海。「キッチン南海 両国店」(両国)

カレーの街神保町の超老舗にして、30年以上前各地にのれん分け店舗を展開、
今ではそれぞれの街の老舗洋食店として愛される「キッチン南海」。

実は私、「キッチン南海」の看板メニューであるカツカレーの食べ比べが好きなんです。

この日は未訪問だった両国店へ。
私個人として12軒目の南海です。

「キッチン南海 両国店」

最初におっと思うのがファサードの色。
南海といえば南海ホークスにちなんだグリーンがトレードマークですが、こちらはオレンジ。
ダイエーホークスカラーかしら?
面白い面白い。


ショーウィンドウの造花もエモポイント。


店内には力士たちの手形がたくさんです。
みなここでごっつぁんしているのでしょうか。

入店後、まず印象的なのは女将さんのかけ声。

「たーたーせぇぇぇ!」
「はいどん!」
「あどいましたー!」


と、独特の声色。
不思議な世界にトランスしそうです。

さてメニュー。

他の「南海」各店にある定食メニューはここでは省かれており、ワンプレート仕様に。
けれど看板メニューのカツカレーはちゃんとありますよ。


★カツカレー ¥700

「はいどん!」

やってきた瞬間、戦慄が走りました。
なぜ気付かなかったのか・・・・・

ここは力士の街。
「量」に対する常識が別次元であることを・・・・・

カツはともかく、カレーはともかく、ご飯の量が・・・
自分の胃におさまるとは到底思えない量です。

雲竜型で心を落ち着かせ、いただいてみましょう。

カレーの黒さは、神保町の元祖「キッチン南海」、「馬場南海」、「向ヶ丘遊園店」「梅ヶ丘店」に次ぐレベル。
カツのボリュームはなかなかのもので、カレー自体にも鶏肉が入っているのが特徴です。

辛さは幾分控えめですが、卓上の辛味を加えることで調整可能。

うん、多少辛くしたほうが好みだ。

他の南海ならこのままカレーとカツをキャベツと共ににもりもりいただくのですが、如何せんご飯の量が・・・・・

これ、どうやって胃に押し込むんだろう。

後半戦はカレーもカツも枯れ、ご飯にマヨネーズをかけながらひたすら搔き込むという修業。

後から隣に座った常連らしきおじさんは、「ライス三分の一で!」とオーダー。
なるほど、それで普通の大盛りくらいだよな。

ふう、やっとご飯、半分食べたぞ・・・・・




次回はライス三分の一だな。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

スパイスと、ワインと、独創と。めくるめく季節を味わうディナーコース。「スパイスカフェ」(押上)

2018年振り返り。
バンゲラズキッチンのバンゲラさん、魯珈のえりつぃん、さと2という、戦闘力かなり高めの布陣で訪れたのはこちら。


「スパイスカフェ」

スカイツリーができる9年前、押上の外れに2003年オープン。
食をテーマに48ヵ国を巡った伊藤一城シェフの経験を活かしたスパイス料理で押しも押されぬ名店に。

さらに2016年からはスタイルを一新。
完全予約制、月替わりのおまかせコースで季節食材を用いたスパイス料理とワインをペアリングするお店として生まれ変わりました。
(現在は予約なしのランチも復活しています)


古い民家を改装した建物。
緑に包まれたその風情は、ここが東京であることを暫し忘れさせてくれますね。



この日は8月の訪問。
月替わりコースのお品書きがテーブルに置かれているのですが、ある趣向が凝らされているんです。

ヒントは、ワインとのペアリング。
実際にお店で楽しんでくださいね。


★生ビール(レーベンブロイ) ¥600


★季節の野菜盛り合わせ

ただの野菜じゃあありません。
一品一品が独創的なスパイス料理。


★自家製パン




★鮎


鮎の苦味にスパイスと甘いソース。
融合の振り幅が凄すぎて。


★揚げパン

ビーツの鮮やかな赤が衝撃的なプーリ。


★ポークロースト
★薄焼きパン



食べる前の印象と、食べた時のギャップ。
何料理か?と聞かれたら、三周回って和食としか言いようがありません。


そして流石ワインにこだわるだけあって、パンがどれも絶品。

と、ここでファンサービス。

ワインとえりつぃんのペアリング。


ワインとさと2のペアリング。


MENDALL、このワインが個人的にはかなり好み。


★ピクルス


★とうもろこしビリヤニ

これは斬新。
ビリヤニであってビリヤニでない、けれどビリヤニ 。
コーンと米でルララ宇宙の風に乗ります。


★タコと野菜


タコ足に加えタコのコフタできる団子を済ましグレービーに漬けた、まさにスパイスカフェ流おでん。




いやまあ、独創の限り。
独自の境地。

ワインとスパイス料理を合わせているのに、絵も云われぬ「和」を感じてしまう不思議なコースです。



★桃

デザートにだってスパイスを用いるのが「スパイスカフェ」流。


★ラベンダー

フィニッシュはフロマージュブランとラベンダーアイスのペア。
同行したバンゲラさんが「夢に出る」と評したほどの圧倒的な美味さ。


はて、気づけば夢うつつ。

東京であって東京でない、浦島太郎の如き体験なのでした。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

スパイスカフェ



関連ランキング:インド料理 | 押上駅小村井駅京成曳舟駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

元祖カレーパン、揚げ上がり時間を狙って。「カトレア」(森下)

日本のさまざまなカレー料理の中でも、最もカジュアルに親しまれているカレーパン。
その元祖を名乗る店が東京江東区にあります。

都営大江戸線森下駅からすぐ。
赤いファサードが目印のパン屋さん。

「カトレア」

この店の前身は明治10年に深川常盤町で創業した「名花堂」。

昭和2年(1927年)に「洋食パン」の名で実用新案登録されたものがカレーパンのルーツであるそう。


今も「カトレア」不動の名物である「元祖カレーパン」。


店頭にはカレーパンの揚げ上がり時間が記されていました。
午前7時、11時、午後3時。
この日は午後3時の揚げ上がりタイミングを見計らって入店してみました。

お店の奥から、揚げ上がったカレーパンが大量にやってきて、店員さんが2人がかりで専用ビニール袋に詰めていきます。

続々と、続々と。
アッツアツのタイミングで食べちゃいましょう!


★元祖カレーパン ¥180

持つ手が油でギトッとならないよう工夫された専用袋。
歩きながらいただきます。

表面のカリッとサクッと感は揚げたてならでは。
綿実油という上質な油を用いているようです。

そして特筆すべきはカレーの量。
ここまでたっぷり入ってるカレーパン、なかなかないです。
黄色みが強く昭和感溢れるカレー。
野菜由来の甘みも優しく、けれどモタっとした感じもなくて爽やか。

ボリュームたっぷりながら重さはなく、またすぐに食べたくなる美味さ。
流石は元祖です。

そして、昭和初期の空気を感じるメニューをもうひとつ。

★シベリア ¥170

こしあんをカステラで挟んだ、昭和初期の子供人気ナンバーワンだったというお菓子。
最近でもヤマザキパンなどが出している「懐かし菓子」ですが、ここのは一味違います。

まず、カステラがちゃんとしたカステラなんです。
中のこしあんはギッシリ、水飴で固められているのかな?

そしてこれがまた、腹持ち抜群。
そんなところも昭和初期の子供たちが憧れた理由のひとつなのかも知れません。

その他、焼きカレーパンや、名物すみだあんぱんなど、楽しさたくさん。
カレーパン揚げ上がり時間を見計らって、ぜひ訪れてみてくださいね。

●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

カトレア



関連ランキング:パン | 森下駅清澄白河駅菊川駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

和の料理人による月イチだけの間借りミールス。「chinigura チニグラ」@エンガワスミダ(曳舟)

間借りカレー文化もすっかり根付いた東京。
間借り先進国大阪と違っているのは、現地式スパイス料理の作り手層が厚いこと。

和食の料理人ながら、様々な南アジア料理をイベントなどで提供する、Yappari Yamadaこと山田シェフもそのひとり。
月一回のペースでカレー屋「chinigura」を営業しているのですが、チニグラとはバングラデシュのお米の名前。

もうそれだけでマニアホイホイです。

この日は曳舟の「Engawa Sumida」での営業。

「chinigura チニグラ@ Engawa Sumida エンガワスミダ」



古今東西のファッションアイテムに囲まれ、山田さんが登場。

卓上に本日のメニューを置きます。

なるほど、今回のベースはスリランカ料理なのですね。
マニアックな現地スタイルの構成ながら、起用するのは和素材。
和食からのアプローチを自由に組み込んだ自在な発想にかなりワクワク!


★フィッシュ和ミールス ¥2000
・銀鮭のマールカリヤ
・川海老とざくろのホッダ
・落花生と里芋のキリホディ
・昆布のパリップ
・きのこのモージュ
・アケビとなめこのテルダーラ
・白菜のマッルン
・ハヤトウリのキラタ
・ニラサンボル
・柿のアッチャール
・米粉のパパダム
・赤米とバスマティのブレンドライス


いやもう美しいですな。
それぞれのメニュー名も「老人と子供のポルカ」的遊び心に溢れています。(わかりにくい例)


もともと日本人の味覚と親和性が高いスリランカ料理ですが、和素材との組み合わせでそのポテンシャルはブースト。


豆と昆布とかね。


柔らかな落花生と里芋、ソフトなコンビネーション。


そして存在感アリアリの銀鮭。
普通に南インド料理やスリランカ料理に鮭を入れるだけだと個性強すぎてバランス悪くなりがちですが、こちらのミールスにはしっくり溶け込むようです。

一方ザクロと川海老の組み合わせには意表を突かれます。
エキゾチックな旨味。

川海老といいつつ、立派なテナガエビですしね。
旨いことこの上ない。


もちろん、後半戦は混ぜ合わせていきましょう。
カレーの本質は異文化のごった煮。
香りも味も食感も、ありそでなさそな未知の領域にふみこんでいきます。
それが快楽。


★キリテー ¥400

食後はスリランカのミルクティーにて。


隅田の夜は更けていくのでした。
というか、やはり夜が綺麗ですね。

「チニグラ」の開催・最新情報は山田さんのインスタにて。
次回は12/26みたいですよ。

カレー屋 チニグラ



関連ランキング:インド料理 | 曳舟駅押上駅京成曳舟駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

駅ビルアジアンでエビエビチョイ飲み。「オリエンタルSAPANA錦糸町店」(錦糸町)

久々に錦糸町タイ料理巡りでもしようかと、駅に降りたったこの日。
チェックしていたタイ料理店いくつかに電話を試みるも、「この電話は、現在使われて・・・・」
一時期とはずいぶん事情が変わっているようです。
いまはやっぱり小岩のほうが元気なんでしょうか。

ということで、あれこれうろつくのも何なのでまず入ったのは、駅ビルにあるこちら。

「オリエンタルSAPANA錦糸町店」

飯田橋、水道橋あたりから今では池袋などにも展開する、ネパール系のアジアンダイニング。
めちゃ尖がっているわけではないけれど、スタッフの教育もしっかりしていて味も悪くないチェーンなのです。


インド料理、ネパール料理、タイ料理、ベトナム料理・・・器用なネパール人シェフなら何でもござれ。


★ザ・プレミアムモルツ ¥500

生ビール、注ぎも洗浄もしっかりしています。
やはり信頼できますね。


★エビすり身揚げ ¥647

ビールにあわせたこちらはタイ料理のトードマンクン。
プリッと肉厚なエビすり身と、アツアツサクッとした衣がいい感じ。
誰が食べても美味い味わい、そこらのタイ人が作るより美味いかも。


★エビモモ ¥850

こちらはネパール餃子モモのバリエーション。
プリッとしたエビが入っているんです。
点心っぽくて、これまた万人受けしそうですね。

駅ビル内ですから、ちょっと呑みや待ち合わせにも使える便利なお店。
もちろん、料理バリエーションが多いので、ここで宴会完結も可能ですよ。


●「カレー細胞」Facebookページ
https://www.facebook.com/CurryCell

●twitter「カレー細胞」:@hm_currycell

⇩ランキング参加中⇩ 一日一回クリックおねがいします。
にほんブログ村 グルメブログ カレーへ

Cafe&kitchen オリエンタルSAPANA 錦糸町店



関連ランキング:タイ料理 | 錦糸町駅住吉駅


テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

FC2Ad